孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)

  • 3056人登録
  • 3.98評価
    • (334)
    • (413)
    • (243)
    • (43)
    • (9)
  • 253レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2009年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 宮部さんの歴史背景の本はなぜか敬遠していたのだが、本屋で積んであったので久しぶりに手に取る。

    圧巻。素晴らしい。
    なぜ敬遠していたのか自分を呪ったぐらい(笑)

    「ほう」という女の子が主人公で、望まれないで生まれ、疎まれて、あちこちに奉公に出され、やっとたどり着いた地で、いろいろな事件に巻き込まれ、いろいろな人に悪く言われ、でももともとのほうの素直さで乗り越えて生きていく物語。
    私は常々、歴史物を見ていると「この時代の人の命は軽く思われているんだな」と思っていたのだが、本作もそういうところが良くも悪くも上手に描かれている。
    ほうもそれを目の当たりにしていくわけで、その出会いと別れと、その時のほうの気持ちが痛いほどわかり、涙なくして読めなかった。

    最後に、
    かなりオススメ。
    上下巻と長く、難しい表現も多いので時間がかかりそうだが、読み始めると引き込まれる。
    内容も深く、「頑張ろう」と思える作品。

  • 江戸の大店萬屋の若旦那が女中と関係を持ったことで生まれたほう。だが母は死に、店からは疎まれ(ほうの名前が阿呆からつけられたほど)、母の祟りを祓うためといって江戸から金比羅代参にいった途中の丸海藩の地で捨て子のように置き去りにされてしまう。しかしその他で藩医を勤める井上家に引き取られ、初めてほうは人の暖かさに触れる。
    だがそれも面倒を見てくれた琴絵が毒殺されたことで終わりを告げる。毒殺の犯人は分かっているのだが、丸海藩の存続に関わる問題のため表沙汰にすることはできない。真相を知る幼いほうは井上家を出され、ふたたびひとりになってしまう。そのほうを哀れに思った引手の宇佐が面倒を見るが、宇佐も厄介ごとに巻き込まれ、、とひたすら暗い展開の多かった上巻。幕府の要人であった加賀様が流罪で丸海藩にきてから立て続けに起こる事件。謎は深まるばかりであり、下巻でどう回収されるのかとても気になる。

  • 穏やかな土地柄である讃岐国・丸海藩。幕府の要人・船井加賀守が流刑で入領される前後から、領内で連続不審死事件が起こる。
    宮部さんの人物描写に唸る。不幸な生い立ちのほうをはじめ、引き手の宇佐に役人の渡部。医者の舷州と啓一郎親子に嘉介親分。脳内映像で人物像と折々の季節の情景が浮かんでくる。不穏な空気に包まれたまま前編が終わった。後編では心からの笑顔を見せるほうが見たい。

  • 久方ぶりの宮部作品。最初時代小説らしからぬ「セリフまわし」に少し戸惑った感なきにしもあらずだったが、読み進めるにつけ徐々に宮部ワールドに引き込まれていったという感じ。題名の「孤宿」に住む人物は、周りの人々からあれこれ想像されて語られるだけで未だその姿を具体的に現さないが、さてこの後どうなるのだろう。下巻での展開が楽しみ。

  • 天涯孤独の身である女の子ほうとその周りの人々が藩に政府役人が流罪されたことをきっかけに過酷な運命に翻弄されていく様子が上巻では描かれます。

    丁寧に描かれる町の様子や藩がおかれた状況の説明もあって話の動きだしは遅い感じですが、宮部さんらしくやはり登場人物たちの描写が丁寧!
    ほうとほうを預かることとなる引手の宇佐とのやり取りや、途中から大きく見方の変わった登場人物もいてそういう点もいいのですが、特に心に迫ってきたのは登場人物たちが大きな権力による思惑を前にどうしようもない状況に置かれてしまう様子がとてもやるせなく架空の出来事とは思いながらも非常に悔しい思いになってしまいました。
    特にほうの人生は苦しいことばかりで、どうにかしてあげれないのかなあ、と終始思いっ放し。

    上巻では重たい雰囲気のまま下巻に続いていったのでここから登場人物たちにどんな運命が待ち受けているのか、少し不安を抱えながら読み進めていくことになりそうです。

  • 長編でしたが、最初から引き込まれてしまった小説でした。

    というのも、学のない主人公に根気よく、あたたかく生活の知恵や文字を教える大人たちがいるからです。
    ほんとうに、涙が出るほどにあたたかい導き方でした。
    それは真に広く深い知識を持っているからなのでしょうか。それとも性格?

    覚えの悪い子にものを教えるって、とっても大変なことなんですよね。
    三秒前に頭の中に存在したはずなのに、何度繰り返しても忘れられてしまう、教えた内容。
    思わずもれてしまうため息が、目の前の子を傷つけたと気づき後悔する瞬間。思い出します。
    ・・いえ、これが子どもならまだ笑えるのだけど、すでに成人した若者にとなると、ねえ。(苦笑)

    でも、教えるということは、教える側にも力を与えてもらえるものです。
    この作品の中でも、「生きることをやめてしまいたい」と考えている人物がそうなりました。
    無学で賤しい身分の主人公に出会った高貴な身分のこの人物が、ひょんなことから主人公に手習いを教え始めた時から健康面に不安がなくなり始めるのです。


    ものを考えること、学ぶことの大切さを教える者のこと、
    自ら考えることなく噂や他人の考えに流される者のこと、
    純粋であるが故の愚かさ、尊さ・・・
    いろいろなことを考えさせられ、気づき、省みながら読み進め、何度も号泣しつつ、
    ついに読了しました。

    最近は、身体を動かす方面にばかり気を取られて 書くことから遠ざかっていたからでしょうか。
    心の内に悲しくも温かいものがこんなに広がっているのに、それを言葉に表すことができません。
    主人公の「ほう」が「阿呆のホウだから、自分が何を考えているのかも伝えられないのだ」と歯がゆく思う気持ちと同じことを感じています。

  • 江戸から金比羅代参に連れ出された九歳の「ほう」は、讃岐国 丸海藩で捨て子同然に置き去りにされた。
    幸いにも藩医を勤める井上家に引き取られるが、面倒を見てくれていた琴江が毒殺されてしまう。
    一度は引手見習いの宇佐と暮らすが、丸海藩へ流罪となった幕府要人・加賀殿の下女として働くこととなる「ほう」。
    悪霊がいる、鬼が棲むという涸滝の屋敷で「ほう」は無事にすごすことができるのだろうか。


    人の命がとても軽く扱われる時代、何が良いことで何が悪いことなのかわからなくなります。

  • 私は今まで、この作者の作品は「模倣犯」「楽園」などの現代物しか読んだことがなかったのですが、違和感なく物語に入り込めました。

    讃岐国・丸海藩に幕府の罪人・加賀殿が流されてきた。以来、加賀殿の毒気にあてられたかのごとく、雷害や毒死が頻発する。そして、加賀殿が幽閉される屋敷に下女として住み込むことになった少女・ほう。無垢な少女と、悪霊と恐れられた男の魂の触れ合いを描く。

    …というようなあらすじから、もっとがちがちの時代物なのかとイメージしていたのですが、そんなことはなく、時代物初心者でもとっつきやすいと思います。
    舞台装置は江戸時代の小藩であっても、人の心の動きようというものは変わらぬものだなあ、としみじみ感じました。

  • 圧巻。素晴らしい世界観。
    時代ものは敬遠しがちだったが、杞憂だった。
    モデルがあったとはいえ、一つの藩の生活をまるごと構築する宮部みゆきは凄い。

    流罪となって丸海藩に幽閉されることになった加賀様と、身寄のない孤児ほうの話。
    小さい女の子と年配男性の触れ合いって格別に良いものがありますね…。笑。

    雷の描写が凄い。雷って怖いものだな…と読んでいて思いました。
    下巻に入ってから、ページを捲る手が止まらなくなりました。
    面白かった。上下巻完結。

  • 架空の藩を舞台にした小説だが、ネタが分かりやすいところがより一層臨場感を高めている。流石、宮部みゆき。
    生き生きとした少女を描くのは得意な様子だが、この主人公の健気さは際立って胸に迫る。

    上下、2巻完結。

  • 江戸時代、架空の土地である丸海藩。悪霊や祟りなど不穏な空気が渦巻く丸海で不審な死が相次ぐ。時代劇ミステリー。
    上巻の今のところは事件が立て続けに起こるばかりで少々退屈。
    ほうの行く末が気になる。
    下巻に続く。
    2017/10

  • 次々と起こる毒にまつわる事件と妻子と側近を殺した罪で流れてきた男のせいでいろんな人が迷惑を被っている。
    大好きな人を殺した犯人を見ているのにみんなに見間違いだと言われ、家も追い出され、挙句の果てに加賀が住む家に送り込まれたほうが一番迷惑を被っている…。みんな、ほうを阿呆阿呆と言っているのが酷い。生まれた環境が悪かっただけなのに…。
    また、女引手として働いている宇佐も女というだけで軽く見られているのを見て、今の世の中はマシになってるなと思ったり。

  • 複数巻の長編を平行に読破しよう月間。続いては上下組でなかなかのボリュームの宮部みゆき。個人的に苦手な歴史小説ジャンル。

    四国は丸海(丸亀らしい)の流刑地で、連続して起こる毒殺疑惑事件。そこに江戸で一家を惨殺し「鬼」と称される元勘定奉行の加賀氏が送られてくる。藩の取り壊しと、事件の真相の間で、引手(探偵?)見習いの宇佐と、孤児の"ほう"をメインに、激動の人生を描く。

    「歴史読本」に連載されていたらしいし、実際にあった事件をモチーフにしているらしいということで、それなりに調べたりはしてあるのだろうが、近代科学的な解決や検証がされない以外は、ほぼ現代の小説のように読める。

    また、最初でほんの少しだけ方言チックなものが出てくるが、登場人物は基本的に現代風標準語で話すため、歴史小説感は薄く、個人的には読みやすい。

    元々、こういう作風に慣れていないのか、試行錯誤なのかわからないが、この巻の前半(つまり本作初頭1/4)は、ぼんやりと情景ばかり描写していて、どこに焦点を当てたいのかがわからないまま続くので、結構辛い。

    というのも、情景描写にいちいち"歴史的"な言葉をはさもうとするあまり、直接的な表現が失われて、回りくどい表現が多いため、宮部みゆきの味でも有る、切れの良い文章がことごとく勢いを失っているように思える。

    また、中盤では情景描写に「なさる」などの一人称敬語が含まれ、一人称視点にしたいのかどうなのかの迷いが感じられる。

    本巻後半に入れば、普通のミステリである。「名もなき毒」と平行に書いていたか、ダブって捉えられるような話も多い。

    後半に期待。

  • 登場人物それぞれの 細かな心理描写、場面設定をすることで 読み手の目線を 変えるのが 上手い

    ほう の幸せを願いながら 読む

  • 実は以前買って読んでいた(後に売ったのは覚えてる)のに、図書館でまた借りてしまった本。結局好きな感じだからなんだろうと思う。
    上下巻なので読みごたえもあったが、登場人物が複数いる中で、それぞれの視点を通してラストへ進んでいくのは、さすが宮部みゆき!というストーリー展開。
    けなげに生きる「ほう」と「うさ」のラストに涙が流れた。家で読んでてよかったな。2回目に読んだ今回のほうがより深く物語に入り込めてよかった。
    2かいめ

  • まずは幼い女の子目線で物語が展開
    江戸時代当時はそう珍しくはなかったのかも知れないが、女の子は決して裕福な環境にはなく、生まれてすぐに母が亡くなり、今でいう不倫関係であった事もあり、その子は大事にされない
    名前は「ほう」あほうの「ほう」

    ほうは厄介払いの形で遠い国にお参りに行かせられる
    お守り役が付いていたが、いじめられ、最終的にはお金だけ取って逃げられてしまう

    行き倒れのような状態から色々あって藩内でも有名な大家に引き取られる
    このあたりから物語が展開
    ほうが引き取られた家の娘が毒で殺される
    ほうは毒殺されたと信じて疑わないが、政治的な都合で娘は毒殺ではなく病死という扱いになる

    ほうは納得いかず、同時にこのあたりからもう一人の女の子の目線で話が展開していくようになる
    こちらの女の子は引き手?の見習いというような職業で、現代でいうと警察官のような職業か

    政治的な都合というのが、鬼に祟られたという罪人を藩で捕らえておかなければならず、その際にそういった事件があったと中央に知られたら、それだけで藩がつぶされかねない
    藩は最近、着物の貝染めを特産物にする事で経済力が上がっており、中央から目をつけられているのだ

    その後も事件が止まない
    罪人が「鬼」として恐れられ、その鬼によって藩内がザワついていく

  • 上下共に
    孤宿の人ということで、それは誰のことなのだろう?と思いながら始めは読んだ。
    読みすすめながら、人はみな孤独なのだとも思い、ままならぬ時代に流されていくしかないこともあるのだとも思った。
    ほうの存在にいろいろ考えさせられた。
    最後は涙が止まらなかった。
    読んでよかった1冊。

  • 宮部みゆきだけに面白くないわけはないのだが、時代物でこの暗さはちょっと好みではないかも。
    主人公は、ほうとうさのダブルヒロインになるのだろうか?途中まで誰に注目したらいいのかわからず、なかなか物語世界に入り込めなかった。

  • 阿呆のほうが不憫でならなかったが、琴江、宇佐、石田さま、加賀様の優しさに心温まる。宇佐との再開の場面は泣けた。教育とは…考えさせられる素晴らしい一冊。

  • 時代物ミステリーというジャンルがあるかよくわかりませんが、この物語の加賀殿はたぶん鳥居耀蔵のことですよね。上巻では一度も出てこないけど、下巻では活躍するのかな?

    鳥居耀蔵って、遠山の金さんの宿敵だったり、必殺仕事人の首魁だったりします。そして水野忠邦が死んで失脚して四国の丸亀に流刑にあって“ザマアミロ”という悪役中の悪役なわけですが、丸亀では領民に慕われたという話もあって前から興味ありました。

    子どもが頑張っても報われない哀しいシーンがたくさんあって泣けます。下巻はもっと泣けるらしい。楽しみです。

  • 今まで読んだ中でもベスト5に入るくらい良かった。時代物は好きでなかったが宮部みゆきの時代物はとても読みやすく面白いい。

  • 北は瀬戸内海に面し、南は山々に囲まれた讃岐国・丸海藩。江戸から金毘羅代参に連れ出された九歳のほうは、この地に捨て子同然置き去りにされた。幸いにも、藩医を勤める井上家に引き取られるが、今度はほうの面倒を見てくれた井上家の琴江が毒殺されてしまう。折しも、流罪となった幕府要人・加賀殿が丸海藩へ入領しようとしていた。やがて領内では、不審な毒死や謎めいた凶事が相次いだ。(裏表紙より)

    四国の小さな藩で起こる謎の毒殺事件、そしてその事実を覆い隠す、陰の大きな力。町人一人の命なんか、簡単にひねりつぶされてしまうから、あまり詮索するな。勘ぐってもいけない。全ては江戸から流罪でやってくる“鬼”、加賀殿が連れてくる悪霊のせいなのだ。そのような説明に納得がいかない人々が、真実に向けて立ち向かう…というようなお話です。
    序盤の入りがかなり長く感じてくじけそうになりましたが、上巻終盤で一気に物語が盛り上がってきました。強大な力を目の当たりにした引手・宇佐は、これからどうするのか。そしてほうの運命や如何に!?下巻に期待です。

  • 2015/07/22ブックオフオンラインにて購入

  • 友人にめっちゃ薦められて読んだ。
    久々の宮部さん。
    ぼんくらでちょっと離れかかったけれど、この本は、面白そうな匂いが、上巻からしていた。
    上巻自体は、ぐいぐい引き込まれると言うほどの話ではないけれど、普通に面白かった。

全253件中 1 - 25件を表示

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

北は瀬戸内海に面し、南は山々に囲まれた讃岐国・丸海藩。江戸から金比羅代参に連れ出された九歳のほうは、この地に捨て子同然置き去りにされた。幸いにも、藩医を勤める井上家に引き取られるが、今度はほうの面倒を見てくれた井上家の琴江が毒殺されてしまう。折しも、流罪となった幕府要人・加賀殿が丸海藩へ入領しようとしていた。やがて領内では、不審な毒死や謎めいた凶事が相次いだ。

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする