火車 (新潮文庫)

  • 18299人登録
  • 3.78評価
    • (2400)
    • (2509)
    • (3548)
    • (294)
    • (68)
  • 1979レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • ¥ 1,069
  • 新潮社 (1998年01月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN:9784101369181

火車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ある女性の正体に、じわりじわりと近づいていく感じがたまらない。

  • 分厚かったから読んでなかったけど読み始めたら先が気になって2日で読んじゃった!
    もう少し続きが知りたいけどこれはこれで。
    個人的にはヘビの脱皮の話が興味深かった。
    鳥肌たったけど(笑)

  • 長編なので波に乗るまで時間がかかるかと思いきや、数ページを読んだだけでこれは面白いぞと確信し、そのまま最後まで見事に飽きさせなかった。
    時代設定が20年以上も前なので、今と社会情勢が違うし、個人情報に対してずいぶん管理が杜撰だと感じたが、まあそういう時代だったのかなと。

    読み進むにつれて、新城喬子に惹きつけられる。彼女の生い立ち、悲惨な人生、それに美人。幸せになりたいだけなのにうまくいかない彼女になんとか幸せになって欲しい。もう楽にさせてあげたいと願う気持ちが出てくる。
    さらにクレジットカードという身近なものが一歩間違うと、とんでもないローン地獄に陥ってしまう恐怖。彼女だけが悪い訳ではないという同情心をかきたてる。
    もう彼女がなかなか登場しないから、想像で勝手に悲劇のヒロインを作り上げちゃったよ。だからこそ、最後のオチが生きてくるんだなと。うまいなあー。

  • とても面白くて一気に読みました。頁を捲る度に謎が解けていくのが爽快です。

  • タイトルの火車は、「ひぐるま」じゃなくて「かしゃ」って言うんだな。それはともかく、宮部の代表作の一つだけあって、頁をめくる手が止まらない。いい読み応えだった。

  • 他人事ではないと感じさせられつつ、どうしても最後まで自分の身に迫って考えられなかったのは、それこそ今の時代の経済状況や人々の欲求の方向が、バブル崩壊前後のそれとは大分異なって来ているのではと思うからなのでしょうか。

    ただ、こういう時代があったからこそ今の時代...自分は蛇だと誰もが悟り、諦観の方が世の中を占めている今...が作られていったのかなと考えさせられました。

  • 休職中の刑事である主人公が、彼の亡くなった妻の遠い親戚から、失踪した婚約者の捜索を頼まれたことから始まる物語。 宮部みゆきは初めてで、最初に勧められたのがこの作品。 雰囲気が松本清張に似て... 続きを読む

  • 宮部みゆきの本を初めて読んだ。

    ううん、何でこう中途半端に終わらせるかな。
    わかんない。
    最後まで語らず、読者の想像に任せてるんやよ。
    って言うかもしらんけど私はそれを、気取ってる、または無責任と思ってしまう。
    もちろんそう思わへん作品もあるけど、この作品はなんかすべてが雑な気がした。
    この人の作品はこういう作風なんかな?
    もちろん面白かった。
    なるほどなるほどと思って読んでた。
    けど、わかんない。
    この作品の良さが。

  • 大学生時代に読んだ気でいたけど、話の内容、全く覚えていなかった。だから、初読じゃないか、と思いを新ためた次第。当時は大きな社会問題になっていた、クレジットカードに焦点が当てられている。でも今読んでも古臭さは感じないし、先の展開から目が離せず、気付いたら読み込んでしまっている、っていう語りの妙もさすが。実際の殺人場面が全くでないせいか、グロテスクさは皆無。でもそれが、ミステリにとどまらない普遍性を、この作品に与えていると思う。面白かったす。

  • 身近に起きそうなカード地獄ですが、地獄と思わせない、けど地獄なのだ。の様な、重さを感じさせずに詠みきりました。
    大作は読み応えがあって好きなので、今後も期待しています。

  • 母に勧められていたけど、なかなか機会がなくて今まで読むことのなかった作品。
    これだけ中身の詰まったものを、飽きさせずに読ませる作者の筆力に脱帽です。

    カードローンに関する細かな説明をする部分なんかは、小説としては書きにくいだろうに、読者を置いてけぼりにすることなく、尚且つ丁寧に語られていた。

    また、事件の真相に迫っていく過程は、読者に対して公平に提示されていて、推理の飛躍や詰めの甘さが全く無いことも素晴らしい。

    それだけきちんとした推理小説であるにも関わらず、肝心要である殺人自体についての語りを伏せている演出も、この作品においては好感がもてた。喬子の吐露が最後に描かれていたなら、きっと読者のイメージする喬子像が霞むだろうし、蛇足になってしまってたんじゃないかな。

  • 久々の宮部みゆき。
    かなり細かく書かれていた。
    でも、最後まで理由がはっきりしなかったのがもやもやした。

  • クレジットカード地獄で逃げ場所を探し続け、身分入れ替えをして、また逃亡することになった女性の足跡を辿る物語。
    「お金もない。学歴もない。とりたてて能力もない。顔だって、それだけで食べていけるほどきれいじゃない。頭もいいわけじゃない。三流以下の会社でしこしこ事務してる。そういう人間が、心の中に、テレビや小説や雑誌で見たり聞いたりするようなリッチな暮らしを思い描くわけですよ。…略」
    いかに自分が恵まれているかを思い知らされ、現在の境遇で生きることの意味を考えさせられる本であった。

  • 話はカードローン地獄が軸となった事件が展開されていきますが、カードローン地獄というものに自分や家族が陥った場合の恐怖を読んでいくにつれて思い知らされ、これは対岸の火事ではなく、自分自身で戒めていかなければならないことだと思います。
    本格推理小説というよりは、現代社会への警鐘のような話ですが、それが事件と絶妙にミックスされていて、本当に面白かったです。最後の終わり方も、この物語は、あくまでここまでたどりつくまでの過程の内容が大事であって、事件を明らかにすることがもう大事ではないという感じで、賛否両論あると思いますが、私的にはこれはこれで良かったと思います。

  • もう何年も前に読んだ本。面白くて一気に読んだのを覚えてる。

  • 休職中の刑事が妻の甥に頼まれて彼の失踪した婚約者の行方を探して行く内に悲惨なガード破産から戸籍の乗っ取り・殺人・・・。
    初めて読むと思っていたが、読み進んで行く内にに、あれ?
    このストーリー何処かで読んだぞ!
    最初は中々読み進めなかったが、
    途中からは一気に読み進んでいました。

  • カード社会のこわさを学ぶ作品。誰にでも起こりうるのではないかと考えさせられる。

  • 休職中の刑事が遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者である女性を探すことになった話。クレジットカードのローン地獄の話など誰にでも起こりうる借金地獄についてテーマとなっている。 読み進めるとこの名前を変えてまで、人を殺してまで幸せになりたいという女性の本性が浮き彫りにされてくる。 今はあまり聞かないけど、昔は借金取締法などなかった時はすさまじい脅しかたと何がなんでも働かせてお金を作らせるというのがす... 続きを読む

  • 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を探すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して。なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さなければならなかったのか?いったい彼女は何者か?謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。


    失踪した彰子を探しているうちに、1人の全く違う女性が浮上する。彼女はなにから逃げようとしていたのか。幸せになりたかっただけの2人の女性に一体なにがあったのか。カード社会の落とし穴をみれた気がする。最後の終わり方が私的にスッキリしない。なんて声をかけたのかな。

  • カードローンの話です。

    点と点を線で繋いでいく
    そんな小説です。
    題材は難しい、取っ付き難い題材なのですが、
    宮部さんはすごく分かりやすく、
    噛み砕いて小説になっていました!
    私でも分かるくらい。笑

    私自身カードを簡単に使ってしまうのですが、
    少し自分自身に警告音を鳴らしました。。。

    為になる小説でした。おもしろかったです・▽・

  • 読みやすいのに、飽きる隙のない小説だった。

  • 不幸な生い立ちの女が、よく似た境遇の女になりすまして生きようとした。
    休職中の刑事が秘密を暴く。
    カードクレジットにより自己破産した女
    マイホーム借金による負債で身を売った女

  • 宮部さんのミステリーはどんなに長編でもあっという間に読んでしまうくらい物語に引き込まれる。少し時代背景が古いので、ぜひ現代バージョンを書いて欲しいくらいです。追って、追って、だんだん確信に近づく緊張感は宮部さんしか書けないのではと思います。

  • 20年ぐらい前の作品ですが、今読んでも十分面白い。 これを読んで、自己破産を申告すると盗りたて屋が来なくなること、カード地獄に陥りやすいのは、案外真面目な人だということ、ハローワークには7年間個人情... 続きを読む

全1979件中 1 - 25件を表示

火車 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

火車 (新潮文庫)に関連するまとめ

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

3時のアッコちゃん

柚木 麻子

悩める働く女性に読んでいただきたい(前作もあわせて)

大女で起業して大成功したアッコさんは、いつも仕事での人間関係などに悩んでいる女性をほっとけない性格で、まったく知らない人に声をかけて自分のお店のスムージーを飲ませたり、強引ながらもターゲットになった女性がどんどん元気になっていきます。
前作の「ランチのアッコちゃん」は本屋大賞にもノミネートされた作品で、前作と同様に、アッコさんが豪快な活躍で読んでてグッときます。
本書は連作集で、今回は最後の2篇は関西を舞台にした話ですが、最後の「梅田駅アンダーワールド」は、大阪に来たら誰しも迷うことでおなじみの梅田地下に来たことがある人は笑いながら読める作品です。
短編の集まりなので、とても読みやすく、冬休みにちょっと軽く読書したいな~って時にオススメの1冊です。