英雄の書〈下〉 (新潮文庫)

  • 2645人登録
  • 3.34評価
    • (93)
    • (269)
    • (359)
    • (114)
    • (26)
  • 274レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2012年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369341

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2012年7月12日読了

    ユーリの旅の目的がすり替わったのが気に入らない。
    目的は達せたし、アッシュたちが黙っていたのもわかるけど、結局ユーリは蚊帳の外みたいな扱いが好きじゃなかった。オルキャストとして精神年齢は上がったのかもしれないけど、蓋を開けてみたら小学生としてしか扱われてなかったような気がする。
    途中、アジュが横暴な切り返しするなとは思ったけど、真実を知った彼なりにユーリを思って、けど彼は若いので上手く折り合いがつけられなかったかもしれない。早く、ユーリと再会してほしい。
    それになりにまとまったとは思うけど、一筋縄ではいかない終わりだったなと思う。それこそRPG的終了ではないよね。"英雄"やオルキャストの存在は輪の中に数多あるということが、綺麗な終わりにさせないのかもしれない。

    新作は、新たなユーリの物語ではないらしい…。
    でも、大人になり一人前の"狼"になったユーリとアッシュの再会の物語が見たいなぁ。ユーリがアッシュを転がす感じで(笑)

  • 宮部みゆきさんのファンタジー小説は規模がでかくて大好き。
    悲嘆の門を読んで手に取りました。
    クスッと笑えたり、和んだり、怪物と戦うアクションシーンなどがあり、くるくる変わってるんだけどきっちりな内容でした。
    全体的に悲しい内容です。

  • ファンタジーやSFは苦手だけれど、宮部みゆき作だけは読みます。ソラがなぜ秘密めいているのか?アッシュは何を知っているのか?悲しい物語だけどアジュが可愛かったり、ユーリの成長も引き込まれて一気読み

  • 今更ですが、宮部みゆき!本当に多才。続編が気になる。

  • 再読。面倒くさい説明的情景描写は上巻で終えて、下巻は一気に物語が動き出して面白くなってきた。正邪の判断に正解はなく、反発し、苦悩する主人公の女の子は、子供とはいてそのまま私の姿だ。「物語を紡ぐ業」についての記述は、宮部さん自身の作家としての逡巡をうかがわせ、こんなに温かい物語を描く宮部さんでもそんなふうに考えるんだと驚いた。お兄ちゃんが消えるところから後半は泣けた。より成長したユーリに会える続編を期待します。

  • 異世界冒険もの、と称するには現実ととても折り合いの取れた、物語のための物語の一つ。という感じ。英雄の表と裏。無名僧と紡ぐ者。読みやすかったが重い話だった。主人公が小学生の女の子でも、可愛らしいアジュがいても、重たい。無名の地の色の無さがずっと世界を覆っているような。それでも終わり方、彼女の領域でのエピローグは納得がいった。続編、気になります。出来れば成長したユーリで見たかったけど。
    (→引用した文章、すぐに原発を連想させられた。)

  • 下巻は上巻よりも冒険の部分が多く割りとすぐのめり込んで読めました。

    続編を作ってもらいたい終わり方です(笑)

  • 旅立ちまでの前置きが長く、なかなかページも進まなかったが、下巻からは一気に読み。うーん、報われなさが残り、もやもや。

  • 残りページ数を気にしながら展開を予想して読んだけれど、やっぱりその上を行かれてしまった。
    続き…は描かれないだろうなあ。

  • 色々深い話なんだろうけど、いまいち入り込むことができなかった。
    ファンタジー自体をあまり読まないからかもしれないけど。。

    ただ、終わり方はよかったなぁと思う。

  • 200
    う~ん。SF色が強過ぎてはまりこめず。
    同著者、読了13作目。

  • 少年僧の正体がわかった時のやるせなさ。
    こんな報われない話ははじめて。

    宮部みゆきさんのファンタジー好きだわ

  • 面白かった!
    約5年越しでやっと手に入れた本。とても楽しめました。読書熱を再熱させるよい本です。

    しかし、、もうすこし若い時に読んでいたかったな。その方が、発見とかあったんじゃないかなと。物語についての世界とか、今だと普通にそういう見かたもあるよねなるほど、と思って理解して終わりだけど、もっと考えが未熟な小中学生だと驚きが大きそうで、読んでてさらに楽しめそう。

  • 主人公の女の子がこれまで辿ってきた物語の結末を迎える。登場するキャラクターも増えたりして少し賑やかになる。しかしそこに待っていた結末は悲しく虚しいもの。そこから主人公が様々なことを感じ、行動していく様子がさらに虚しさを強くさせます。でもそこには何か予感のようなものが残っている部分があって、そこが少し救いかなと思いました。

  • 上巻よりファンタジー色が強くなった→飛ばし読み…~_~;
    ゆりこがユーリになると言葉遣いがレトロチックに。
    ラストは思っていたのと違ったけど、前進。面白かった。
    アジュはハウルの動く城の火の玉?のイメージだった(^^)
    アジュとアッシュが紛らわしかったな⤵

  • ラストまで読み終わっても、やはり宮部作品のファンタジーはあまり…という結論に終わって残念。
    今回のファンタジーでは何がつまらないと私に感じさせるのだろうとずっと考えながら読んでいたのだが、やはり主人公が小学生の女の子というところじゃないだろうか。
    旅に出るのが子どもというのはわかるし、いいと思うのだけど、感情移入しづらい。
    また、この女の子が時折ちゃんと冒険者らしい(それはそれで年齢相応じゃないのだけど)のに、やはり根本は甘えた子どもでいらっとする。
    もちろん、それが子どもとして当然の反応なのだろうし正しいのかもしれない。
    でも、個人的に好きになれない甘えをずっと持ったまま、大人や世界には優しくしてもらえるものと思ってる感があるというか…

    ラストについてもすっきりしない。
    え、これで終わりなの?
    枚数足らなくて切られちゃったの? と思わず思ってしまった。
    本人すら知らない冒険をしていた、という驚きを残したかったのかもしれないけど、私には中途半端に何もなし遂げなかった感しか残らなかった。
    もしかしたら、そのなし遂げられないもやもやした感が現実なんだよ的なことを訴えたかったのかもしれないが…ファンタジーの世界でくらいはっきり白黒つけてほしかった。

  • 上巻を読んだら止まらなくなった。こんな報われないお話はない。

    こういった冒険系、能力に一時的に目覚める系って最後にはそういったものとおさらばして現実世界に戻るっていうのが常だけど、そういったことを主人公が覚えてたり、その痕跡が現実世界に残っているって描写がある時、個人的に後味が悪いっていうか、私自身もなかなか現実に戻ってこれないからいや。だけど、そういったお話が好き。矛盾。

  • 作者はファンタジー物はあってないと思う。
    ファンタジー物に必要なアクションの疾走感だとか、キャラ作りだとかが足りない。
    つまらなくはないがミステリーや時代物と比べて満足度が低い。

  • 救いはなかったですね。救えないからこそ理解してもらうための、納得してもらうための旅だった。
    絶叫が聞こえてくるかのようでした。お兄さんは罪を犯したけれど、英雄を見つけてしまったがために法とは別の償いを受けることになり、その結果・・・。
    アッシュも先生もかっこいいんですけど、アジュもソラも可愛いんですけど切ない。。

    続きがあるようですが別の人が主人公のようですね。オルキャストは他に沢山いるようですし、きっとまた新たな犠牲者の近しいもののお話なのかな。
    楽しみなようなまた切なくなるのかなと思うとちょっと躊躇われます。

  • 物語世界の構造が複雑。物語として、ファンタジーとはという定義があるかどうか知らないけど、何でもアリ。は、読み手が混乱する。自分が知らないだけで、すでに試されていることなのかもしれないが、抵抗を感じた。希望があるような救いのないような。何かを考えなきゃいけないような。そして、シリーズ化されそうなヤな予感。

  • なかなかおもしろかった!
    しかし、しんどかった。
    最後の方はしんどさが勝ってしまってたね。
    38度の熱ある時ぐらいの感じ。
    バファリン飲も。

  • 児童文学のような王道ファンタジー。現実世界とリンクしているのが面白かった。
    後半になっても物語が収束する気配がなくてハラハラしつつ、その意外な結末に主人公同様もやもやすることとなったのですが、続編が予定されているとか……?もしそうなら、すごく期待。

  • なんという厳しい物語だろう。
    ファンタジーの形をしていても、それはあくまで形だけだ。
    この物語を綴るために、どれだけの気力が費やされたのか、想像すると怖い。
    一気に読んでしまったので、もう一度ゆっくり読むことにする。

  • 上下巻購入して、上巻の中盤あたりでは下巻まで買ってしまったことを後悔したけれど最後まで読んだ上でやはり途中でやめないで良かったとは思いました。

    ただ主人公の女の子には何度か苛立ちを覚えました。
    それ以外の登場人物にはみな愛着がもてたのに…なんだか勿体無い感じです。

    続編にあたる連載ではユーリが主人公ではないらしいので書籍化(文庫化)したら読んでみたい。

  • うーん…といった感じ。

    宮部みゆきのファンタジーということで期待したけど、今ひとつ入り込めないまま終わってしまった。

    主人公の年齢とテーマの重さが合ってないのかな。ただ、この重暗い感じは嫌いじゃない。

全274件中 1 - 25件を表示

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

待ち受ける幾つもの試練と驚異。旅路の果てに、少女は兄の驚くべき真実を知る。手に汗握るめくるめく冒険譚。

ツイートする