ぼくは猟師になった (新潮文庫)

  • 394人登録
  • 4.12評価
    • (39)
    • (59)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 59レビュー
著者 : 千松信也
  • 新潮社 (2012年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101368412

ぼくは猟師になった (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 若い漁師の日々を綴った本。狩猟に興味を持ち、本書を読みました。はじめての猟の事から、シカやイノシシの解体、保存食レシピまで幅広く漁師のあれこれについて書かれています。猟も、獣だけではなく、鳥、魚、山菜など季節によって色々な猟をされているので、狩猟について知りたい人には、おすすめです。

    ーあとがきからー
    漁師をしている時、僕は自分が自然によって生かされていると素直に実感できます。
    また、日々の雑念からも解放され、非常にシンプルに生きていけている気がします。
    狩猟は、僕にとっては生涯続けていくのに充分すぎる魅力を持っています。

  • 上方落語「代書屋」に出てくるガタロが河太郎=河童に由来すると、思いもかけず知ることができたのは望外の幸運だった。閑話休題。罠猟、網猟という少数派の猟師として、狩猟免許を取って経験を積み、狩猟に適した借家を手に入れて猟に精を出す生活は羨ましい。著者のポリシーもあって仕事をする傍らで狩猟を趣味のレベルで行っているが、狩猟だけを生業にすることの難しさも感じる。自分の今の生活パターンを考えると、文字通り「真似できない!」。漫画『山賊ダイアリー』と併せて読むと、猟師生活がより理解できると思った。

  • これは面白い!!
    自分に出来るかどうかは置いておいて(まず出来ないとは思うが…)素直にいいなぁと思える。
    ハワイ島で実際に趣味で狩猟をしている人からその面白さを聞いて以来興味はあったものの、やはり銃を使うイメージが強かったのでワナ猟というのも新鮮だった。

    それにしてもさらりと京大を出ているのもすごいな…。頭の良い人なんだなというのはこの本を読めば伝わって来るものの、著書が先輩の猟師達に尊敬の念を常に抱いているのも同時に伝わってくる。
    世間の価値観に縛られず、やりたいことをやって暮らす手本(というと語弊があるなぁ)のよう。

  • 元京大生が猟師になって奮闘する日々の記録。
    プロの猟師ではなく、兼業の猟師で、しかも学生時代からそれを続けているということで、かなり奇特な人なのだろうと思う。
    一般的な猟師のイメージの散弾銃ではなく、罠中心なので自分にもできるかもとついつい思わされました。

  • 罠猟、いいですね。

    実家の周辺でイノシシが大増殖しており、畑を諦める人も居るんだとか。

    捌いて、流通させる道さえつけば、産業化できるかも。

    貴重な食資源として、活用できる方向に動かしたいですね。

    関心を持ち続けたいと思います。

  • 猟師になったというタイトルから猟だけで生計を立てているものと思い込んでいた。しかし、別に仕事もしながら猟や採集で食料を得るという生活をしている若者による記録であった。私も住んでいる京都で、こんなに自然の恵みを享受し感謝して生きることができることを知らなかったし、実践している著者が羨ましく、またその真摯な態度に尊敬の念を覚えた。人間として自分で生きることについて考えを巡らせてしまう本だった。

  • 「自分で食べる肉は自分で責任を持って調達する。」それ以上でもなくそれ以下でもない。
    ロハスやスローライフの実践ではない、という力の抜け具合が新鮮で、また、好みのわかれるところ。
    私は、充分アリだと、読み終えて感じた。
    うん、その、野菜や魚類と違って「哺乳類や鳥類を捕まえ処理して食べる」という営みは臭く重く生々しい。
    スーパーでパックに入っている状態の肉は物質として扱えるのに、生きている状態から殺し血を抜き皮を剥ぎ肉を切り取るとなると別世界。
    食べる時は美味しいと歓声をあげるのに、殺す時にはかわいそうと言う。
    他の命の上に私の命があるということを、テレビのドキュメンタリーほど偽善的でもなく、尾ひれのついた噂話ほど無責任でもなく、宗教や哲学ほど観念的でもなく、程よい手触り感覚さで示してくれる。

  • 猟場の近くに住まないと猟師は無理かぁ。

  • B659-セン 300434511

    銃を使わずワナを使ってイノシシやシカをとって、自分でさばき、食べる。そんな現役猟師の生き方に、自然とのかかわり方を考えさせられました。

    (黒板書架「感覚を深める」特集コメント ”感覚と言われて思い出すおすすめ本と、おすすめポイントを教えてください”より)

  • 図書館で。
    実は狩猟の方が農作よりは大地や自然を傷つけず共存できるって話は聞いたことはあります。とは言えこの人は読んでいてなんだか…うん、狩りとかサバイバルとかが好きなだけじゃないかな、なんて思いました。そう言う意味では啓蒙書とか自然と共存とかそう言う信念は無さそうなので軽く読める感じです。

    自分の食べるものは自分で調達する、というのは必要なことだと思います。そしてその為には技術が必要だし、時間もかかるし知識も必要である。だから今の現代人は食料を通貨で買っている訳ですが本来は命をいただいているという事を忘れてはイカンよなぁとは思うんです。

    ただ、趣味でやってる猟なら自分や家族の食べる分だけ捕ればいいんじゃない?なんて思いました。流通に乗せたらそれは自分の意図する所とは違う、というような事が書いてありましたが…実際、今の日本ではたくさんの人が猟ができる環境ではないし、そんな事をしたら植物も動物も(魚も!)全部狩りつくされてしまうのが目に見えているし。大体、一番大事なのは環境づくりではないかと思うんですよね。猟をする山や環境を守ろうとしない限り狩猟生活は不可能なんじゃなかろうか。なんだか…読んでいて独りよがりで頭でっかちじゃないかな~なんて思ってしまうのは私が大分年を食ってる所為なのか。

    命をいただくという事は非常に大切なことであり、大事なことである。という割には…やっぱり猟を楽しんでるだけじゃないの?とちょっと疑ってしまいました。特に鴨を何百匹取ったとか、連日鹿が罠にかかったとか。…それ、自分達で食べきれる量じゃないような?流通には流さないなら自分が食べる量を取ったら暫く罠をかけないとか、足るを知る、というような潔さというかフェアさがないな~なんて読んでいて思いました。猟をする人口が増えると良いな、というような事を書かれてますが実際、猟をする人が増えると獲物が減って、必然的に若い個体や密猟が増えたりして近頃の猟を始めたヤツは礼儀を知らないなんて言って怒りそう。人間みたいになんちゃって肉食獣は増えると一番手に負えなさそうだな、と思うのです。

    昔何かで読んだのですが狩猟民族で男性は狩猟に出かける、女性は主食のタロ芋だかヤム芋だかを採取する。狩は成功率が低く、男性陣が女性と同様、芋を採取したらもっと食事の満足度が上がるのに男性は狩猟に出かける。たまに狩の成果があると男性陣だけで狩の成功を祝って獲物を食べてしまう、というエピソードを知りナンダカナ、と思ったのを思いだしました。
    なんかその話に似たような匂いを感じてしまいましたよ…

全59件中 1 - 10件を表示

千松信也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくは猟師になった (新潮文庫)に関連するまとめ

ぼくは猟師になった (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくは猟師になった (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくは猟師になった (新潮文庫)の作品紹介

木についた傷や足跡などからシカやイノシシの気配を探る。網をしかけ、カモやスズメをとる。手製のワナをつくる。かかった獲物にとどめをさし、自らさばき、余すところなく食べ尽くす-。33歳ワナ猟師の日常は、生命への驚きと生きることの発見に満ちている。猟の仕方、獲物のさばき方から、自然と向き合う中で考えたことまで。京都の山から見つめた若者猟師の等身大の記録。

ぼくは猟師になった (新潮文庫)はこんな本です

ぼくは猟師になった (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする