Story Seller (新潮文庫)

  • 6111人登録
  • 3.81評価
    • (529)
    • (1053)
    • (779)
    • (88)
    • (16)
  • 896レビュー
制作 : 新潮社ストーリーセラー編集部 
  • 新潮社 (2009年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (674ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101366715

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Story Seller (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 思い込みや先入観、常識に惑わされるけど、ふとした違和感に気づいて視点を変えれば
    まったく違う顔が見えるかもしれない、というのが収録された全編に共通している。

    伊坂幸太郎 「首折り男の周辺」
    見た目はそっくり、中身は真逆。

    近藤史恵 「プロトンの中の孤独」
    「サクリファイス」の石尾さん登場。

    有川浩 「ストーリー・セラー」
    ハードカバー版「ストーリ・セラー」でside B 読むと180度表情が変わる。

    米澤穂信 「玉野五十鈴の誉れ」
    これも「儚い羊たちの饗宴」で読んでいた。怖い作品。

    佐藤友哉 「333のテッペン」
    普通とか普通じゃないとか、一見しただけでは分からないのだ。

    道尾秀介 「光の箱」
    真相は闇か、光か。

    本多孝好 「ここじゃない場所」
    いやだ。ねこの惨殺とかやめてください。

    綺麗にさくっと終わるのは「光の箱」、「玉野五十鈴の誉れ」、「ストーリー・セラー」。
    煙に巻かれた感があるのは「ここじゃない場所」 、「333のテッペン」、「首折り男の周辺」。

    Story Sellerシリーズ、この1が一番お得かなぁ。
    3はさだまさし色が濃すぎて、、、
    2は既読作品が多いから読んだ気していたけど気のせい?Fantasy Sellerは怖いらしいので敬遠している。

  • 旅行中に読もうと思ってたのに、結局はじめの伊坂幸太郎しか読めなかったこの本をようやく読みました。
    アンソロジーって感想書きにくいなぁ。
    せっかく豪華なラインナップなので一言ずつ。

    伊坂幸太郎、ちょっとわかりにくかったけど、あれ?ってなっていろいろ確認してしまうところが伊坂幸太郎です。

    近藤文恵、ロードレースのスピード感や過酷さだけでなく心の葛藤がほろ苦く、サクリファイスの続きが読みたくなりました。

    有川浩は既読だったので、わかって読むと少々あざとい感じもしたのですが、それでも涙決壊寸前。(一度目は号泣だったから)

    米澤穂信、この中ではいちばん好きだな。
    なかなかホラーな展開だったけど、いろんな名作や名言の引用が効いていて、オチも見事。

    佐藤友哉、唯一知らなかった人。
    文章が若いなぁという印象だったけど、そう年変わらなかった。

    道尾秀介、暗く重い話だけど、クリスマスソングをモチーフにした童話があたたかく、叙述トリックはありがちだったけどハッピーエンドでいい話ですね。

    本多孝好、悪くないけど猫惨殺ってのがだめだな。
    結局、秋山くんたちとアゲハの関係はあるのかないのか。と思ったら、ちゃんと話があるようで。

    いろいろ読んでみたい本が増えました。

  • 有川さん目当てで買ったアンソロジー。。。有川さんももちろん良かったけれど、近藤史恵さんと道尾秀介さんが、予想以上に良かった!

    近藤史恵 『プロトンの中の孤独』
    最近読んだばかりの『サクリファイス』関連のお話だと、ブクログ仲間さんが教えてくれて、はやる気持ちで読了。
    『サクリファイス』での石尾の決断につながる新人時代の心情や体験が描かれていて、感動がさらに深まります!

    道尾秀介 『光の箱』
    凝った構成と抑制のきいた文章に、気持ちよく騙されて、なんだかとてもうれしかった。高校時代の「事件」が苦く重たいだけに、結末のあたたかさに救われます。

    有川浩 『ストーリー・セラー』
    序盤の、「読む側」から見た「書ける側」への想い、首が痛くなるほど「うんうん!」と何度も肯いてしまうような共感をもって読みました。
    「読む側」の彼と、「書ける側」の彼女が、彼女の作品を媒介におずおずと心を通わせていく前半が素敵。
    後半は、書くことを選んだが為の悲劇が「これでもか!」とばかりに彼女を襲って、読んでいて辛かった。。。
    でも、有川さんにとっては、書かずにいられない作品だったんだろうなぁ。。。

  • とても面白くて、一気に読みました。長編なみの読み応え、と書いてありますが、まさにその通りでした。近藤史恵「プロトンの中の孤独」を目当てに買ったのですが、ほかのも面白い!
    有川浩の「ストーリー・セラー」は号泣して文字が読めなくなるほど。でも読み終えて胸があたたかくなり、たった一人のために書くことの尊さを感じました。
    「プロトンの中の孤独」は、『サクリファイス』のエース石尾と、アシスト赤城の物語です。読んでいて、だから(サクリファイスの中で)石尾は伊庭のことを気にしていたんだ、と納得。
    ほかには佐藤友哉「333のテッペン」がよかったです。
    手元に置いて、何度も読みたい本です。

