火車 (新潮文庫)

  • 18775人登録
  • 3.78評価
    • (2431)
    • (2562)
    • (3585)
    • (302)
    • (69)
  • 2005レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • ¥ 1,069
  • 新潮社 (1998年01月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369181

火車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 持ってるはずなのに見つからなくて(引っ越しで埋もれてる)図書館で借りて再読。
    そうか、こういう話だっけー! スッカリ忘れてたからとっても面白かったです。
    現代にまで通じる問題だよな-。

  • 多重債務問題を核として、クレジットカードの功罪、住宅ローンの重圧、破産者の悲劇や戸籍乗っ取りの闇などを描く。
    次第に明らかになる「関根彰子」と「新城喬子」の凄絶な人生、両者の交錯、そして新城喬子の行方。ついに加害者本人の口から真相を―というところで物語の幕は唐突に下ろされてしまうが、それがかえって読後に深い余韻を残す。
    ただ、クレジットカード会社を加害者、多重債務者を被害者と位置づける短絡的、片面的な描写には興ざめしてしまう。自己の資力をかえりみずに借財を重ねる多重債務者の思慮浅薄も非難されてしかるべき。

  • すごい勢いで読んだものの、
    ラストはちょっとがっかりしました。
    そこからが知りたいんやん。と
    声に出すほど。(笑)
    でもおもしろかったです。

  • ローンの簡単さと危うさ、その罠に落ちたあまりに悲しい運命。休職中の刑事をとおして繊細に描かれています。火車という言葉の意味を思いながら、一気に読めました

  • 面白かったです。

  • 休職中の刑事が追う、失踪中の女をめぐるミステリー。個性豊かな捜査協力者たちの証言をもとに、失踪の確信に迫ってゆく・・・。特筆したいのが、カードローンの恐ろしさをリアルに描いている点。実態のない資金ゆえ、借りすぎによる借金地獄。返済のため、別のカードローンを乱発させられることによる借金の膨れ上がり・・・。カードの「負の側面」を受けることの恐さをこの作品で教わったきがする。

  • なんという終わり方なのか…宮部さんは「誰か」三部作でちょっと嫌になったりもしていたのですが…。物語の終わりはこれからの始まりで、「いやいや、そこからを知りたかったんですけど!!」と声に出して突っ込みました。追いかけて行く過程はハラハラしっぱなしで、確実に翻弄されてました。自己破産の凄まじさを知れば手元にあるカードが悪魔に思えてきます。たっぷり2日かけて読みました、でも、この事件は何も終わらない、なのにそこへ辿り着くまでの過程だけでこれだけ読ませるなんて宮部さんって本当に凄いと思いました。

  • 難しめ。専門知識多め。ストーリは好き。読み直したい

  • 再読できたらいいな本/休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を探すことに。徹底的に足取りを消し、自らの意思で失踪た彰子。なぜそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

  • 昭和の人間としては、
    入ってける作品でした。


    最後、もうチョットください!!
    って思う余韻がええですよ

  • 2chの読書オススメ板で異常に人気な本ですが、平凡だと思いました。戸籍人探し系のミステリーは他にもあるし、この本が特別優れているようには思えませんでした。しかしこれは期待が高かっただけとも言えます。失踪する人は小説として読んでドラマティックな事情があるのではなく、ただの普通の人なんだよということを描いた小説だと思いますので、エンタメ性はその分下がっても仕方がないと思います。

  • 主人公である休職中の警官が親戚から「結婚相手の女性を探してほしい」という相談を受けるところから物語がスタート 結婚が決まった後、女性のクレジットカードを作ろうとしたが、女性はいわゆるブラックであ... 続きを読む

  •  1992年上梓された本であるから、20年以上前になります。いささかも古さを感じさせません。この当時には、今現在の社会を構成させるほとんどのものがあったのだと思います。それに、細部にわたる描写のうまさが何と言っても古びることをさせない、ミステリーの古典にさせているのです。警察という組織を使わずに、一人の人間を追い詰める臨場感は、小説の最後まで持続させます。それこそ、20年ぶりの再読に改めて感動しました。

  • よく面白い小説として紹介されているので読んでみたが最初から最後まで全くもって面白くなかった。結局何一つ解決されていない気がする内容だった。

  • 作者の中で1番好きな作品!!何度も読んで何度もドラマ化されて、その都度読み返してる。

  • クレジットカードに纏わる犯罪を題材にした小説。
    ハラハラする様な推理小説ではなく、淋しさが淡々と漂う様な話。
    クレジットカード、私は持ったことがありません。
    実物としてのお金が手元にないのにお金同様の働きをするあの仕組みがどうも苦手で。
    ちゃんとした利用方法で使えばとても便利なのでしょうけれど、やっぱり少し怖い。

    一歩間違えてしまったら誰でも小説の中の女性の様になってしまう恐れがあるんだよなぁ。
    読み終えて、やはりカードを持たない主義を貫こう!とひっそりと思いました。

  • この作品が良くないものだったと言いたいわけではないが、納得のいく結末で終わってほしかった。

  • 本を読むきっかけになった本

  • んー、すっきりしない感じ。

  • この作品は昔、TVドラマで観てとても衝撃的でした。三田村さんと財前さんが出ていたドラマで、ラストが今でも印象に残っています。親戚の失踪した婚約者を探してほしいと頼まれた休職中の刑事本間。探していくうち... 続きを読む

  • いろいろと怖かったです。
    考えさせられました。

  • 2015年1月4日読了。この作品を読むのは二度目だけども、展開がわかっているにもかかわらず、こんなにストーリーにのめりこむとは思わなかった。この新城喬子という女性の怖さ悲しさ寂しさにあふれた生活に心臓が飛び出そうになった。でもかわいそうな女性だと思う。親のせいで人生が最初から不幸せなものだったんだから。消費者ローンは本当に怖いなと思う。私もクレジットカードを持つ身だが、残高が膨れた時の怖さはいつもある。買い物をしているときは忘れてしまう感覚だ。弁護士役の宇都宮先生のカード破産する人のことについての説明はわかりやすかった。私も自己破産する人はだらしない人が多いと思っていたが、まじめな人が多いというのはどきっとした。私もまじめではないけども、気をつけなければいけないなと思う。そんな社会に対しての警告のような話だったと思う。何度読んでも勉強になるので、また時期をおいて読み返したい。

  • お、おもしろい。。。! 新年一発目に読んだ小説は大当たりでした。 92年にかかれた火車。 借金の火車のハナシと思って読み始めましたが、予想の上の上をいかれた感じでした。 分厚い文庫本も一気に読めるわけです。 まず今や周りのほとんどの人がクレジットカード持っています。銀のカード。 いまネットの架空世界のオプションを買うのにカード利用する人も多いですが、あれはこれの究極系だなあと。... 続きを読む

  • 良かった。
    小説だが、司法書士や弁護士で債務整理に携わる人に読んでおいて欲しい一冊。知識としてというか、感じ方の幅として。

  • ある女性の正体に、じわりじわりと近づいていく感じがたまらない。

全2005件中 1 - 25件を表示

火車 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

火車 (新潮文庫)に関連するまとめ

火車 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

火車 (新潮文庫)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

orange(1) (アクションコミックス)

高野 苺

10年後の自分から届いた手紙

ある日、主人公である女子高校生の高宮菜穂に10年後の自分から手紙が届きます。
その手紙には転校生の成瀬翔にこれから起こる悲しい出来事が書かれていて、そのこれから起きる出来事の結果を変えるためのお願いが書かれています。菜穂はひとりでその手紙のみを手がかりに、その出来事が起きないように努力をしていきます。現在発売されている4巻では、いつも遊んでいる友人たちの存在の大きさに気づかされていきます。
高校生たちの日常や青春を織り交ぜながらも、その何気なく選択していくことが、いろいろな人生の結果を導いてるということ、そして存在していた未来を選ばないということに気づかされます。
元々は、別冊マーガレットで連載されていました本作ですが長期休載を挟んで、月刊アクションで連載再開されています。元々は少女漫画雑誌からスタートした作品ではありますが、ブクログでも男性読者の割合が徐々に増えており、男性も楽しめる作品だと思います。
順調に部数も伸ばしていて、おそらく今年ブレイクする作品と思い、おすすめさせていただきます。

本の詳細&レビューを読む»