火車 (新潮文庫)

  • 17867人登録
  • 3.78評価
  • 1953レビュー
著者 : 宮部みゆき 
  • ¥ 1,069 /
  • 新潮社 /
  • 1998年01月30日発売 /
  • 590ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784101369181
  • (2363)
  • (2460)
  • (3524)
  • (290)
  • (68)

火車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

全1953件中 1 - 25件を表示

火車 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

火車 (新潮文庫)に関連するまとめ

火車 (新潮文庫)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

日本歓楽郷案内 (中公文庫)

酒井 潔

「大日本帝国」のイッツソークールな大人の夜遊びガイド

酒井潔と言うと、かの発禁書『エロエロ草紙』で昨年「タモリ倶楽部」でも特集も組まれてブレイクしたため、わりと知ってる方も多いながら、軽く「ネタ」消費されてしまっただけで他の作品含めて腰据えて読んでいる人は少ないわけですが、本作を中央公論新社が文庫で復刊させたのはとても偉業です。
「エロ・グロ・ナンセンス」だけの作家と思われがちな酒井ですが、1920-30年代の「帝国」の「エロ」は一種の都会的ダンディズムの表出でもあったということがよくわかり、言うなれば戦前のバチュラー兼都市生活者へ向けたライフスタイル指南書です。ディレッタントでありエピキュリアンであるところの都市遊歩者であった酒井のモジ(モダンジイサンの略)としての面目躍如たる筆が各所に冴えており、例えば新宿駅から眺める都市観察者の眼差しは一級のエッセイです。馥郁たる夜の街路をこの歓楽街からあの歓楽街へと遊歩する酒井の影追って徘徊しているような気分になります。ぷらっと"モダン日本"へタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。