  • 「玉野五十鈴の誉れ」と「プロトンの中の孤独」が好き。
    この短編集についてのレビューを読んで、ああやっぱり人によって評価は全然違うものなんだなって思いました。
    表紙の文句曰く
    「読み応えは長篇並、
    読みやすさは短編並」
    らしいです。私もそう思います。
    でも、だからこその弊害というか、どれも長篇並みにがっちりしてて面白いのに短いから「もっと読みたい、これじゃ物足りない……」って気分になるんです。どの作品も。アンバランス。
    読書の入門書には最適。

  • 伊坂
    陽気なギャングやコインロッカーがダメだった自分は伊坂作品は合わないと思っていたけどそんなことなかった

    近藤史恵
    一番面白かった
    石尾がすごくいいキャラ、日本のチームスポーツに求められているキャラだと

    米澤
    米澤作品はこういう時代がかった台詞回しの方が好み
    氷菓は合わなかったがこれはいける
    このタイプのばっちゃは最後にはデレるのが定番なのに最後まで鬼婆だったのがよい

    佐藤
    土江田モテすぎ、過去に何があったんだ
    読んだことないので少し追いかけてみたい
    華野とは友達になりたい

    道尾
    途中とんでもない読み間違いをしてしまって慌てて読み直した、いじめ・強姦未遂・DVとどんだけ詰め込むんだよと、イラついたけど最後まで読んでちょっと溜飲がさがった
    冷静になった夏実はきっと真実を理解したのだろうと思う

    本多
    『面白い話』と銘打つならラストは変えた方がよかったのでは?と思ってしまうがきっと作者はこうしたかったのだろうなあ

    最後に全体通して思うのはそれぞれ中編作品を、ということで本来なら掘り下げるべき部分をそのままにしている部分がある。きっと作者の頭の中には色んな設定があるんだろうなと補いながら読んでいくとどの作品も悪くなく感じてくる

  • 複数の作家さんの中編小説を1冊で読めるって、めっちゃいい!!1つ1つのボリュームもちょうどいい。
    寝る前読書にぴったりでした。
    分厚い1冊丸々(ましてや上下巻とか)だと、先が気になって気になって、でも時間とれず読めないとイライラするし、寝る前なんかに読むと止まらなくなっちゃうし。
    持ち歩きにはちょい分厚いけど、寝る前の一編ずつ読みにピッタリ★
    2,3もあるようなので、絶対読みます!

    書名でもある「ストーリー・セラー」がとてもよかった。くすって笑みがこぼれたり、涙ぐんだり。完全版も絶対読もう!
    読み終えた後、著者が有川浩さんとういう方で(恥ずかしながら知らなかった)、なんと「阪急電車」もこの方!
    映画化される前に親友からおすすめされて、でも読んでなくて、映画も観にいけず、文庫本買おうかどうか悩んでたのよね。図書館でも予約待ち数半端ないし。。そっこー買いましたw

    各編のキーワードのみ。(後でもストーリーを思いだせるように・・)

    ◆首折り男の周辺/伊坂幸太郎
    隣の部屋の男、人違い、いじめ、待ち行列
    ◆プロトンの中の孤独/近藤史恵
    自転車ロードレース、妬み
    ◆ストーリー・セラー/有川浩
    脳の病気、小説、夫婦、親族、「猫、剥げかけ」
    ◆玉野五十鈴の誉れ/米澤穂信
    跡取り、祖母、使用人、
    ◆333のテッペン/佐藤智哉
    東京タワー塔頂部での殺人、探偵、女子高生、正体
    ◆光の箱/道尾秀介
    同窓会、タクシー、物語、写真、クリスマス
    ◆ここじゃない場所/本多考好
    思春期、初恋、テレポーテーション

  • おー!めっちゃ良かった!!実は短編ってあんまり好みじゃなかったんだよね、短くて物足りないって感じるから。でもこの本は違った!とにかくどの話も面白い!!一つ一つの物語はやっぱり短編だから長くはないけど、読後の満足感は半端じゃないね!!読んだことのない作者が多かったから余計にそう思うのかも。読みたい作者さんがまた増えてしまったー!特に道尾秀介さんの光の箱はめちゃくちゃ私の好みだった!この人の本を早速買いに行かなければ。

  • 伊坂幸太郎、有川浩、本田考好、、、日本を代表する有名作家達による読み応え抜群の短編集がここに登場!
    もし読んだことのない作家がいるならこの本を通して、ぜひ魅了されてみてください。(いなか)
    本館3階東閲覧室(人文系) 913.68||St 209000408


     この本は7人の作家達による短編集です。好きな作家の小説を読めるだけでなく知らない作家を発見するチャンスにもなると思います。また、短編なので気軽に読み進めることができ、どの話から読んでもおもしろいです。私はこの本の中では米沢穂信の作品が一番印象的でした。ぜひ皆さんのお気に入りの作品を見つけてください。(asa)

  • 伊坂さん、有川さん目当てで購入。

    「首折り男の周辺」は、少し複雑だったけど伊坂節炸裂でほぼ期待通り。今まで読んだ伊坂さんの短編はかなり軽いのが多かったから、短編にしてはけっこう読みごたえありました。

    有川さんのも良かったけど、結末が切なすぎるー。誰かが病気になる話は好きじゃないので。泣かされて当たり前と思ってしまう、ひねくれた性格。

    他の方は初めて読みました。近藤さんはスポーツを通しての人間らしさが描かれてたし、米澤さんのは物静かだけどゾッとする怖さがあるし、道尾さんのは心地よい裏切りでほっこりしたし、本多さんのは全く先が読めないドキドキ感があったし。どれも良かったですが、佐藤さんのだけはどうにも私にはハマらず。残念です。

    本多さんのは、好きだけど少しだけファンタジーな設定だなぁと思ってたら、他の作品とリンクしているみたいですね。今回の話をより理解するためにも、そちらも是非読んでみたいです。

    どれも個性豊かでけっこう面白かった!新しい作家さんを開拓できそうでうれしいです。そのキャッチの通り、面白いお話を売って頂きました。

  • 伊坂幸太郎、近藤史恵、有川浩、佐藤友哉、本多孝好、道尾秀介、米沢穂信(敬称略)の短編が集まった小説。初めて読む作家さんも多く、新鮮でした。

    個人的にはプロトンの中の孤独、玉野五十鈴の誉れ、光の箱、ここじゃない場所あたりが面白かった。(ストーリー・セラーは既読の為)

    『始めちょろちょろ、中ぱっぱ。赤子泣いても蓋取るな。』最後のこの一文には、ぞくぞくとさせられた。そこに繋がるとは・・・構成力に脱帽。

    この短編を機に気になった作家さんの小説は読んでみようかな、と思う。
    短編としても十分に読めるが、関連する続編も気になる仕立てになっています。

  • めっちゃよかった、特に最後の3つらへんがどどどんっとよかった。

    全体的な感想から言えば、作家さんのひとりひとりの個性が出ててすごくよかった。このひとはこういう感じで書くんだ、とか、このひとの作品を他にも読んでみたいとか、発見があった。

    現代売れてる小説家って、漫画みたいな描写をする人が多いなって、私は思う。
    次の展開を追って、どきどきする感じ。
    授業中も、塾の間も、展開が気になっちゃう感じ。
    そういう作風のひとが多いなって、感じる。

    精神的に感じたり、ゆっくり痛みを味わいながら、ふかくふかく沈んでいくのも好きだけど、
    ジェットコースターみたいな急展開を日々待ちわびれるような、次の展開を楽しみにできる小説も、大好き。

    2も3も読みたいなぁって思いました。

  • どの作品も楽しめましたが、有川浩のストーリーセラーが本当に最高。感動と衝撃で涙は思いのほかでませんでしたが、しばらく放心状態になりました。有川浩を知ったきっかけになった本です。

  • 個人的に一番好みなのは近藤さんの作品だった。
    読後が爽やか。
    一番ざわざわした感じが残ったのは佐藤さん。
    韻を踏むような文がむしろ朗読の雰囲気に合いそうだと思った。
    有川さんの作品は次々と降りかかる不幸とそれに対抗する形で純愛が描かれていて確かに正論だけど、不幸だからこそより一層尊く見える雰囲気がどうしてもなじめなかった。
    本多さんの作品は終始イラっとしてしまい、それに対して道尾さんのは謎の明かされ方が心地よかった。
    伊坂さんは多方面で起きる事件の収束が面白かった。
    米澤さんのは題材となった作品にも興味を惹かれた。

  • 人気作家7名による中編集。
    ハズレがなかったイメージで、"読み応えは長編並、読みやすさは短編並"というコピーは正にピッタリだった。

    個人的には『Story Seller』と『光の箱』が特に印象に残った。
    後味が良いものが好き。

    【Story seller (2)】も所持しているので、読むのが楽しみである。

  • 本多孝好を目当てに読んだ本。いろいろな作家さんのお話をつまみ食いできる。短編だけど、どれも読み応えがあって面白かった!
    光の箱が印象に残った。陰があるけど、ハッピーエンド。でも胸がザワザワする感じ。
    本多孝好の爽快感はやっぱり好きだなぁ☆

