疫病神 (新潮文庫)

  • 817人登録
  • 3.72評価
    • (84)
    • (133)
    • (135)
    • (15)
    • (8)
  • 119レビュー
著者 : 黒川博行
  • 新潮社 (2000年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (524ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101370132

疫病神 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とてもおもしろかった

  • お互いを『疫病神』だと罵りあい、
    「こいつ、嫌いや。」「もう行ってしまえ。」
    言葉では反発しながらも
    本当にヤバイ時には必ず傍にいる。
    命を張って、
    相方(?)を、救おうとする。

    やくざの啖呵も、迫力あって怖ぇぇ…と、びくついてしまうが、
    目に見える外見や言葉が、一体なんぼのもんだと言うんだろ。
    本能が先走り、無茶苦茶やらかす二宮、桑原の鉄砲玉コンビ見てると、
    (綺麗ごと)で、身を守ろうとしている自分がなんか恥ずかしくなってきた。(^^;

    ストーリーは途中、相関図が出てくるほど、たくさんの組織やら、人間出てきて若干ややこしかったけど、
    二人の背を追うてるだけでも、充分面白かった!

  • 疫病神シリーズ第1弾。
    建設コンサルタントとヤクザの金儲け話。
    とにかく会話のテンポがいいので、あっという間に読み終わった!本当は、裏社会や建設業界の怖〜い話なんだろうが二人の大阪弁での掛け合いが面白おかしく一気に読める一冊。

  • 黒川博行の本の面白さは、私的にはスピード感につきます。一度読みだすと、止まらない感がいいですね。疫病神シリーズは、本当面白い。映画化されないか、密かに期待しています。

  • 読みやすい!面白かった!
    舞台が大阪の街なので、とても親近感があって、ニヤリとさせられました。

  • 借りて読了。
    お話は面白いです。が、粗野でバイオレンスな世界がやっぱり苦手でした。裏社会なんて好んで覗きたいものではないですね…。

  • 関西弁が軽快で面白い。

  • 自分にはバイオレンスすぎて読んでて疲れたけど、筋を通す考え方には共感、意外と読後感はさわやかだった。

  • 久しぶりにハードボイルドの本格派に出会った。

    ハードボイルドといえば、大沢在昌の「新宿鮫」が頭にあって
    刑事とヤクザという関係が頭から離れない。

    今回の疫病神シリーズは違う。

    主人公が2人のコンビだ。

    二宮は建設コンサルタント。
    建設現場にはヤクザがまとわりつく。
    毒を以って毒を制すため、建設業界ではヤクザを使ってヤクザを
    抑える対策を「ザバキ」とよび、二宮は建設会社からサバキの依頼を
    受けて組関係を斡旋してその仲介料を主な収入にしている。
    堅気とヤクザの中間位の位置にいる。

    一方、相棒の桑原は現役のヤクザ。
    二蝶会の幹部。
    彼の収入手段(シノギ)は倒産整理と建設現場のサバキ。
    その点で二宮と絡んでいる。
    他には愛人にカラオケボックスを経営させている。

    このシリーズはこれから読むので、どんなサバキの以来が有るかが
    楽しみの一つになると思うが、
    1作目は「産業廃棄物処理場」をめぐるドロドロした巨額の利権と
    悪党どもの関係が複雑に絡み合って、
    図式化しないと分からない関係が出てきて、頭がパニックになるが、
    そこはまあ適当にイメージして読み進めていこう。

    読み進めて感じるのは、二人の絡みのテンポの良さと
    会話が面白い。これがこのシリーズの楽しいところ。
    そして、著者のこだわりもチラチラと出てくる。

    例えば、産業廃棄物処理法とかの条例とか細かな点を
    二宮に語らせたり、本を沢山読んで調べている所を
    小説の中でも出しつつ、著者本人も徹底的に調べて
    分かり易く書いている点がこだわっている。

    本作だけでは判断できないが、
    2作目、3作目を読むにつれてコンビの絡みも面白くなり
    さらに色んな業種の裏事情を絡ませながらの物語が
    今後読む楽しみになってきた。

    ブログ「沖縄面白本棚」より

  • 流行の産廃業者の舞台裏です。直木賞受賞者らしいですね。
    シリーズ物です。この作品のシリーズ作で受賞されたみたいですね。関西弁あわない人は向いてないんじゃないのかな。

全119件中 1 - 10件を表示

黒川博行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
黒川 博行
有効な右矢印 無効な右矢印

疫病神 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

疫病神 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

疫病神 (新潮文庫)の作品紹介

建設コンサルタント・二宮啓之が、産業廃棄物処理場をめぐるトラブルに巻き込まれた。依頼人の失踪。たび重なる妨害。事件を追う中で見えてきたのは、数十億もの利権に群がる金の亡者たちだ。なりゆきでコンビを組むことになったのは、桑原保彦。だが、二宮の"相棒"は、一筋縄でいく男ではなかった-。関西を舞台に、欲望と暴力が蠢く世界を描く、圧倒的長編エンターテインメント。

疫病神 (新潮文庫)のKindle版

疫病神 (新潮文庫)の単行本

ツイートする