頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)

  • 440人登録
  • 3.69評価
    • (29)
    • (56)
    • (54)
    • (9)
    • (1)
  • 61レビュー
著者 : 安東みきえ
  • 新潮社 (2011年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101367415

頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キョンキョンの書評集で、読んでみたいと思った本。
    まったく知らない作家さんでした。

    シュールな寓話が7話。
    う~~ん、なんとも不思議な感じ。

  • うーん、子供向けだけど大人向け。

  • キョンキョンの書評に惹かれて。
    「北風と太陽」に似た寓話の短編集。
    子供向けではなく、大人向けだと思う。
    大人に向けた注意かな。とてもシュール。
    中でも、私はヘビとカラスの話しが心に刺さった。
    表紙の絵がとても魅力的。

  • きっかけは、「王様のブランチブックガイド」だったか。何となく惹かれるタイトルで、たまたま中古で目にしたからゲット。内容は、ちょっとブラックな風味を交えた童話。で、このタイミングで読んだのは、すぐ読めそうだったからなんです。今月、えらい早いピッチで読書が進んでいることにふと気付き、丸々ひと月ずっと”一日一冊”はさすがに無理にせよ、月の前半だけでもそれって可能なんじゃ!?と思ったのがきっかけ。実際にはムックとか本作とか、反則すれすれのが数冊紛れ込んでしまっているんだけど、それを達成できたことは満足です。感想と関係ないけど。

  • 表題につられて買いました。
    7つの寓話それぞれが素敵。『いただきます』と『ヘビのおんがえし』『お客さまはお月さま』は特に好きです。

  • ジャケ買い。
    シュールな寓話7話。

  • 7つの寓話。
    現代的な落ちがついてしまうのがいいんだか悪いんだか。
    個人的には落ちがなければよかったのになと思う。
    落ちがつくまでは結構好きなんだけど。

    カバー装画・挿画 / 下和田 サチヨ
    デザイン / 新潮社装幀室
    初出 / 2007年4月理論社より刊行
    注記 / 巻末に小泉今日子書評(読売新聞2007年5月13日)再録

  • 蛇と烏の話が好きです。
    大人が、日常を振り返るきっかけになる本です。

  • キョンキョンの書評で気になり購入。単純なようで複雑な心理天涯孤独で、笑えるようで笑えない。流せるようで流せない、何か引っかけのようなお話で、あっという間に読み終えました。

  • 小泉今日子さんが書評していたので読んでみた。
    文庫版の解説に彼女の書評が掲載されている。

    なんともシュールでシニカルな童話集。
    「生きる」とは、「意味」とは、といった
    人の根本に関わる哲学的なテーマで
    さまざまな動物たちがちょっとまぬけに
    右往左往している。

    大人にとっては

    頭のうちどころが悪い熊も
    マイペースなおたまじゃくしも
    脳天気な蛇の両親も
    ひたすら純情なカラスも
    立派だがストレスフルな牡鹿も

    どこかで出会った者たちで
    もしかしたらそれは自分でもあり
    少し恥ずかしくなって苦笑してしまう。

    子供たちはきっと、この変な生き物たちを
    素直に楽しむのだろうと思うが
    やはりこの童話集は大人にこそ読んでほしい。
    ゆるくぬけた感じのイラストもいい。

全61件中 1 - 10件を表示

安東みきえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)の作品紹介

頭を打ってすべてを忘れてしまった熊が探しはじめたのは、愛するパートナー、レディベアだった。彼女は乱暴だったけど、熊はそんな彼女に会いたかったのだ-動物世間のよもやま話に奇妙で不思議な現実がみえ隠れ、これって、私たちのこと?生き物世界の不条理がキュンと胸にしみる、シュールで痛快、スパイシーな7つの寓話集。イラスト全14点収録。話題のベストセラーを文庫化。

頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)はこんな本です

頭のうちどころが悪かった熊の話 (新潮文庫)の単行本

ツイートする