無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)

  • 286人登録
  • 3.76評価
    • (17)
    • (31)
    • (26)
    • (2)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 草間彌生
  • 新潮社 (2012年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101365411

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 草間弥生は、あの脅迫的な芸風の根底にあるトラウマが何であるのか興味があったので読んでみたのですが、なんかもう、すごいなあ。とんがってるなあ。あの昭和の時代に、こんな前衛的なことやってたんだ!って、驚愕の連続。かっこいいなあ。

  • 10歳で網と水玉をモチーフに絵を書き出して70年以上、今なお旺盛な創作を続ける天才、草間弥生の自伝。最先端のアートが生まれる街となった60年代、70年代のニューヨークで過激なパフォーマンスを繰り広げるところは圧巻です。作品も面白いけど、作っている人間はもっと面白い、と実感させられる本なのです。

  • 彼女の展覧会を見に行ったことがある。
    全然理解なんてできないけれど、とにかくパワーを感じて圧倒された。エネルギーに満ち溢れていた。

    この本の感想もほぼ同じだ。
    その作品をつくっている本人の自伝なのだから、当然のことかもしれない。

  • 直島のかぼちゃで初めて草間彌生さんを知りました。自分の病を癒すために絵を描いていたこと、性の解放への想い、芸術に関する日本の意識の低さなど、草間さん自身の言葉で興味深い話がたくさん聞けてよかった。

  • メディアライブラリー主催の読書セミナーで紹介された本です。
    読書セミナーのコーナーに並んでいます。

  • 理解し難い表現も多い現代アートの中でも、そのアーティストの考え方を含めた人生が色々と書かれている良著。

  • 大学の取手キャンパスでの現代美術論の講義で、講師が「草間彌生は頭がチョットね…」と言っていたのを思い出す。自身の精神病理を克服する手段としての表現でとどまるなら、それはアウトサイダー・アートに過ぎない。しかし本書を読めばわかるように、草間彌生は、「頭のおかしさ」を無尽蔵のエネルギー源にして絶え間無く制作しながら、アート・シーンに食い込む行動を選択する冷静さがあった。もしも仮に黒の下地の巨大なキャンバスに白の絵の具で延々と網を描いていた頃、最初のニューヨークの個展が成功しなかったら、自殺していたであろう。今では同じような気質の人が同じようなことをしても、まずこれほど露出することはない。草間の圧倒的な行動力と先見性と、そしてそれを根本で支えた病理性などが時代を吸い寄せたように思える。強烈な個性。一日に原稿を160枚も書くスピード[p238]が自伝をまとまったものにしたのかもしれない。昔は違ったかもしれないが、今はもう草間彌生は自身の病理性を演じているのかもしれない。そうでなければ、これほど冷静で完成度の高いまとまった自伝が書けるだろうか。所詮、草間彌生もアーティストに着地するということか。

  • 読んで、草間彌生さんが大好きになった。
    あのドットは何を意味ていたのか。やはり、芸術には全て背景があって、そのコンテクストを探るところから始まるのかな。

    恐怖を乗り越えるための芸術。アート。expression。

  • いやー、非常に面白かった。彼女しかできない生き方を一生かけて全うするものすごいエネルギー。現代美術はよく分からないけど、自分の人生の生き方という意味で私も私らしく生きたいと思う。死に際が近づいているからこそ作品を残すパワーにみなぎって勢力的に活動しているというのも素敵だと思う。アーティストってはちゃめちゃなんだけど、やっぱりとことん魅力的だなあ。クレージーな天才であるサルバドールダリとも交遊があったと知り、やはり類は類を呼ぶなあと。日本の画一的な右倣えを暗黙に求める没個性なところに辟易する気持ちと共に、海外から日本に帰って、日本の自然の美しさや人の優しさに感動する気持ちも共感できる。そして、海外に住む日本人の悪い日本人のところ、まあ妬みやらがみえて辟易する気持ちにも同調。。私が、初めて彼女を知ったのは二年前の六本木ヒルズのヴィトンの路面店のショーウィンドウに飾られていた彼女の水玉だった。閉店後の夜の明かりに照らされて不思議な気持ちになった。そのときは一緒にいた友人がおー、草間彌生のデザインだーと写真を撮っていてへー有名なのかあと思ったくらい。この本も偶然美術館のショップで見つけて購入。最初のアメリカに渡った地がシアトルであることに勝手に親近感を覚え、ニューヨークで活躍しはじめるアメリカンドリームな話も読んで面白かった。いつか作品展行ってみたいものだ。

  • 確固たる自己。途轍もない自画自賛。さすが芸術家だなぁと思うが、そこに至るまでの過程を読んで納得。セックスの表現も、果てしないモチーフの繰り返しも、全て恐怖心を克服するための手段だったのか。

全39件中 1 - 10件を表示

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)の作品紹介

果てしない無限の宇宙の神秘を量り、一個の水玉である自分の生命を描きたい-。長野県の生家を飛びだし、1950年代に単身渡米。ニューヨークでの無名時代の生き地獄、襲いくる心の病にも負けず、社会の既成概念に挑み、芸術への尽きせぬ情熱を開花させた、日本が誇る天才アーティスト。その魂の軌跡と愛した人々、進化し続ける創作について、自らの言葉で綴った、勇気と感動の書。

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)の単行本

ツイートする