火車 (新潮文庫)

  • 19369人登録
  • 3.78評価
    • (2479)
    • (2631)
    • (3625)
    • (311)
    • (70)
  • 2043レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • ¥ 1,069
  • 新潮社 (1998年01月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369181

火車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 実家にあった本。何年かぶりにちょっと読み返したら止まらなくなり、結局最後まで読んでしまった。

  • 登場人物の設定が細かく、心情描写はそこまでする?というほど深い。ストーリーはもちろんですが、登場人物の言動だけで十二分に楽しめました。

  • ちょっと後に残る余韻が、これが日本らしさというか、海外の小説ってなんでこうもがしがし細かく描写してくるん?わびさびないの?みたいな。でもってやっぱこの感じは好きだわー。

  • 怪我で休職中の刑事の元に
    遠い親戚の青年が訪ねてくる。
    突然姿を消した婚約者を探して欲しい・・・

    探し始めた主人公は意外な事実をつきつけられる。
    「婚約者」の女性は、実は誰だったのか。
    何故彼女はそうなったのか

    20年ほど前の小説だけれど、少しも古く感じない。
    現実に足をしっかりとつけた、そんな作風は
    この頃からだったんだなぁと。

    ラストは、あれはあれでよかったのでは・・・

  • 社会派推理物の傑作だと思う。2人の女性の過去と接点が徐々に解明されていく過程に引き込まれた。自分の力の及ばないことで人生を狂わされてしまった「新城喬子」に同情せずにはいられなかった。終わり方は賛否両論あるようだが、本人に語らせてしまう事で喬子の人間像が壊れてしまうような気がするのでこれで良いと感じた。

  • 引き込まれた。
    現実世界にもこのような人がいるのだろうか。
    自分の力の及ばないことが原因で、他の人に成り済まして暮らさなければならない喬子に深く同情した。

  • 宮部みゆきは人が抱く悪意や弱さが引き起こす怖さについて表現するのがとても巧みで、読後、何かをぺったり背後になすりつけられたような気持ちになる。

  • カード破産などの借財トラブルを基盤に、自分の過去から逃げるために罪を重ねようとする女性を捜し出していく。目的の女性を捜す過程が正しく一歩一歩であり、その進みの遅さというか重さが犯罪を犯さざるを得ない心境に追い込まれた人間の状況をより感じさせるような気がする。著者の目的からすれば、あの終わり方でいいのだろうが、実際に当該の女性の声を聞いてみたかった。

  • まさかの終わり方にガッカリした

  • 終わり方…!
    そこで終わるのですか?!
    私的にはもう2ページほどの続きが読みたかった。
    いや、でもあそこで終わるから良いのか…?

    クレジットカードには気をつけようと思った。
    新城喬子の狂気が怖かった。
    自分が望む"自分"を手に入れるため。
    その手段を誤って人の道を外れてしまった喬子さん。
    でも幸せへの執念というか、欲望がひしひしと伝わってきて、逆に人間味があった。

    徐々に真実にたどり着くスピード感と、程よく散りばめられた伏線があって読みやすかった。
    宮部みゆきさんの作品は初めて読んだが、他の作品も読んでみたいと思った。

  • 火曜サスペンス劇場的な人間味が生々しいストーリー。
    クレジットカード怖い…(((((((・・;)

  • 面白く、濃密な内容の作品だった。クレジットカードのことや自己破産についての考察など為になった。17年前に文庫化されたので、多少時代を感じる内容もあったが、現代に通じる内容もあり、古さを感じない。彰子の身辺について調べる内に過去が明らかとなり、自分という存在を消してしまう程何かがあったのか、悶々と沸く中で悲哀を感じてしまい、最後の場面は物悲しさを語っているかのようだ。今やクレジットカードは普及し便利だが、乱用による代償の大きさは学校での教育にない弁護士の見解が印象に残り、カード社会の大きな課題だと感じる。

  • 主人公は休職中の刑事、本間俊介。遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになる。徹底的に足取りを消し、自らの意思で失踪した彼女――調べていくうちに彼女を取り巻く事件の真相が明らかになる。
    この小説では、最後まで犯人の口から何かが語られることはない。
    最後の1ページまで気が抜けない本だと思う。(um)

    所在:蔵本2階中央閲覧室
    請求番号:913.6||Mi
    請求ID:311001499


    この作品は最後まで犯人が周りの人の話や証言などでしか登場せず、間接的にしか描かれていない。
    それでも物語を読んでいくにつれて犯人像が浮かび上がってきて、徐々に事件の謎が解けていく感じが面白かった。
    最後の終わり方はすっきりしなかったが、それが逆に心に残った。
    (Ayu)

  • すごかった。
    知らない世界だった。

    人の生まれ育ち…両親が借金地獄、サラ金に追われているだけで子供の未来はこんなにも悲惨なものになるのかと思った。
    (目ぼしい人を殺して、戸籍をのっとって別人になることによってサラ金に追われなくてすむとか…)

    今は法律などきちんとしてて、そういうことはなくなっていると信じたいが…。
    この話が1980年台の話で、私が生まれたときでさえこんなにも世の中は残酷なものだったと思うと、今は生活保護など守られてるなぁ…というか守られすぎてるなぁとも感じた。

    母子家庭で、母が鬱という診断を受けるだけで生活保護がもらえるというこの制度にも疑問を感じるが、この本に書かれている残酷な世間ではなくなったんだとちょっと安心したりとにかく複雑だ。

    否、でも生活保護を知ると「がんばるほうが損じゃん~」なんて下衆な人間もいるし、嗚呼hukuzatsu...

    容姿、学歴、能力がないものは弱者なのか…?
    それなら、がんばったもん勝ちの世の中が私は理想だ。

    今までどう生きてきたかではなく、今をどう生きているかを見てくれる社会になればいいなぁと、私も容姿、学歴、能力がないのでそう思う。

  • 模倣犯の方が面白かったかな。
    宮部みゆきにしては珍しくずっと主人公視点。
    終わり方が粋ですな。

  • クレカ、サラ金の複雑なところをうまく解説しつつ、そこにサスペンスを盛り込んでいる。謎が解けていく快感。

  • 読んでみてようやく、誰もが最高点を与える傑作だと納得!

  • 自分自身が原因で自己破産した女性の人生を,そうとは知らず,両親のローン地獄の犠牲になった女性が奪いとり,うまくいきかけたときに振出しに戻ってしまう。被害者意識が,余計に自分を守り,与えられないものに対し強引に,人を犠牲にしても手にしようと狂気の策に走らせてしまうのだろうか。両親の墓所を求めようとしていた女性を,どういう思いで手にかけたのだろうか。その家族全体の成仏を犠牲にしても,自分の心を保てるのだろうか。人の底知れない闇が,境遇や状況により想像もつかない深さをみせる所に,人間の弱さや怖さを感じた。

  • 最後、「それからの話が聞きたいんやん」って思います(笑)
    推理してく流れなんかは徐々に徐々に一つ一つが繋がってく感じは良かっです。

  • ミステリーとしての完成度が高くて一気に読めました。徐々に種明かしされていってどんどん引き込まれていく感じ。
    模倣犯やソロモンに比べ、長さもちょうどよかった。

  • いつ会えるかと、そして、どんな話をするのかと、それを糧に読んできたこともあり、やっと会えたのに終わり、が少しガッカリ。

    しかし、周りが動き回って、当事者には本当に最後の最後にってのはなんだか面白い。当事者に訊かなくても大体分かってるって面白い。

  • おもしろかった!
    自己破産するって ずいぶん無責任な人だと 自分とは、人種が違うと思っていたのですが なんだか なんでもないことで はまりそうで 怖かったです
    そこから逃げるために 殺人事件を犯すのは、小説なのでしょうけど ドキドキしながら 読みました

  • クレジットやサラ金の借金について焦点を当てたミステリー。
    これは高校生あたりの若者に読んでもらいたい作品だと思う。
    女の過去を辿って会社や人物を訪ね、徐々に明らかになっていく凄惨な過去。
    簡単なほうだったかもしれないけれど自分の推理が当たっていたので凄く満足。
    最後のシーンあそこで終わらせるのもGood。

  • おもしろかった。

    本間が刑事であること、それから弁護士にカード破産の現状を説明させること、等、登場人物の設定にもすべて意味があるのね。

全2043件中 1 - 25件を表示

火車 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

火車 (新潮文庫)に関連するまとめ

火車 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

火花

又吉 直樹

芸人とは?漫才とは?「夢」を追いかけた10年間の話

生き残りの厳しいお笑いの世界で、もはや売れっ子と呼んで差し支えない知名度を獲得した芸人コンビ・ピースのボケ担当、又吉直樹氏による文芸誌のデビュー作。処女作にも関わらず第153回芥川龍之介賞を受賞したことで話題の一冊です。 語り手である漫才師の卵、徳永が地方営業で参加したある花火大会で長年の師匠となる神谷と出会ったところから物語は始まり、この二人の会話を中心に物語は進みます。 大きな一つのストーリーがあるわけではなく数ページほどでまとまっているエピソードが無数にある形式で、エッセイを読んでいるような気分に陥ります。一見つながりの無いように見えるそれらのエピソードの中で少しずつ時間とともに物語は進み、変わっていく環境に翻弄される師匠と弟子。二人のやりとりはそれこそ漫才のようで、ボケとツッコミが入り交じりますが、不思議と滑稽さを感じないのは本書に於いて著者が記した「笑い」に対する分析が真摯なせいでしょうか。

直接的に感情移入できるような文章では無いにもかかわらず、徳永が煩悶する姿を見るにつれ引き込まれ、クライマックスでは感情の昂ぶりを抑えられなくなってしまいました。 終盤の意外な展開は著者の芸風にも合ったシュールな仕上がりで不思議な読後感を作り出してくれます。

本の詳細&レビューを読む»