火車 (新潮文庫)

  • 20309人登録
  • 3.78評価
    • (2547)
    • (2733)
    • (3687)
    • (332)
    • (74)
  • 2112レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • ¥ 1,069
  • 新潮社 (1998年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369181

火車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • カードってこわいなぁという思いが生まれた本。

    日常生活で欲しいものやまわりが持ってるから買っていく。
    それがもらっていないお給料からでも。
    どんどん分割払いにしていき、とうとう払えなくなる。

    やっぱりカードは払える範囲で使っていかないと!

  • 宮部みゆきはドラマの「ペテロの葬列」を見てから、こんなに面白いのを書く人なんだと思って火車を読んだ。伏線に次ぐ伏線、そして1つずつページを捲るように明らかになる真実、読み応えのとてもある作品でした。

  • 火曜サスペンス…

  • そんなに新しい作品ではないのに、現代でも起こっていそうな「身分乗っ取り」という行為。
    次第に疑問が紐解かれていく瞬間は読んでいて気持ち良かった。

    途中間延びした感じはあったが、全体的にテンポの良い作品。

  • 宮部みゆきさんの本は文章が合わないのでもう読む事ないなと思ってましたが、これだけは内容的に興味をもち読んでみたいと思ってました。
    読み終えての感想としては内容はまあまあ。
    でも、やはり文章が合わないので何となく読んでてイライラしてしまう・・・いつも通りでした。

    休職中の刑事が主人公。
    彼は亡き妻の親戚の男性から失踪した婚約者について調べて欲しいという依頼を受ける。
    銀行員の彼と結婚するはずだったその女性はクレジットカードを作る際に以前自己破産していたという事が分かり、その後失踪。
    主人公は彼女の事を調べていく内に実は彼女は元婚約者の名前をかたりなりすましていた別人だという事をつきとめる。
    その後、彼は彼女が何故、別人になりすましたか、彼女の生い立ちや人生を追っていく。
    そして、見えてきたものは-。

    蛇足的な文章が多すぎる。
    いつも通りの読み手の想像力を奪う文章。
    この本、結構分厚いけど、その文章を省いたら半分くらいのボリュームになるんじゃないかと思う。
    そして、内容は興味深いものであるのに、物足りない。
    それは失踪した女性側の目線で書かれた話がなく、知りたいと思う部分があっさりと書かれているからだと思う。
    それなのに結末に到るまでの話が長すぎて冗長気味。
    これを丁寧に描かれていると感じるかどうかは個人的な好みの差だと思う。

    あと時代が昭和50年代くらいを舞台にしたもので、当時はそれほどクレジットカードが普及してなかった、という事もあるし、事件のなりゆきとかも時代を感じさせて、ちょっと古臭さが否めなかった。
    それも話に入りこめなかった一因ではあると思う。

    タイトルの火車は文字通り、金が回らない火の車という事だけれど、それが今の世の中、昔よりも見えにくくなっているのが恐いよな・・・と全くこの本の内容とは違う感想をチラッと感じました。

  • 読み進めたくなった

  • やっと読み終えたというかんじだった。長かった。やっと探し会えた。すっと彼女をさがしていた・・・という感じで読んでいて自分も大阪に行ったり、宇都宮に行ったりしていた。人探しというのは本当に辛い仕事だなあと思う。ただ、この小説はそれだけではないけど・・・。そう、この話は借金地獄だ。私もクレジットカードは持っているけど、それなりの使い方を知っている。自分の身の程をしっているから、やはり何事も行過ぎはよくないと思った。

  • 高校時代に宮部作品を読んで何故か馴染めずそれ以来読まずにいたのですが、ミステリ好きなら必ず読むべき、とこの作品がやたら上げられるので手に取る事にしました。

    何故今まで読まなかったのか…!
    徐々に「彼女」へ近付いていく臨場感が素晴らしいです。
    今や学生証もクレジット機能が付いている時代なのでこういうカード・ローンは身近どころか生活と切っても切り離せない様になってきたからこそ、この怖さを感じますね。

    ラストのそこで終わるのか!感には感動すらします。
    あくまで「彼女」へ近付くまでのお話なんですね。
    読んでよかった。

  • 成りすますために人を殺すほどの、自由を手に入れたいという人間の執念をとても感じました。クレジットカードというお金の闇に恐怖を感じた作品でした。あえてああいう結末にするのが後のキョウコの想いを考えることができました。

  • 宮部みゆきの作家性が凝縮された一作。

    絶対的な個としての「悪」ではなく、大きな流れの中で少しずつ生じる「ズレ」が積み重なり、恐ろしい出来事を起こす。時には、自分の幸せを追い求めることが他者を滅ぼすことにさえなる。

    「火車」では、その不条理がすぐそばで起こり、そして自分に降りかかってくることの恐怖が、練達した文章で綴られている。

  • 新聞の書評から興味を持って宮部みゆき作品を初めて読んでみたが、ストーリー展開に脱帽。カード、住宅ローンによる人生の転落を二人の女性に交差させ、その謎解きを進める刑事と関わる人間関係の緻密さと厚み。何故、作者がここまで評価されているか分かった気がした。

  • 再読。かれこれ3回は読んでいる。
    宮部さんの作品の中で一番の傑作。
    何度読んでも物語に引き込まれる。
    この物語は単なるサスペンスではない。
    苦しいとても切ない話。
    彼女に 同情もしてしまう。私も本間のように彼女の話が聞きたいと思う。
    またこれから先も読み返すと思う。

  • 遠縁の婚約者の失踪から徐々に明らかになってゆく殺人事件。
    600ページにもなる長編だったけど、まるでサスペンスドラマを観ているような感覚であっという間に読めた。
    カードローンの恐ろしさは勿論のこと、個人情報が簡単に知られてしまう今の世の中に不安をおぼえた。アンケート調査も軽々書くものではないな...

  • 自己破産、カードローン、戸籍制度、こういう社会的な問題と、失踪した女性を探していくミステリー、とっても濃い内容。分厚い本なのに引き込まれて一気に読める。
    最後はもどかしいような、余韻を残す終わり方。彼女のことを、かっこいいと、強いと思ってしまう。綺麗な殺人事件。一体誰が彼女を責められるのか、誰も彼女を救えなかったのに。
    読んでよかった。さすがです宮部みゆきさん。

  • 金融関係の人は更に楽しめる内容。ミステリとしてだけでなく当時の社会情勢なども感じられ、途中でダレることなく最後まで読めた。

  • 喬子の壮絶な人生を考えると言葉も出ない。クレジットカードやローンがもたらす暗黒な印象はなんとなくあったが、他人事ではないと知ってぞっとした。読んでるうちは、本間と一緒に捜索してる気分だったため、最後の終わり方はそれほどショックではなかった。

  • 宮部みゆきの最高傑作という事で読んでみた。

    自己破産というと暗いイメージだ。
    関根彰子は自己破産で苦しんでいた。
    彼女に成りすました新城喬子も同じような境遇で苦しんでいた。

    刑事の本間俊介が失踪した関根彰子の行方を追ううちに事件の真相に辿り着く。

    夢のマイホーム、自分の思い描く夢を見るうちにローン地獄に落ちていく哀れな女達。

    私の財布にもカードが居座っている。
    今やカードのない生活は考えられない。
    便利なものほど怖いものはない…

  • 宮部みゆき作品を避けてた。
    その昔観た映画、模倣犯のせいだ。
    読むべき!みたいなリストから、本作を見つけて手に取ってみた。
    読みやすい。話のリズムも心地いい。
    でも、やっぱりラストが嫌いだ。
    あの映画のラストを思い出した。

  • 悪いことすると、逃げ切れません。

  • 久しぶりに夜更かしして読書しました。読了後の余韻が長く長く続き、登場人物に会いに行きたくなりました。

  • 2016年2月9日読了

  • 読了。
    今更感満載だが、初めて読みました宮部みゆき。
    ミステリとしても勿論最上級なのだが、小説として読んでも上質。特にラスト数ページの描写は秀悦。なんとも言えない余韻と遣る瀬無さを残して背表紙を閉じる。

全2112件中 1 - 25件を表示

火車 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

火車 (新潮文庫)に関連するまとめ

火車 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)の単行本

ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

北川恵海

大ヒットしたデビュー作に続くお仕事小説

前作でデビュー作の「ちょっと今から仕事やめてくる」が40万部突破の大ヒットとなった北川恵海さんの2作目は、世間で注目を浴びる売れっ子漫画家や人気上優を裏から支えるヒーローズ(株)の働く人たちにスポットライトを当てた作品です。
前作では、ブラックな職場から脱出するというテーマで書かれており、今作では無色透明で平凡な人が少しずつ変化していくストーリーです。
前作同様にお仕事小説であり、前作と同様に多くの人が共感出来る要素がある作品となっています。
最後のあとがきを読めばわかりますが、大ヒットした後の作品ということで2作目を作る上でかなり悩まれたようです。そうした新人作家の心も感じ取れる作品で、前作の「ちょっと今から仕事やめてくる」とセットでこの『ヒーローズ(株)!!!』は読んでいただきたいです。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする