ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)

  • 2975人登録
  • 4.01評価
    • (266)
    • (497)
    • (216)
    • (17)
    • (2)
  • 217レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2014年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369372

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 第一部では事件の重さに憂鬱な気分だったのに、第二部はすごく面白い。
    面白すぎます。
    藤野さんのこと第一部の時より好きになった。
    震えながら負けまいとする彼女は格好いい。
    神原くんはちょっと怪しい気がする。
    ミステリアスだ。何が目的?ドキドキしてしまう。
    そして三宅さん。彼女がどうなるのかがこわくて仕方ないけれど、暗いトンネルを抜けてほしい。
    誰かが引っ張り出してくれてもいい。
    トンネルの中で暗くて狭い一角のひびに固執していたんだと気付かせてほしい。

    それにしても親って大変ですね。
    先生も難しい仕事だ。
    大人だから間違えないなんてことはない。
    でも子供を守る立場だし、導く立場なのだと考えたら重圧に押しつぶされそうだ。
    この物語に登場する大人達の中には正直係わりたくないと思う人も少なくない。
    なんなのこの人、これで教師だなんて、自分の子供に対してこんなことを言うなんて、信じられない。
    そんなショックが次から次へと襲ってくる。
    でも大人が頼りないのは現実だ。
    自分を振り返ればよくわかる。
    だからこそ第三中学校の生徒達は自分自身の目と耳で真実を探し出さないといけない。
    信頼出来ない大人達が用意したものではない答えを見つけないと。

    さて、それはどんな答えなのか。
    私も見させてもらいたい。ドキドキしながらついていきます。

  •  真実を明らかにするため学校内裁判を行うことになった藤野涼子たち。彼女たちは検事役、弁護士役に分かれ柏木卓也の転落死を洗い直し始める。

     真相を追い求める涼子たちの姿がまぶしいとともに、どこか寂しさを覚えた自分がいます。と、いうのも自分も社会人に近づくにつれ、理不尽と分かっていてもどうしようもない大人の論理、社会の論理があることが分かり始め
    そしてそれに疑問を覚えることも、ましてや反抗することもなく、その論理から外れないよう行動しているからです。

     藤野涼子の学校内裁判に対し、教員たちは反対、時には恫喝まがいのことをする教員まで現れます。それはきっと彼らは大人の論理、社会の論理から終わってしまった事件を蒸し返したくない、というものがあるのでしょう。

     読んでいてそうした教員たちに反発を覚える一方で、でもそうせざるを得ない事情もあるんだろうな、と考えてしまう自分がいます。だからそうした論理に何も考えず反発できる涼子たちがまぶしくうらやましく感じました。

     ストーリーに話を戻すと、この巻は証言集めが中心で、物語的には地味な展開が続きますが、そんな中で新たな人物が登場します。学校内裁判で被告の弁護士役をすることになる神原和彦という少年なのですが、彼は事件のあった学校とは全く関係のない他校の生徒。
    そんな彼がなぜこの裁判に参加するのか? 何かしらの理由がありそうでその辺も期待大です。

    2013年版このミステリーがすごい!2位
    2013年本屋大賞7位 

  • 「森内先生も言ってたし、理科の高橋先生も似たようなことを話してた。野田君は、ああいうふうにおとなしく、無気力でダメダメなふりをしているだけなんじゃないか。なぜそんなふりをしてるのかはわからないけど、あれは仮面じゃないかってさ」
    文字通り固まってしまうほどに、健一はぎくりとした。
    「今のおまえ、カッコいいよ。それが本来の野田健一なんだろ。ずっと隠してたんだな」
    理由は聞かねぇーと、先生は笑う。
    「学校ってのは生きづらい場所だ。けっして天国でも楽園でもねぇからさ。おまえはおまえなりの処世術があるんだろ。でも、おまえはけっして駄目じゃない」
    「ましてやオチコボレでもない」と、和彦が受けた。「さっきの先生は、野田君のことをまるでわかってないって、僕も思った」
    「楠山先生はオチコボレなんて言ったんか。バカだねぇ。あの先生の目は節穴だ」
    「だけど僕、成績が」と、健一はぎくしゃくと呟いた。
    「だからそれも仮面なんだろ。おまえだけじゃねぇよ。珍しくねぇ。優等生になると、もっと生きづらくなるから。そういう奴ってのはね、高校や大学でデビューするの」
    「デビューの意味が違うと思います」大真面目で和彦が言った。「でも、わかります」
    二人が笑うのに、控えめにびくびくと、健一もちょっぴり参加した。
    確かに仮面です。何もかも仮面でした。でも先生。でも弁護人。僕には本当の秘密もある。そして、それだけは仮面じゃない。そっちが僕の本性だったー (487p)

    最近の中学生は、優等生であることも隠しておかないと「生きづらい」のか。40年前となんと学生生活は変わってしまったことか。

    宮部みゆきの真骨頂は社会派でもSFでも時代劇でもなく、少年少女が主人公になった時の瑞々しさにあると、私は思っている。時代劇やファンタジーでは時々書いていたが、社会派で少年少女が主人公なのは、もういつ以来だろうか。思い出せない。この作品が彼女の最長作品になったのは故あることなのだろう。

    宮部みゆきは最初の頃は少年に、やがては少女に対しても、自分の持っている「理想」「純粋性」を投影している様に私には思える。最初の頃はひたすら賢く純粋な少年が登場していた(代表作「ステップファザー・ステップ」)のだが、2000年頃から傷つき悩む少年少女が出始めた。それは、ひとつは社会のそれがそうなのだからもしれない。しかしそれだけではない、彼女自身も傷つき悩んだ成果なのかもしれない、と私は妄想する。そして、この作品では幾人もの主要登場人物が傷つき悩んでいる。長編になる所以である。

    この本の新潮文庫でのホームページでは、作者の肉声でメッセージがついていた。彼女の声を初めて聞いたが、そのままアナウンサーになってもいい様な美声だった。それはともかく、「ソロモンの偽証」の意味について彼女は触れていた。
    「最も賢い者が嘘をついている。最も正義感のある者が嘘をついている。最も権力と権威のある者が嘘をついている。どれがホントかを読者の皆さんが判断して欲しい」と。
    そうか、道理でソロモンと偽証を一緒に検索したら出てこないはずだ。ソロモンが偽証したという伝説があるわけではないのだ。イスラエルの王ソロモンの三つの側面を、宮部みゆきは拝借したわけだ。そうなると、ソロモンに1番近いのは、あの2人ということになる。でも、まさかね。
    2014年10月7日読了

  • 柏木卓也の死の真実を求め、生徒だけの学校内裁判を行うこととなった。弁護士役の他校の生徒が一人。不気味な存在。2016.10.20

  • 気になる気になる

  • 学校内裁判が開廷される回。

    大出俊次の柏木殺害に関しての学校内裁判が開廷された。弁護側に神原和彦、検察側に藤野涼子が付き真実を突き止めようと奔走する。事件の下調べ、聞き込みをする中で新たな事実が浮かび上がってきた。どんどん面白くなってきて、一冊がすぐに終わってしまった。

  • 「ソロモンの偽証 第II部 上巻」
    中学3年有志による学校内裁判開廷。


    本巻は、卒業制作として学校内裁判を題材とする決議から始まる。同級生の死の追求という倫理面、学校の体裁から本来はタブーとなるだろう題材を目の前に決議をとる涼子の姿は中学生らしい動揺を見せながらも勇ましい。


    学校内裁判の重要な役割である検事、陪審員、弁護人、判事 等を決めるところ、涼子が弁護人から検事に役割を変えるところ、被告人である大出を学校内裁判に引っ張り出すところ 等、注目ポイントは多いと思います。また北尾先生のいいところでのいい感じの存在感も捨てがたく、勝木という不良少女の役割も重要です。


    しかしながら一番のポイントは、弁護人である神原和彦です。他校でありながら死んだ柏木の友人として弁護人を務める彼が、不良中の不良・大出を諭す姿は中学生像を軽く越えており、更に、刑事である涼子の父親が娘に「とんでもないやつを相手にしているぞ」と忠告するシーンもありで、大活躍なのだ。


    ここまで読んできて物語の最重要人物の一人に和彦が挙がると思うのですが、彼の活躍は映画ではどのように描かれているのでしょうか。検事と並び弁護人はとても重要だと思うので、凄く気になります。


    後、気になったのが、最初は乗る気ではないように振舞っていた判事・井上康夫。涼子が高木学年主任とひと悶着あった際には、論理を武器に戦った井上。「お、こいつは今後の涼子のヒーロー候補か?」と思いきや、そうでもなかった所がなんとも。結局、判事は俺しかいないと云わんばかりに関わってくるところをみると、まだまだ中学生なんだなと思わせる。こういう中学生、たぶん多いんじゃないでしょうかw


    物語は、際重要参考人・三宅樹理を法廷に引っ張り出そうとする所で次巻へ。

  • いつまでも読んでいたい。そんな気持ちにさせる。学校裁判とは荒唐無稽な話だと読むまでは思っていたが、読んでいるうちに納得。自分も参加している気分になってくる。なぞを残したまま、最後にあの人が登場で驚かされる

  • 膨大なページ量なのにするする読み進められます。うどんのように消化できます。

    この調査するほど謎が解明される一方で新たな謎が増えていく感じ。検事だろうが弁護士だろうが一緒に真実を突き止めるんだというノリ。後は法廷で解き明かすしかないぜという行き当たりばったり感。

    法廷では「異議あり!」が飛び交い、真犯人が豹変するんだろうなぁ(ワクワク)

  • 20150621
    ひえええええええ!!おもしろすぎて読みたくないです。これ以上心をかき乱されたくないから読みたくない。
    でも、そんなわけにいかない。私も真実を、唯一無二の、絶対にある真実を突き止めなきゃいけない。暗闇の中で、霧の中で、動かず騒がず、真実は12月24日から横たわっている。どーんと横たわっている。
    ここから折り返しです。さあ第ⅱ部後半戦!

  • 【あらすじ】
    あたしたちで真相をつかもうよ――。二人の同級生の死。マスコミによる偏向報道。当事者の生徒たちを差し置いて、ただ事態の収束だけを目指す大人。結局、柏井卓也はなぜ死んだのか。なにもわからないままでは、あたしたちは前に進めない。そんな藤野涼子の呼びかけで、中学三年生有志による「学校内裁判」が幕を上げる。求めるはただ一つ、柏木卓也の死の真実。

    【感想】

  • ついに裁判
    三宅樹理が動き出す

  • いろんな人が書いてるけど、全く中学生に思えない......
    後、ちょっと長すぎるように思う。

  • 文庫版、全6巻の超大作、3冊目。ようやくの折り返し地点です。まだまだ、先は長い。いやあ、長い。だが、その長さが、なんとも、嬉しいのですなあ。

    ここに来て、物語は、学校内裁判を行う、という局面を迎えます。あらすじなどの前情報を極力読まないように読み進めていたので、「こんな展開になるのか!」という驚き、ありましたねえ。第Ⅰ部 事件 下巻 の、最後で、涼子が「わたし、なにをするべきなのか、わかった」というようなこと言ったこととは、これだったのか。いやあ、宮部さん、こんなテーマを考え付いたとは。いいなあ。面白いなあ。

    この、学校内裁判が始まる、となってから、登場人物が、どーんと増えますねえ。その、増えた人物のキャラクター付けが、なんといいますか、お見事。語弊のある言い方かもしれませんが、ゲーム的ですね。各個人の、キャラが立っている、というヤツ。宮部さん、生粋のTVゲーム好きだそうですし、やっぱ、影響してるんだろうなあ。ある意味、解りやす過ぎない?という心配はあるのですが、様々な登場人物をキッチリと色分けする、という意味では、お見事ですよねえ。

    ここらへんは、何といいますか、高見広春さんの、あの個人的大名作「バトル・ロワイアル」の、城岩中学3年B組のメンバーを思い出させて、ええなあ~って思いました。バトル・ロワイアルのあの、中学生離れしていすぎやで、、、っていう、愛すべき登場人物たち。大好きなんだよなあ。

    ちなみに、高見さんのあの作品は、城岩中学。スティーブン・キングの小説内の架空の町「キャッスルロック」が元ネタらしいのですが、宮部さんの小説の舞台は、城東第三中学。キャッスルイーストですか。東の城。それ即ち、極東 = 日本?という想像から、宮部さん、スティーブン・キングに対する敬意なのかしら?

    ちなみに、このソロモンの偽証、ここで新たに登場した人物では、
    「とにかくフォロー」が存在意義の、佐々木吾郎。
    中学生で空手の達人で、全てを悟ったような、その存在感って何よ?の、山崎晋吾。
    冷徹無比&ツンデレ?秀才の、こういうのって絶対学園舞台ゲームでいるよね、美味しいよね的メガネキャラ、井上康夫。
    と、キャラ立ちまくりのメンバーがでてきて、今後はどんな活躍してくれますやろか?と、興味津々。いやあ、宮部さん、これらの人物を動かすの、書いてて楽しくてしゃあないんでは?とかね、思う次第です。

    それにしても、物語は今後、どう動いていくのだろうか?
    神原和彦と、亡くなった柏木卓也の関係は、いったいどれほど深かったのか?
    この世界観のなかで、悪意と悲哀を一手に引き受けたような存在と思われる三宅樹里には、どのような救い?が、用意されているのか?
    それとも、三宅樹里は、本当に、どうしようもないモンスターそのものなのか?

    とにかく、読み進めなれければ。宮部さんが、この超大作に、どのような結末を用意しているのか。しっかりと、見届けさせていただきます。いやあ、読書の愉悦やなあ。

  • 342
    先にDVDを見てから読みました。当然映画よりは深くおもしろい。
    同著者、読了18作目。

  • 盛り上がってまいりました。

  • ここからは、リーガルミステリーへ。

  • あらすじ(背表紙より)
    二人の同級生の死。マスコミによる偏向報道。当事者の生徒達を差し置いて、ただ事態の収束だけを目指す大人。結局、クラスメイトはなぜ死んだのか。なにもわからないままでは、あたし達は前に進めない。だったら、自分達で真相をつかもう―。そんな藤野涼子の思いが、周囲に仲間を生み出し、中学三年有志による「学校内裁判」開廷が決まる。求めるはただ一つ、柏木卓也の死の真実。

  • 2017/5/5

    つなぎ部分かな

  • 事件は出揃いました、多分。

    男子生徒の転落死、女子生徒の交通事故死、不良生徒宅の放火。自殺か他殺か、事故か事件か、誰が火を放ったのか。主人公がこれらの真相をつかむ決意をする編です。

    冒頭から学校内裁判をするきっかけが登場します、裁判をするまで紆余曲折するのだろうなと予想していたのですが、割とあっさりです。そして不良少年に違和感を覚えました。事件編では極悪非道に描かれていたのですが、この巻からはちょっと違う様な気がする、変な言い方ですがストーリー上、彼には少し性格を変えてもらいます、って感じだろうか、少し言い過ぎだが。そして、新たな生徒たちも登場するのですが、特に空手家の彼は異質感がある。なにかマンガチックと言うか、ラノベチックと言うか読み進めるのが苦痛になった。弁護士役の他校生も何か不自然さを感じてしまう。

    担任教師が調査会社から調査結果を聞くくだりはグイグイ引き込まれて、物語に没頭できましたが。

    ちょっと中だるみ感がありますね。

    三中生徒達の調査はまだ始まったばかりで事件の核心にはまだ遠い感じがありますが、私なりに推理ごっこでもしようかと思います。各種ウェブサイトの覗きたい欲望を抑え込み本作のみ、しかも3巻読了時点での推理ごっこです。最後まで読まれた方はほくそ笑みながら読み流して下さい、ネタバレ無しならコメントも大歓迎ですよ。

    先ずはメインの柏木卓也転落について。

    これは限りなく自殺に近い他殺だと思います。分かりやすい他殺では無いと思いますが普通の自殺ではないと思います。これが「はい自殺でした」では面白くないでしょ?で犯人は?大出君?いや神原君だと思いますね。3巻から登場する他校生徒で柏木君とは塾が同じで友人。野田君曰く対岸を見る目をしている少年。この野田君の印象がミソだと思う、今のところ動機が想像つかないんですが、柏木君とは揉めていた事があると思う、大出君との様な単純ではない何か、たとえば神原君の実の両親の死に関する事、父親は自殺ではなくて息子の神原君が殺した事を柏木君が知ってしまった。父親を自殺偽装殺人したように柏木君も。その柏木君との揉め事、いや両親との修羅場が対岸なんだろう、野田君も一度は両親を殺めようとしたので、神原君の対岸を見る視線を感じることが出来るのではないだろうか?



    三宅樹理ちゃんの告発状。これは大出君を陥れるための書面である事は間違いないのだと思うが、投函シーンで三宅さんは本当に何かを見たとの記述がある。そこが引っ掛かる。だから単純に自殺とも思えないのである。三宅さんは神原君ともつながりがあるのではないだろうか?



    難しいのは浅井松子の交通事故死。これも単純に事故死ではなく口封じだろう。三宅さんが口封じで殺人をするとは思えない、根性ババ色の女子像に仕立てられているが、堀内美奈絵同様に幸せそうな女子に逆恨みし困った顔は見たいが死に顔までは求めていないと思う。では誰が口を封じたのか?やはり神原君だろうか。三宅さんと神原君の接点が全く見えない。



    最後に大出家放火殺人事件。これは警視庁も動いており藤野パパにもある程度の情報が流れている。それをもって藤野パパは藤野涼子に「手を出すな」と忠告している。子供は手を出すな、学校内裁判で扱えない中身。三中の先生が放火犯なのだろうか。何のための放火?大出パパ殺害が目的だと思う。大出パパを殺したい三中の先生。津崎校長か?高木主任やモリリンでは動機が説明つかない。それか茂木記者?大出パパには恨みもあるし、事件のネタにもなる。茂木記者は3巻でなりを潜めてるけど、学校内裁判をかき回す役割を担うのだろうなぁ。

  • 発生した事件の真相を探るべく、そのクラスのメンバーで活動を始めます。タイトルの偽証の意味が現れてきて、少しずつ真相に近づいてきていることを感じています。学生の熱い気持ちや、そうでなく受験などのために関わるまいとする姿勢との間で動く、それぞれの行動がリアルに描かれていて、読んでいて引き込まれていきました。主人公たちと思い同じく「真相を知りたい」がため。真相をさっさと決めつけてしまう大人達とのやりとり(反発)が、読んでいて共感を呼んでいっているのだと思います。

  • 北尾先生のお話に涙

  • 下巻にまとめ。

  • 感想は下巻読了後に。

全217件中 1 - 25件を表示

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)に関連するまとめ

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)の作品紹介

あたしたちで真相をつかもうよ――。二人の同級生の死。マスコミによる偏向報道。当事者の生徒たちを差し置いて、ただ事態の収束だけを目指す大人。結局、柏井卓也はなぜ死んだのか。なにもわからないままでは、あたしたちは前に進めない。そんな藤野涼子の呼びかけで、中学三年生有志による「学校内裁判」が幕を上げる。求めるはただ一つ、柏木卓也の死の真実。

ツイートする