緘黙―五百頭病院特命ファイル (新潮文庫)

  • 118人登録
  • 3.45評価
    • (3)
    • (17)
    • (15)
    • (5)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 春日武彦
  • 新潮社 (2012年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101370866

緘黙―五百頭病院特命ファイル (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 専門用語が多いのはなかなか疲れるけど、話としてはまあ面白い話だった。

  • 三人三様の精神科医の治療話。ってとこ。ファイルだしね。患者の話に意外性はあったけど取ってつけた感強し。辞書を読み終えた気分。

  • 大きくは精神科医。けれどその成り立ちは全然違う。お互いのもちを活かしながら活躍していく様は読んでいてよかった。ただ、最後の「どうして」の部分はあっさりしすぎだと思う。

  • 医療系のドラマばかり見ているので、本でもこのジャンルに挑戦してみようかな~と思える表紙です。

    緘黙という言葉を始めて知りました。
    ゆるーくだらーっと話は進みますが、緘黙の理由が知りたくて!
    結局盛り上がりにかけるオチだと感じましたが、総じて面白く読めました。

  • 非常に読みにくい本だった。いくつかの場面をつないだと言った感があり、映像で見るには適しているのかもしれないが、言葉で羅列はしんどい。

  • 人に勧められて読んでみたら、思いの外面白かった。小説っぽくない文章だけど読みやすい。
    精神病棟のエピソードの小説というと、サイコの悪趣味やグロテスクなイメージがあったけど、この小説はただ人間の精神の不思議にしみじみと思いを馳せる感じ。
    登場人物の妙に具体的な細々した設定が面白く、リアルな感じがあって、それぞれの趣味や家族や、部屋の家具とか服装とか、髪形や使ってるシャンプーみたいな、描かれてないとこまで想像できそう。本当にいる人たちの特集記事みたい。さすが人間の専門家の観察力だな。
    ミステリー的な題材だから、オチを期待してしまい、過去に事件のあった日の日付の齟齬が気になった。もういいか、て適当に決めたのかな…。それとも伏線?

  • そんなに話さずにいられるものかしら?

  • 手に取ったときよりも読み終わった後の方がテンションが上がった。こういう本はいい。シリーズ化してほしい。

  • 文庫で購入。

    専門書はわりと読んでいて、結構分かりやすくて良いなぁと思っていたら、小説まで書かれていたとは、とびっくり。

    小説としては、力士の失踪と15年緘黙を続ける男性とどう繋がるのか?とか何です緘黙がそんなに長く続くのか?とか気になりつつも…
    一人称だったり三人称だったり、視点がコロコロ変わったり、唐突に話が転換したりして、正直、小説としては★2つかな。
    精神科とドクターと疾患について、専門書ほど堅くなく読めるというところと合わせて★3つ。

  • う〜ん、これは超オススメという本でもなく、
    しかし 妙に迫力があって僕はとりあえず こういう微妙なお味の小説も好きです。
    妙に詳細なところに拘るというか、殆どそれだけで物語が進行して、
    感動的なメッセージや予定調和的展開とは無縁な、
    しかし印象的な物語
    次作もあれば、読んでみたいです。d^^)

全19件中 1 - 10件を表示

春日武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

緘黙―五百頭病院特命ファイル (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

緘黙―五百頭病院特命ファイル (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

緘黙―五百頭病院特命ファイル (新潮文庫)の作品紹介

十五年間、無言を貫き続けているという、新実克己。「緘黙」としては、もはや世界レベルの症例である。新実をある事情から受け入れた五百頭病院には、いずれも個性的な三人の医師が勤務していた。津森慎二、大辻旭、蟹江充子-彼らのうちに、新実が自ら築いた堅固な城壁を崩せる者は存在するのか?豊富な臨床経験を持つベテラン精神科医が描く、新たな医学エンターテインメント。

緘黙―五百頭病院特命ファイル (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする