堪忍箱 (新潮文庫)

  • 2585人登録
  • 3.38評価
    • (113)
    • (278)
    • (745)
    • (50)
    • (1)
  • 185レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2001年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369228

堪忍箱 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時代小説八篇。
    ちょっと空恐ろしくなるものから、思わず涙ぐみそうになるものまで思いさまざま。

    宮部みゆきははずさない、という圧倒的安心感の中読めた。

  • 江戸物。世話物。短編8話。堪忍箱。かどわかし。敵持ち。十六夜髑髏。お墓の下まで。謀りごと。てんびんばかり。砂村新田。解説金子成人。よかったのは「敵持ち」。隠れてなきゃいけないはずの「小坂井の旦那」(浪人)が、加助の女房に頼まれ、用心棒になってくれる。不穏な空気を察して立ち回り、罪を着せられることなく無事に。武家が町人のために自分の危険を承知で。心温まる宮部みゆきらしいお話。2013/05/29第26回名古屋de朝活読書会で紹介。http://bit.ly/17p2xde

  • ついつい宮部さんの書く江戸物には「ほっこり」を求めてしまっている自分に気付く。
    短編集でそのどれもが何となくスッキリした終わり方ではなく、心にザワザワしたものを残した。
    最後の「砂村新田」が良かったかな。

  • お話は上手いけど、苦しい話が…

  • 時代小説短編集。
    開けたら災いがふりかかるので、けして中を見てはならぬ、と代々当主に受け継がれてきた“堪忍箱”。それを開けたが故の不幸なのか、読者の想像にゆだねる結末は、より一層人間の見たいという好奇心に負けてしまう心の弱さを浮き彫りにしているように思えて、じわじわとした怖さがありました。
    印象に残ったのは『お墓の下まで』。タイトルから怖い話を想像していたのですが、本当の親子ではない家族が、それぞれ“墓まで持っていく”秘密を抱えていながらお互いを思いあっている姿に心が温かくなりました。

  • 宮部みゆき著 「堪忍箱」

    宮部みゆきさんの時代小説にはまり込んでいる。
    ただ、拙い筆でどれだけ素敵な作品か、どんなに感動したか、その感想を書き込んでみなさんの目に触れてもご迷惑と思っていたのでずっと控えておりました。
    けれどこの8編の短編集には今までになく感動。市井の人々の想い、悲しみ、喜び、悲しみが胸に染み入る清らかと思える文章で描かれている。
    なので禁を破り感動したことだけでも知っていただきたく書き込んでしまいました。
    かつて「我らが隣人の犯罪」で出逢って以来宮部ワールドに惹かれ続けながらも諸事情により一時休憩。
    そして時代小説で再会してから、今まで感じていた宮部みゆきの魅力はほんの入り口に過ぎなかったのではないかと感じ始めていた。
    その魅力は上に書いたように私の拙い筆で書くよりも読んでいただいて知っていただければと思います。

  • 宮部さんの作品は、あらかた読んだつもりだったが見たことのない題名を本屋で見つけて購入。
    短編集だったので、気軽に読めた。

    「砂村新田」が、ゆっくりじわっときて一番良かった。

  • 宮部さんの作品なら、あともう少し、詰めが甘い様な、切れが悪い様な…そんな感じでした。
    誰もが持ってる人の心の少しの陰りを少しづつの物語にのせた短篇集でした。

  • 八つの短編からなる一冊。どれも味わい深い作品ですね。個人的には『敵持ち』『お墓の下まで』辺りが好きですし、『謀りごと』なんかは上手いなあと感心しました。

  • (2017-05-13L)(2017-06-03L)

全185件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

堪忍箱 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

堪忍箱 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

堪忍箱 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

堪忍箱 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

堪忍箱 (新潮文庫)の単行本

ツイートする