あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)

  • 2962人登録
  • 3.81評価
    • (333)
    • (383)
    • (521)
    • (19)
    • (3)
  • 259レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2006年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369303

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  ふね屋に住む亡者たちの因縁に迫っていく下巻。

     下巻の前半から中盤にかけては、上巻で行われたふね屋での霊能力比べの際に起こった事件の真相を探っていく展開。

     関係者全員が集まっての大立ち回りは結構混乱もしましたが、(亡者は人によって見えたり見えなかったりするので生者と亡者が一堂に会すると誰が誰の声を聞いているのか、見えているのか非常に分かりづらいのです)
    そこで明らかになっていく人の業の深さ、感情の機微の書き分けの素晴らしさは相変わらずのクオリティの高さ!

     生死の境を彷徨ったおりんを除いて生者が亡者を見るために必要な条件は、「亡者と生者が同じ境遇や心情を抱えているということ」例えば、親のいない子どもの霊が見えるのは同じように親のいない子どもだけという具合です。

     だからこそ亡者たちは生者たちに強く呼びかけます。
    それは「お前の気持ちはわかる。お前も一緒に堕ちよう」という悪魔のささやきであったり「お前はこうなるべきではない」という心からの叫びであったり、
    そうした叫びを通して人の在り方、業の深さを強く考えさせられました。

     クライマックスの霊たちの因縁が明らかになるところが中盤の大立ち回りと比較してあっさり気味に感じられたのが残念なところ…。もうあと100ページあっても全然文句はないのに(苦笑)。

     でも別れのシーンはやっぱりグッときました。特におりんとおりんに対してあかんべえばかりしていた、亡者のお梅が最後におりんにかけた言葉は悲しくも温かかったです。

  • 他の人とは異なり、自宅の料理屋「ふね屋」の幽霊全員を見ることができるおりん。
    そんな小さな女の子おりんがふね屋で彷徨っていた5人の幽霊との関わりから世の中の憂いも楽しさも義理も知っていく。

    他の幽霊を見ることができる人でも、ある人は小さい女の子だけ、ある人は料理人だけ、と特定の幽霊しか見えていないようだ、と次第に分かってくる。
    それは、
    「お化けとその人間のあいだに、似たようなものがある場合――それぞれに、似たような気持ちのしこりを抱えている場合」
    「大人はいろいろな思い出を持っている。生きていると、否応なしに色々の重いが溜まるものだから」

    「亡者は、それを見る人の心を映すものなんだ」
    ・・・・・・と。


    本の中のお化けや人物のしこりや暗い屈託を通して、自分の中のそれを眺めることができる。自分の中の暗いものを欲のままに押し通してしまったらどうなるのか、潔い・気持ちの良い生き方は何なのか、考えさせられた。

    話の重さと反比例に幽霊たちがお茶目だったり、おりんちゃんのかわいらしくまっすぐな気性も手伝って、気持ちよく読み進められた♪

  • そんなに急展開でもないけど、
    いままでの あれやこれやが どんどんつながっていって
    あっさりと終わってしまった。

    お梅の最後が腑に落ちないかなー

  • 謎を解こうと一生懸命のおりんにも、試練が!
    いままで普通の人、
    好い人だったのが、
    意外な過去が暴かれていくのですからね。
    それだけ人の闇の部分は深いってことか。

  • おばけさんたちのことよりふね屋がどうなるのかのほうが気になって最後まで読んだのになんもなしか。

  • 面白い。それなりに謎や不思議があり。ちょっぴり切なさも感動もあって。
    他の人が書かれてるそつのない面白さっていうのがすごくしっくりきた。そういうとなんだかあんまり良い印象ではないかもしれないけど、なんていうか、良い意味で(もわるい意味でも?)枠から出ない安定した面白さだと思う。

  • 幾度も重なる幽霊騒動で暖簾に何度も泥を塗っているふね屋の行く末を心配しつつ、おりんの健気さに助けられた。 中盤まではふね屋がこのままでは潰れてしまうとはらはらしていました。おりんの出生の秘密も明かされ、おりんも少し不安定になってしまう。 それでも全てを受け入れたおりんの「私は愛されて生きている!」という感覚は力強い。その真っ直ぐな心に幽霊たちは惹かれているんだろうと思った。 最後の最後まで目が離せない。

  • 読んで良かった。読み終えて、非常に面白かったという充実感に満ちたのも久々。
    料理屋の土地に因縁を持つ幽霊が集まり、騒動を起こす。この下巻は、様々な因縁や、幽霊の謎の解決編。
    すっきりと、すがすがしい終わりで良かったです。ファンタジー的な小説であり、上下巻とありますが、そう分量も多くなく、趣味としての読書には最適でしょう。
    それにしても、心の闇に共通点があると見えるようになるという幽霊。ホントにいたら、ちょっとやだなあと思うのでした。

