火車 (新潮文庫)

  • 20735人登録
  • 3.79評価
    • (2587)
    • (2779)
    • (3710)
    • (337)
    • (75)
  • 2147レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • ¥ 1,069
  • 新潮社 (1998年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369181

火車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中盤、中だるみするが、ラストのスピード感は素晴らしかった。多重債務という、普通は関係ないと思う、もしくは思わず目を背けたくなる問題へ興味を抱くキッカケともなった。

  • これ、リアルタイムで読んだ時、衝撃的だったなぁ。今の子達が読んでも、当時のおじさん程の衝撃は受けないと思うけど。文庫本を買って読んだんだけど、ハードカバーを本棚に飾って置きたくて買いに行った。そしたら店員さんが「これ、文庫もありますけどぉ?」と親切に教えてくれたヨ(笑)これ、何で直木賞獲れなかったかなぁ?作者が高卒だから?なんて当時は邪推したりした。今の子達には伝わらない感覚だろうけど。

  • すごい!
    読み応え十分!!

    朝から晩までかかったけど1日で一気読み。
    徐々に核心にせまっていくので、おもしろくて読み飽きない。読み終わっての余韻もいい。

  • 火車=火の車ってことね!と膝を打った一冊でした。

  • 消費者金融のあり方をテーマとして描いたミステリー小説。
    今まで読んだ本の中で最も面白かったといえる。
    都会での1人暮らしの夢からカード破産に陥る女性や、無理なマイホーム購入で離散に陥った一家など、借金に翻弄される人生を目の当たりにする。

  • 今まで読んだ本で1番の本!

    「あなたは違う人の話をしている」(実家にあるのでうろ覚え)

    で鳥肌ゾワゾワ。どうなるの〜!!

    泪橋で涙腺崩壊。

    本当におもしろい!

  • 宮部みゆきを未読だといった縁で友人に借りた一冊。1990年代初期の雑多に日本の風景の中で、ある事件から浮かび上がる「新城喬子」という女性を追うミステリー。

    ミステリーはあまり好きくなくて読まないのだが、本作は所謂謎解きミステリーではなくて、事件を追う刑事の目線から紡がれるヒューマンドラマの色が濃い作品である。

    張り巡らされた伏線と、少しずつ追い詰めて行く刑事の嗅覚、膨大な登場人物。長編小説の魅力を詰め込んだ一冊でした。
    ここまで大きなストーリーを綻びなく紡げるテーブルの広さ素晴らしい。

  • 休暇中の刑事が遠縁の男性に頼まれて婚約者の行方を捜す。
    面白かった。
    模倣犯を読みたいと思いつつあの長さに手が出せないでいるうちにこの前やってたドラマをつい見ちゃったら面白くて、だったらやっぱり最初に小説を読みたかったなと凄く後悔したので久しぶりの宮部さん。結構分厚いこちらをチョイス。
    ぐいぐい話に引き込まれて時間がたつのも忘れるぐらい没頭できた。
    怖い話だったけど、小説を読むのって面白い。

  • 徐々に薄皮を剥ぎながら真相に近付いていく感覚が堪らない。この実態に気付き小説にした著者の先見の明は素晴らしい。

  • 面白い! 東野圭吾の白夜行とテイストが似ていると思う。

  • 3.5
    破産と戸籍乗っ取りの話。クレジットでの借金連鎖は誰にでも起こるよう。喬子の過去や犯罪へのジレンマを考えると切ない。

  • クレジットカード社会の問題(カード破産など)をテーマにした社会派小説

    ページ数も多く、読みでがありました

  • 他人に成りすました女性の行方を追う。
    いまさらながらの、初めての宮部みゆき。
    なぜいままで手に取らなかったのでしょう。分厚い内容をもろともしない面白い展開で、あっという間に読んでしまいました。

  • 20年ぶり、内容を忘れていてまた夢中になって読んだ。ストーリーが面白いのは勿論、人情の機微?の表現がうまいなぁ~と思った。

  • 二人の若い女性が、借金による生活の破綻で人生が交錯する物語。サラ金が社会問題化する1990年ころが舞台。
    みんな人生を背伸びして生きている。幸せと夢を追い求めた追い求めるために。しかし、その結果、自分ではない誰かになっていってしまう...
    佐高信さんがあとがきで、この小説が直木賞を取れなかったのは経済小説を軽んじる審査員のせいだと書いていたが、全く同感です。
    先日の都知事選で出馬しようとした弁護士・宇都宮健児さんが、作中の弁護士のモデルと知って読みました。
    映画になっていれば、見たいものだと思ったが、韓国で2012年に映画化されているが、日本ではテレビドラマに2回なっている。
    日本での美貌のヒロインは、1991年が財前直見、2011年が
    佐々木希。前者がぴったり来るが、後者がどんな演技で臨んだのか見てみたい。

  • 20年ぶりの再読。
    1980年代後半から90年代にかけての懐かしい風景がよみがえってきた。まだ携帯電話が普及していない時代。人々のコミュニケーションの濃密さ、人間臭さに引き込まれていった。休職中の刑事、本間は、さほど仲のいいわけでもない従兄弟のため、私生活をなげうって失踪した「彼女」を探す。途中で知り合った保もまた、真相を突き止めたい強い思いから、本間に協力。さらに、本間の息子である智や、彼の面倒を見てくれる近所の夫妻、本間を助ける同僚の碇など、互いが互いのために動くのだ。(一体みんな、どこまでおせっかいなの?と言いたくなった。)

    本書の中心は、第三者になりすます女性、多重債務の問題である。物語は一貫して「喬子」を追う。遠い昔読んだ時は、最後に彼女がどのように姿を現すかに焦点を当てていたと思う。

    今回の読書では、作者、宮部みゆきさんの登場人物に向ける公平な眼差しに心が温かくなった。加害者、被害者の別なく、人間性に対して客観的、という意味である。

    再読のきっかけは同タイトルの韓国映画だった。映画を観ても遠い昔に読んだ本書を思い出せず、もどかしかったからだ。結果的には、内容を忘れていたからこそ、映画も、その後に読んだ物語も両方楽しめたのだと思う。

    あと20年もたてば本書の内容をかなり忘れているだろう。そのころ再読してみよう。時代の変遷をどのように感じることができるか、今から楽しみだ。

  • 今さらながら、初めて手を出した宮部みゆき。
    スピード感のある小説をネットで探して、引っかかった作品。

    読み始めてすぐに内容に引き込まれ、展開が気になり一気読み、かなり楽しんで読めた。
    最後のシーン、「新城喬子」本人からの告白の部分をもう少し聞きたい気持ちになったが、深みを持たせる意味でココで終わる形が良かったようにも思う。

    東野圭吾と作風が似ているが、より一歩個々の人物、その内面に寄り添うところが特徴だと思う。

    <印象に残った言葉>

    ・たぶん、彼女、自分に負けている仲間を探していたんだと思うな。(P345 大杉郁美)

    ・一生懸命、何度も何度も脱皮しているうちに、いつか足が生えてくるって信じてるからなんですってさ。今度こそ、今度こそ、ってね。足なんか生えてこなくても、立派に蛇なんだから。だけど、蛇は思ってるの。足があるほうがいい。足があるほうが幸せだって。(P488 宮城富美恵)

  • 題材も時代背景も古いと思いつつ、それがかえって味わい深いです。バブル崩壊直後あたりなんですね。
    最後にどんでん返しとかサプライズが用意されているわけではなく、主人公の大まかな仮説に添えられた幾多の謎が納得の形で解き明かされていき、読み味はとてもよいです。
    家政夫や息子など掘り下げたら面白そうな設定も魅力のひとつです。

  • 名作でした。最初は正体不明で君が悪かった偽物の存在。物語が進むにつれ、段々とその偽物の人の壮絶な人生が明らかになっていき、自分ならどうしただろう、と悩んでしまいました。最高の作品ですね。

  • 今年読んだ中で一番面白かった!小説は読まない夫もこれは面白いと話しています。

  • テレビで観て再度読みたくなりました。ドラマとの違いなんかもわかってとても楽しかった。
    宮部みゆきさんはすごいね。

  • 現代のクレジットカードの怖さについても学べた。また、借金取り立てに慄く人々の人生についても学べた。過去も未来も自分という存在では幸せにはなれないと思ったきょうこさんが、同じ境遇をもった若い女の人を狙い人物ごと成り代わるという物語には衝撃的でした。
    宮部みゆきさんの作品を初めて読みましたが、ミステリー小説のエースと言われてるだけあって中々内容に取り込まれていきました。

  • 宮部みゆきさんの本、ずっと気になってたけれど、初めて読みました。

    事件物、サスペンス物とかはあまり得意ではないんだけど、この作品は気持ちを入れやすい事件物で面白かった。

    最後の先にある、彼女の口からそれまでの彼女の半生の話を聞いてみたかった。

  • 作中に、自分の人生の転落を振り返ってぽつり、ただ幸せになりたかっただけ、との一言がある。誰しも、はじめから誤りを起こそうとするのではない。一種、用意周到に外されたレールを前にブレーキが間に合わず、いつしか火花を立てて加速し、奈落のそこへと飛び込んでいく。地獄に人を送り込むという、火車、本作で描かれる、その人生の変貌ぶりのみならず、読了感としても、火車よろしく、穏やかに始まったものの、あっという間に引き込まれ、放心状態で立ち尽くしているよう。

全2147件中 1 - 25件を表示

火車 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

火車 (新潮文庫)に関連するまとめ

火車 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)の単行本

ツイートする