柳に風 (新潮文庫)

  • 105人登録
  • 3.53評価
    • (11)
    • (9)
    • (29)
    • (0)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 古田新太
  • 新潮社 (2009年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101371511

柳に風 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ばかさ○ リズム○ ゆるさ○ 天晴れ♪♪

    スイスイ読めちゃう!以上!
    鬱真っ只中のの自分でも読めたんだから(^○^)


    古田新太、大泉洋、三谷幸喜、
    阿部サダヲ、水木しげる、星野源、千鳥、さんまさん
    などなど

    はい!!好き!大ファン!
    なんなんだろう?この人達の魅力って

    顔を思い浮かべるだけで、
    元気、出ちゃうんですけど
    凄いよね?うん、凄いなぁ。

  • 朝の王将でビールが飲みたくなった。やんちゃだし破天荒であることには違いないんだけど、シビアにも生きている人間古田さんが大好き。カッコいいなー。

  • 単行本あとがき、文庫版あとがき、さらにドーン!とお得感も満載。最初から最後までずっと面白い。
    久しぶりに見たよ「ヨロシク、メカドック」を。

  • テレビでは観れない部分が晒されてておもろい。

  • 劇団新感線の看板俳優古田新太のエッセー。

  • 劇団☆新感線の古田新太氏のエッセイ。

    ドラマ 夢をかなえるゾウ のときは散々笑わせていただき、やたら濃いキャラクターとして認識したのだが…うん、やっぱり濃いね。

    通勤途中なのににやにやして読んでしまったわ。あとがきの後には八嶋智人さんとの対談も収録。

  • 口述筆記のような文体で語られる破天荒なエッセイ。

    最後の対談が面白かった。
    野田秀樹のくだり。

  • 「柳に風」4

    著者 古田新太
    出版 新潮社

    p171より引用
    “世の若者たちよ、キチンとしよう。楽だからといっていつでもぐにゃぐにゃしてないで、少々堅苦しくてもピシッとする時間を作ろう。その方が絶対チャーミングでSEXYに見えると思う。”

     役者である著者による、
    雑誌連載をまとめたエッセイ集。
    舞台の打ち上げの話から自転車泥棒の話まで、
    著者のサービス精神があふれるエピソードが盛り沢山です。

     上記の引用は、
    著者のSEXYに対する考え。
    何事もメリハリや緊張と弛緩が大切だということでしょうか。
    何でも有り余るほどあると値打ちが下がるのは、
    世の中の常なんだろうなぁと思いました。
     読んでいると毎日楽しそうに過ごしているなぁと感じます、
    感じはするのですが真似はできなさそうです。
    公衆便所で寝たら風邪を引いてしまいます。

    ーーーーー

  • これの単行本verを拝読中。
    ナイス古田節。下品だが嫌いじゃない、こういうの。

    単行本36頁(「ポジティブ」)で ト オ ル さ ん の打ち上げ挨拶シーンがあって噴きました。『眠れぬ夜を抱いて』で共演なさっていたのか。
    しかも打ち上げの挨拶が、相変わらずふわっと毒www
    この歪みのなさよ。仲村さん好きです(知ってます)

    池田成志さんや伊藤英明さん、犬山イヌコさん渡辺いっけいさん……色んな役者さんがチラホラ出てきて愉快。

  • 古田新太さん、面白い。そしてカッコイイ!
    遅ればせながらファンになり、エッセイ出ていたので買ってしまいましたが、お芝居じゃ見られない古田さんの一面が垣間見えてにやにやしたり共感したりしながら一気に読めてしまいました。

全22件中 1 - 10件を表示

古田新太の作品

柳に風 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

柳に風 (新潮文庫)はこんな本です

柳に風 (新潮文庫)の単行本

ツイートする