ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか? (新潮文庫)

  • 39人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (1)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 柳沢有紀夫
  • 新潮社 (2009年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101370514

ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか? (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中立的に立とうとした文体で、内容も否定的で無いものが多くあり、著者もアメリカのような地域によって極端に異なるような場所では無いことを前提にした内容なのでこの手の物が苦手な人も気分を悪くしないで読めると思った。
    最後のコン・ヨンソクさんのあとがきにあったような忠告のおかげでこの本の中立性が保たれているとも思う。

  • 小説ではありません。報道でよく目にする「嫌われ者の日本・日本人」は事実なのか?
    オーストラリアに住む著者が世界各地の日本人海外在住ライター仲間を通じて集めた、「普通に暮らす」人々の声を集めたレポートです。面白かったですよ。

  • ちょっとポジティブすぎやしないかと思ったのですが、海外に行ったことはないのでよくわからないです。
    ただ、オーストラリアだけの情報が多かった気はしました。
    もっといろんな国からのレポートがあってもよかった気がします。

全4件中 1 - 4件を表示

ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか? (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか? (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか? (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか? (新潮文庫)の作品紹介

「韓国で元従軍慰安婦たちが反日デモ」「デトロイトで工場労働者が日本車に放火」「大人がマンガを読むヘンな国」-国内で報道される「世界から見た日本」のイメージは否定的なものばかり。でも、ちょっと待って下さい。外国の人から直接そう言われたことがありますか?海外在住日本人ライター集団を組織する著者が、世界各国から現地の声を集め、真実のニッポン像を紹介する、驚異のレポート。

ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか? (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする