本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)

  • 3912人登録
  • 3.61評価
    • (314)
    • (506)
    • (937)
    • (39)
    • (1)
  • 310レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (1995年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369150

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本所深川に噂される七不思議をベースに、人間模様が描かれている短編集。
    ハッピーエンドでもなければ後味の悪さもない。主人公だけが報われるということもない。なのに不思議と温かい気持ちになれた。
    なかなか個人の努力では変えられない大きな物語をそれぞれに抱えている。実直に頑張り続けたって冷や水を浴びせられるようなこともしばしば。この短編集に出てくる主人公たちは、そんな生活の中でも人を思いやる気持ちを見つけて、決して「自分だけが苦労していて自分だけが不幸だ」という道には入り込まない。努力している、十分に勤めていると思い込み、自分より恵まれた環境にいる人間にたいしての嫉妬心を見つけてしまったり、自分の心なさに気付いたりもする。
    「消えずの行灯」という短編はこの短編集のうまみが全部詰まったような作品。
    私が読んでひときわ心に残ったのは「片葉の芦」「馬鹿囃子」「落葉なしの椎」。「落葉なしの椎」は結局なんて書いてあるのかを書かなかったところがなんとも粋だと思います。

  • 江戸の深川で噂される「本所七不思議」をモチーフに描かれた7つの短編集。どの物語も人の業を如実に語っていて悲しい雰囲気。でも全て面白かった。回向院の茂七の人情が、様々な罪や町人の悩みを解決しています。深川の辺りは下町で、御大尽なんて一握りでみんなカツカツの暮らしです。そんな貧しさと不自由の中でも人間らしく笑って泣いて生きている人々が描かれていて心に沁みます。人の暮らしってこういうものだよな。潔く人生を見つめる最後の物語「消えずの行灯」のおゆうを見習いたい。

  • 題名に惹かれました!・・怖くありませんように・・

    こわくないどころか、
    本所七不思議を1編づつのタイトルにして、
    回向院の茂七が全編登場する、人情時代劇でした。

    なじみの土地でもあり、読み進めが楽しくもありました。
    1編1編それぞれ読み終わるたび、じんわりと・・
    表面でみられることが全てではないことがわかり、人生の深さを考えさせられました。
    今後、何度も読み返す本となることでしょう。

  • 深川七不思議を巧みに物語に絡めた全七編の短編集。
    うーん、とてもよかったです。

    それぞれ無理なく、というかしっくりと七不思議が物語のスパイスとしてきいていて素敵。七不思議という少し非現実的な要素が江戸時代というまだ少しそういった不思議が生活に馴染んでいた時代とマッチしててとてもよいです。それぞれのお話はどちらかというと少し物悲しかったりままならなかったりするお話ばかりなんですけど、人情染み渡るお話ばかりでした。

    七編中、どのお話にも茂七という岡っ引きが出てきますが彼もまたいい味だしてますね。
    特に好きなのが馬鹿囃子。気がすこしふれた子がつぶやく「男なんてみんな馬鹿囃子なんだ」「あんただって馬鹿囃子じゃないか」っていう言葉に、妙にああ、こういうのわかるな、切ないなと思いました。
    あとは片葉の葦、これも片方しか葉のない葦をいろいろなもののたとえにしているのが面白かった。親子関係然り、彦次の思い然り。
    あと消えずの行灯は主人公の妙にドライで生きていくことに必死な女の子が好きでした。自分の目で見たものしか信じない、自分一人で生きていこうって腹をくくってる感じとか。

  • 七不思議。今でいえば、都市伝説。 題材もよいし、登場人物もよい。 回向院の茂七。脇役として出てくる。 大川を渡った深川は江戸ではないのかもしれない。 時代物が苦手な人でも楽しめる。

  • 本所深川を取り締まっている岡っ引き茂七が関わった事件を七つの話にまとめた人情モノの短篇集


    時代小説自体が大好きなのでちょっとばかし甘い評価かもしれませんがかなり面白かった。個人的には最初と最後の話が印象的です

  • 初宮部作品。
    本所深川の七不思議にまつわる7つの短編集。
    様々な人間模様が描かれていて、めでたし、めでたしの話ばかりではないけれど、どの話にも出てくる茂七親分の存在が心に灯を灯す。
    とにかく夢中になって読んでしまった。
    他の作品を読むのが楽しみ☆

  • ちょっぴりビターな読後感の残る連作短編集です。どの作品も面白いですが、個人的に一番好きなのは4話目の「落葉なしの椎」。ラストにはちょっとうるっときちゃいました。上手いですねえ。7話目の「消えずの行灯」は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、この真相は意外と新鮮に感じました。
    本書では岡っ引きの茂七が共通の謎解き役として登場しますが、主人公というわけではなく一歩引いた立ち位置で脇役に徹しており、市井の人々によりスポットが当たるようにすることで、深川の下町人情の世界をより引き立たせようとする作者の意図を感じました。それはそれで素晴らしい試みであると思える一方で、連作の核となるようなものが感じられなかったという印象も残りました。

  • 七つの短編からなる一冊。
    スルッと読める文章なのに、しっかりと絵が浮かぶし、ちゃんと味わいもある。久しぶりに「ああ、上手い」と思える作品でした。楽しかったです。

  • 「本所七不思議」がベースになっているということで、ホラーかな?怖かったら嫌だなと思いつつも、怖いモノみたさという感もあり手にとりました。
    結果的には全然怖い話ではなく、人の心情が丁寧に描かれた作品でとっても面白かった^^
    時代小説はやはり宮部みゆきさんが良い!!と思った一冊です。

全310件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする