淋しい狩人 (新潮文庫)

  • 3699人登録
  • 3.33評価
    • (141)
    • (365)
    • (1109)
    • (65)
    • (14)
  • 328レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (1997年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369174

淋しい狩人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台は東京の下町の古本屋さん。
    店主のイワさんと、イワさんの孫の稔が本に関わる6つの事件に巻き込まれる。
    イワさんと稔の会話はとても楽しく微笑ましい。
    素敵な関係だなぁと思う。
    でも事件の背景はとても残酷だ。
    そのギャップがすごい。

    特に「六月は名ばかりの月」と「うそつき喇叭」を読んで、人の心には悪意というものがたしかに存在するのだと再認識した。
    身勝手で暴力的な仕打ちに何も出来ずに耐えている人がいる。
    納得出来ることではない。でもそうなのだ。どうしたらいいのかも分からない。

    ただ私はイワさんと稔のような存在でいたいと思う。
    誰かを傷つけることを目的にしたりしない、そんな人間でいたい。

  • ワタクシにとって、サスペンス劇場的人情話で読みやすいという印象の宮部みゆきさん。
    2012年、今年の夏の「新潮文庫の100冊」のおまけブックカバー目当てに買ってみました。

    連作短編集。
    起こる事件は一生経験することはないかもしれないが、生きてると経験する悲しい気持ちが、読みやすい文章で書かれています。
    現実にありそうなところがまた、やるせない。
    ちょっと辛くて、感想文を書く目的がなければ、ニ度読みをしなかったかもしれません。
    それでも、一度目を通し始めると、何度も何度も読み返してしまうフレーズがあって、読んでよかったと思える本でした。


    そういえば。
    読み終わった後に、自分の中で消化するのになんとなく時間が欲しくて、感想文を書くことなくしばらく置いていた、そんな本だったばっかりに、応募券を切り取り忘れ、目当てのおまけは、応募し損ねたことに、さっき、気がつ(略)

  • 東京の下町にある古本屋を舞台に、店主の65歳のイワさんと、孫の高校生稔が活躍する現代ものミステリの連作短篇集。古本屋らしく、全部に本が関係している。

    読む前は、宮部みゆきには珍しい、殺人事件のない「日常の謎」ものかと何となく思っていたが、その予想は全くはずれ、しっかりと殺人事件がでてくるミステリだった。

    全部に本がからんでいるが、実在の作家の実在の本がでてくる短篇もあるし、架空の本がでてくる短篇もあり、趣向がこらされている。「六月は名ばかりの月」は実在の翻訳ミステリ(ビル S.バリンジャーの「歯と爪」。この前本屋で文庫を見つけた。「淋しい狩人」で書かれているとおり、最後の部分が袋とじになっていてびっくり。宮部みゆきさんがこの本を好きなこともわかっておもしろい。)が出てきて、雰囲気もなんとなくそれ風(翻訳ミステリ風)だし、「黙って逝った」はどこかハードボイルド。宮部さんが書く少年や、少年性を失わない男性は魅力的だと思う。「詫びない年月」は怪談風。「うそつき喇叭」には問題提起があるし、「歪んだ鏡」は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」が取り上げられていて、宮部みゆきの江戸ものと現代ものがミックスしたような感じ。

    表題作の「淋しい狩人」には、久しぶりにゾクっとした。これは「模倣犯」のもとになった短篇のような気がする。私は「模倣犯」を読んでいないけど、そう思った。

    江戸ものや怪談ももちろんいいけど、私は宮部みゆきさんのリアリズムの文が好きだ。江戸ものには宮部さんの文章の優しさを感じることが多いが、現代ものではテンポのよさ、切れの良さ(?)を感じることが多い。特に短篇では、密度が濃く、その特徴が顕著だと思う。長いものももちろんよいのだけど、こんな感じの短篇も書いてほしい。残酷なシーンはなしで。

  • 亡くなった旧友の遺志を継ぎ、孫の稔の手伝いのもと古本屋・田辺書店を営むイワさん。

    行方不明になった姉の残した「歯と爪」という言葉が何故か結婚式の引き出物に書かれたという女性「六月は名ばかりの月」。

    平凡な父親のようになりたくないと思っている男性は、亡くなった父親の書棚に三百冊もの同じ本が置かれているのを目にし、ある結論を下す「黙って逝った」。

    毎晩枕元に幽霊が現れるという老女の住む家から戦時中の骨が見つかり、ある夜その老女が行方不明になる「詫びない年月」。

    田辺書店で万引きしようとした少年は、誰かから虐待を受けていた「うそつき喇叭」。

    自分の容姿にコンプレックスを抱く女性がある日電車内で拾った文庫本には名刺が挟まっていた「歪んだ鏡」。

    行方不明になった小説家を父に持つ女性の元に、小説家が残した未完の小説の内容通り連続殺人事件を起こすというハガキが送られてくる「淋しい狩人」。



    登場人物に愛着がわきました。

    主人公イワさんを通して、著者の推理小説家としての主張がなされていてとても好感がもてました。

  • 田辺書店という古本屋さんが舞台のおじいちゃんと孫が事件を解決していく連作短編。ほのぼの系のコージーミステリみたいな感じかなと思って読んだら、おじいちゃん・孫・古本っていうあったかアイテムを除くとなんとも厳しいお話しばかりだな、と。
    「黙って逝った」と「歪んだ鏡」がよかった。
    平凡にたいする暖かな目線なんて全然ない、ああそういえば「火車」書いた人だもんな、と納得。

  • うーんどのお話にも無理があるのか、ぜんぜん入り込めなかった。
    主人公の人物像にもちょっと無理があるような気が・・・
    残念。

  • とある都内の古本屋を舞台にした、連作短編集。
    本をきっかけとした日常系のミステリーって感じでしょうか。

    この辺り、"ビブリア古書堂シリーズ"と同じ構成ですが、
    ちょっと異なっているのは、実在しない本も題材となっている点です。

    中でも作中作の「うそつき喇叭」は秀逸で、読後に探してしまいました。。
    まぁ、"絵本"としてみると、なかなか子供には読ませにくいテーマですけども。

    ん、テンポの良い文体はさすがの宮部さんって感じで、
    結構重めのテーマな話も多いのですが、一気に読めました。

    こんな風に祖父と孫の関係が築けたらいいなぁ、なんて。
    ふと、昨年亡くなった祖父を想い出してしまいました。

  • 宮部さんはやっぱり未成年の男の子を描かせると天下一品。
    祖父であるイワさんとの遣り取りも生意気さ全開で微笑ましい。

    と思って読み進めてみたら
    全部の話が重たいというか読後感がどんよりしてしまう話だった。
    3話目の児童虐待の話なんかは現在の方がハマりそうなくらいで。
    最後に諸々の関係性(稔と淑美さん、イワさんと稔)が
    なんとなく曖昧なまま終わるパターンも
    宮部作品としては独特なのではないか。
    それともまだ続くのを想定してるとか???…それはないか。

    とはいえ、作中に出てくる本が悉く読みたくなる話ではあった。
    山本周五郎の『赤ひげ診療譚』、トライしてみようかな。

  • (宮部みゆきの著作水準にあっては)泡のようなゆるい凡作。

  • 古書店の親父が様々な事件にかかわっていくというお話。
    主人公の親父の名前はイワさん、助手的な役割の稔はイワさんの孫である。
    古書店主がそんなに殺人事件に何度も関わる事があるのかという部分でちょっとリアリティーに疑問を持ったりするのは、その他の部分である宮部みゆきの創造する人物たちや設定の持つリアリティーのせいだろう。
    私個人的には、事件で取り上げられる本にそれほど興味が持てなかったのが残念であった。
    やはりこういう本を扱った小説だと、作者の本に対するパッションが感じされる様な本を扱ってほしいと思う。
    取り上げられている本(実際するものについて)は、よい本ではないかと思うのだが、読んでみようかという気持ちになるまでには至らないのが今一つである。
    あと、登場人物の女性が電車の棚にあった小説に挿まれた名刺から本の持ち主のプロフィールをあれこれ想像するシーンが
    あったが、この部分を読んでいたら宮部みゆきが小説の登場人物の設定を考えているときってこんな感じなのかなと思ったりして少し面白かった。

    小説としては普通に面白いと思うので、読んで損することはない一冊である。

全328件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

淋しい狩人 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

淋しい狩人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

淋しい狩人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

淋しい狩人 (新潮文庫)の単行本

淋しい狩人 (新潮文庫)の単行本

ツイートする