  • 有川さんがよかった
    これから気にして読むようにしよう

  • 伊坂幸太郎☆☆☆★★
    伊坂さんにしては普通だったかな。
    近藤史恵☆☆☆☆★
    ロードが好きなので楽しく読めた。
    有川浩☆☆☆☆☆
    一番良かった。心に沁みた。
    米澤穂信は『儚い羊たちの祝宴』に収録されているもので既読だった…がっくり(T△T)
    佐藤友哉☆☆★★★
    表現方法が怖いというか、気持ち悪いというか。作者本人が病んでるのではないかと思うくらい。
    道尾秀介☆☆☆☆☆
    道尾さんの話は好きだ。この話も伏線の回収方法が良かった。
    本多孝好☆☆★★★
    うーん…。

  • 有川先生ということで速読。

    色々な作家さんが読めて、楽しめました。

  • 好きな人がこれを読んでいて、有川浩の話が良かった、泣いたというので、持っていた弟に借りて読みました。
    ストーリーセラーすごく良かった。でも読んでいて辛かった。
    よくある大事な人が亡くなるお涙頂戴パターンのやつでは何とも思いませんが、有川浩の言葉遣いに負けました。彼と彼女で名前が出てこないところがまた感情移入させます。悲しくて幸せなお話でした。

  • 七人の小説家の短編を集めた文庫本。
    伊坂さんがこれ限定の話を書いていたので購入。
    伊坂さん以外は読んだことなかったので、新地開拓も兼ねて。

    読了後、当たり外れが大きかったなと思いました。
    個人的な好みは
    伊坂幸太郎>佐藤友哉>米澤穂信>近藤史恵>道尾秀介>有川浩>本多孝好
    でした。

    佐藤友哉を知れたのは大きな収穫。米澤穂信も気になったし、近藤史恵の作品は事前にロードレースの知識がないと難しいんじゃなかろうかとも思いましたがかなり好きでした。
    とりあえず佐藤友哉と近藤史恵は他作品も読んでみたい。

    詳細は以下のブログ記事にて。かなり趣味の偏った感想文になっていますので。http://welovekce.blog.shinobi.jp/Entry/721/

  • 第2弾を先に読んでしまったが、アンソロジーなので問題無し。

    うーん、それなりに面白いものもあるが、
    単に好みでないだけかも。

    有川さんは、単行本を既読でその時は思わなかったのだが、
    むしろ感動したくらいなのに、なんかちょっと嫌な感じだった。
    (どうしてだろう、「好き」を列記するとことかな〜、
    死が題材だからだろうか?ここで泣け!!って感じに思えたからかな?)

    中島さんは、馴染みの無い世界の話だけど爽快感があって、
    道尾さんは、痛みもあるけどほっとして、両作品は好きだった。
    米澤さんは米澤節だったな

  • 好きな人・読んでみたい人だらけだったので、思わず購入。有川さんの書く「むかつく大人」 は本当にむっかつくなぁ!!と改めて実感したり。近藤史恵さんのお話が個人的に当たりでした。本編に手をのばすきっかけになった。既読の短編もあったものの、近藤史恵さんのこのお話に出会えただけで私的価値あり。

  • 伊坂目当てで買いましたが、他の短編も面白かった!

    特に近藤さんと有川さん!

    近藤さんは、早速『サクリファイス』購入しました。

  • 初めて読む作家さんが4人もいるのでとても楽しみでした。

    近藤史恵「プロトンの孤独」は、そのスピード感に吸い込まれて
    あっという間に読めた。
    また彼女の本を読んでみたいと思う。

    米澤穂信「玉の五十鈴の誉れ」は、
    ちょっと恐ろしくて全然先が想像できなくて、どきどきした。
    最後の一文、
     ―初めちょろちょろ、中ぱっぱ。赤子泣いても蓋取るな―
    読んだ瞬間、背筋がゾクっとした。

    有川浩は今話題の作家さんなのでとっても期待していたのだけど、
    基本は主人公の男性に語らせていながら、
    突然第三者的に「彼は…」と話を進めたりするのが、
    何だか私には合わなかった。お話自体は面白いのだけど。

    道尾秀介は「向日葵の咲かない夏」が私には合わなくて、
    ちょっと避けていた作家さん。
    この「光の箱」はキライじゃない。
    えっ、あ、そういうこと?あぁ巧いなぁ。。。と思った。

全896件中 1 - 25件を表示

Story Seller (新潮文庫)に関連する談話室の質問

Story Seller (新潮文庫)に関連するまとめ

Story Seller (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Story Seller (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Story Seller (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Story Seller (新潮文庫)の作品紹介

これぞ「物語」のドリームチーム。日本のエンターテインメント界を代表する7人が、読み切り小説で競演!短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。まさに永久保存版アンソロジー。どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。著作リストも完備して、新規開拓の入門書としても最適。

ツイートする