  • 亡者は、それを見る人の心を映すもの。

    人間って、何かのきっかけで、いや、元来醜いものなのかもしれない。嫉妬とか、正常な考え方で、どうにかして誠実であろうとしているような。

    でも、色々な人のおかげで、間違った道を行かずにすむことができるのだと思う。人と人との繋がりは、妙だと思うのと同時に、何かしらの理由があるんだよなあって、小説を読んで思いましたとさ。

    それにしても読みやすい。グイグイ引き込まれ、あっという間の上下巻だった。

  • 下巻でも、まだまだ新しい事件が起きて、このまましっくりこないまま終わるのか…。
    と思ったら、すべての事件が一つとなってすっきり納得のいく終わり方だった。
    おりんが良い子だ。

  • おりんちゃん大活躍。おどろ髪も成仏できたし、それぞれの事情が明らかになってワクワク読めた。

  • 玄之介さまのキャラクターがとてもすきで、おりんと玄之介のやりとりがとても可愛かった。
    意外とお化け達とおりんのお別れがあっさりとしていた。

  • おりんの親父に関してだけ見ればコメディでもある。
    一度として作った料理をまともに食べてもらえないという…。

  • 一気に読みました。

  • ざっくり言ってしまえば、おばけさんと料理屋の娘さんが、悪霊を退治する話。
    おばけさんたち、登場人物が魅力的だったなぁ。

  • 2015年10月26日読了

  • やっぱりキャラ造形の妙だね( ´ ▽ ` )ノ。
    お化けや主人公はもちろん、ひね勝や主水之介等々、脇役もそれぞれ魅了的( ´ ▽ ` )ノ。
    できればこれ、何作かシリーズの最終巻にして欲しかった(>_<)。もっとおりんとお化けたちの活躍を読みたかった(>_<)。
    エピソードとしても、雑穀屋の古希祝いとお化け比べの二つだけだから、少々物足りなかった(>_<)。
    ふね屋の今後もさることながら、ひね勝の怪我も気にかかる(>_<)。按摩さん、「亡者のつけた傷は亡者にしか治せない」って言ったくせに、治療してやらないまま成仏しちゃった(>_<)。
    でもまあ、とても面白かった( ´ ▽ ` )ノ。宮部みゆき作品の中でもトップクラス( ´ ▽ ` )ノ。
    2015.6.4

  • 面白かった、最後はちょっとハラハラドキドキ怖かった!!

  • 宮部みゆきの時代小説は好きだな。
    なかなか良かった。

  • ふな屋に助っ人に来ていた島次がお化け比べの日から寝込んでいるという。
    お化け騒動は島次が仕組んだものと決めつけ、子細をはっきりさせると息巻く七兵衛。
    だが、亡者を見ることの出来るおりんには、まったく見当違いの話だと分かっていた。
    やがて。島次には兄である銀次が取り憑いていることが分かる。
    銀次の暴走を止めるため、ふな屋に迷う5人の亡者たちもおりんに力を貸すことに。
    そして。5人の亡者との因縁を持つ、新たな亡者がふな屋に現れる......!

    2015年1月15日読了。
    悲しい、悲しい、亡者の物語です。
    誰もが、ほんの一歩道を違えれば亡者になりうる。それが怖くて、それ以上に悲しい。
    おりんという少女を物語の中心に据える。そこが宮部さんの素晴らしさ。
    生きているおりんと亡者となったお梅、二人の少女は光と陰を思わせます。
    しかし。そのお梅が最後に亡者たちの道標となり、おりんにも光を与えます。
    悲しいはずの物語にしっかりと希望の光を見せてくれていて、心がすっと軽くなりました。
    やっぱり宮部さんの時代小説はいいですね。

  • 「ふね屋」には五人の亡者が迷っていた。あかんべえする少女、美男の若侍、婀娜っぽい姐さん、按摩のじいさん、宴席で暴れたおどろ髪の男。亡者と心を通わせていくうちに、おりんは、ふね屋の怪異が三十年前にここで起きた忌わしい事件に関っていることに気づく。幾重もの因縁の糸はほどかれ、亡者は成仏できるだろうか? ファンタジーとミステリと人情味が絶妙に溶け込んだ感動の時代長篇!

  • 久しぶりの宮部みゆきの時代もの。☆3つ半

  • 一気に読んでしまいました。おもしろかった~

全259件中 1 - 25件を表示

あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする