英雄の書〈上〉 (新潮文庫)

  • 3079人登録
  • 3.35評価
    • (106)
    • (283)
    • (404)
    • (111)
    • (30)
  • 267レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2012年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369334

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮部みゆきのファンタジーものを読むのは「ブレイブストーリー」以来。それを初めて読んだときの感覚を思い出しました。
    本が話したり異世界へ冒険したりする非現実的な設定ですが、宇宙のどこかでこのようなことが起きてたらと想像するとワクワクします。

  • 悲嘆の門を先に読んだので、気になって読んでみました。
    ユーリが旅立つまでが長いです。
    そこが苦痛かワクワクかに別れると思いますが、宮部さんの大ファンの私は全く苦痛にならずに読めました。
    世界が大き過ぎて建物の一部が全く想像できず。
    アニメっぽいファンタジーだなと思いました。
    下巻を読みます。

  • 宮部みゆきのファンタジーでブレイブストーリーもそうなんですが、ファンタジーに入るまでがこの上巻の半分くらいまでかかります。


    なのでそこまでのスピード感が自分的に物足りないです
    でもリアルな描写を書くのが宮部さんの特徴なのでご愛嬌で

    入ってからどんどん読めます!ブレイブストーリーが好きならこっちもサクサク読めると思います^ ^
    内容は面白いです!

  • よくある異世界冒険譚。しかし何より驚いたのは上下巻までありながら、ラストで全てが解決するわけではなく、このお話はサイドストーリーですよ的な展開であったことです。
    このお話の主人公の女の子が、成長して本道のお話の主人公のサポート役になるお話はいつごろ書かれますか。

  • 自分がハマるか不安だったので、下巻を未購入…
    失敗した(泣)早く購入せねば、、、!!

  • 小学生の女の子がある事件をきっかけにして日常から非日常へと転がされていく。女の子は直面する物事に対して、純粋に受け入れていく。受け入れなれない苦しいこともあるが、それを通して彼女は「自分」にできることを考えて前に進もうとする。女の子が直面する物事に対して不安を感じながらも受け入れていく様子に成長を感じて途中からはもっと頑張って欲しいと思う見守るようなポジションで読んでました。登場する他のキャラクターも特徴的で印象に残りました。

  • 現実と非現実の割合がよい。
    ユーリの成長が心強い。
    下巻、きっとハッピーエンドだよね??

  • 物語を紡ぐ作家の業を垣間見た感じ。宮部みゆきさんはきっとこんなことを考えながら作品を送り出しているのだろうな。
    アジュの未熟な所がいい!

  • 自分の想像力のなさに悲しくなった。
    きっとハリーポッターも読めないだろな。。

  • 昔「キャラクターとして生み出された人物」のことを考えたことがある。貧乏な設定にされたせいで、苦しい生活をする。戦争中という設定のせいで、悲しい想いをする。生まれなければ死ぬこともないのに、という元も子もない想いを抱いていた。本書はまさに、当時わたしが抱いていたそんな想いをダイレクトに突いてくる作品である。
    ジャンルで分ければファンタジーなのだが、色で例えるならば灰色。決して明るいだけのファンタジーではなく、どちらかというと陰の場面のほうが多いのでは。
    全体を通じて雰囲気が出来上がっているため、クライマックスに近づくにつれて増す不安感が絶妙である。

全267件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

“英雄”に取り憑かれ罪を犯した兄を救うため、少女の大冒険がはじまる。稀代の物語作家、衝撃の問題作。

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)の単行本

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする