月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)

  • 1801人登録
  • 3.79評価
    • (197)
    • (193)
    • (289)
    • (22)
    • (3)
  • 234レビュー
著者 : 北村薫
制作 : おーなり 由子 
  • 新潮社 (2002年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101373270

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 行きつけの図書館で、司書さんお勧めのコーナーにあった一冊。北村薫によるお話と、おーなり由子のほんわかとし雰囲気のイラストが続きます。

    想像力豊かな作家のおかあさんと、ちょっと大人びたさきちゃんの日常のやりとり。新井さん宅に住み着いた白熊が”アライグマ”になってしまったり、初めの数話では「おちはどこだ!」と期待しながら読んでいました。

    読み進めると、二人の会話にほんわり、しんみりとされてきます。親子と言うよりは友達同士のよう。お父さんが登場しない理由もそれとなく理解。こんな感受性豊かな親子の関係っていいですねえ。

    「聞き間違い」では笑みがこぼれ、「連絡帳」ではニンマリ。「猫が飼いたい」では少し切なくしんみり。

    月の砂漠をー
    さーばーさーばと
    さばのー 味噌煮がー
    ゆーきーました

    さばが歩いている?どんな風景なんだ!

  • なんて事のない日常を優しく切なく描いた母娘の12の物語。

    さきちゃんとお母さんの可愛く心温まるお話が私を過去の世界へ誘う。母を思ったり娘を思ったりしながら物語を進めていく。
    名札のつけ忘れ、補助なし自転車の練習、交通旗振り当番、名前の由来、連絡帳のチェック、動物を飼いたいと言われた時、新聞紙を持っての前髪をカット…。
    ある、ある、思い出される愛おしい日々。喧嘩もたくさんした、もっと違ったやり方もあったのかな?
    だけど、さきちゃんのお母さんならこれでいいんだよ〜と優しく笑ってくれるはず。

  • お母さんと娘であるさきちゃんの日常を綴った短編集。
    さきちゃんの日記を垣間見ているかのような展開で、2人の掛け合いや発想にほのぼのとしたり、はっとさせられる。母娘の仲睦まじいやり取りを余所に、父が不在であることの切なさも垣間見え一辺倒にはいかない流れはさすが。

    年齢を重ねても、いつまでも2人のような柔軟な発想を持っていたいなぁと思う。傍に置いておきたい1冊です。

  • #読了。
    さきちゃんと作家のお母さんの、ほのぼのとする二人暮らしを描く。二人のやりとりや会話からあたたかい気持ちや大切なものが何なのかを考えさせられる12の話。
    何気ない生活の中に、少しの寂しさや切なさを感じさせる場面もあるが、それも生活の1コマとして大切にしている様子が伺える。読後感はよく、あたたかな気持ちにさせられると同時に、子供の感覚や感情表現の素晴らしさを再認識する作品。

  • 現実を見がちなわたし。
    でも娘たちにはこんなワクワクがいっぱいの生活が楽しいに決まってる。
    私ならこうしちゃうなってとこも、ちゃんと向き合ってあげて一捻りもふた捻りもできるこのお母さんがとっても素敵に見えた。
    試しに寝る前のお話を1話みたいにしてみたら、娘たちの目が爛々とした! キラキラしてた。
    おーなりさんの挿絵がすごくほっこり。そして少し切ない。
    楽しい嬉しいだけじゃない、日常のいろんな感情を、それでも愛情あるフィルターで見つめる2人。これって人生において一番大事なことなんじゃないかと思う。何が起こるか、よりどう感じていくか。
    楽しく生きれば楽しい人生になる!

  • 2015.12月3日読了。

    ああ、いいな、この関係。
    母と娘のゆるいけど強いつながり。
    この距離感。

    ああ、いい。

  • さきちゃんはおかあさんと二人暮し。日常にある小さな出来事がとても愛おしく過ぎていきます。何か事件かあるわけではないのだけどとても優しい気持ちになる本です。一緒にかいてあるイラストもとてもかわいらしくて雰囲気ぴったり。

  • なによ、とってもいいじゃない。
    絵が描いてある、と思って最後に追加した本だ。
    アライグマになっちゃった新井クマさんのところで掴まれる。そのあとじわじわくるおかぁさんの気持ちも、大人びた、自分の意見をはっきり言えるさきちゃんも、とってもいい。大好きになった。
    人に勧めたい本でした。
    たくさん、何度も読み返したい本になりました。


    ¢20 日本語学校バザー2014

  • 9歳のさきちゃんと作家のお母さんの日常を描いた12の物語。おーなりさんのあたたかくて優しさを添えているイラストにココロ癒されながら読み進めていくと物語の中の温かさ、切なさなどに胸が高鳴っていきました。

    くすくすと笑えるような微笑ましい場面があるかと思いきや、中にはドキッとしてしまうようなところもあってなかなか考えさせられました。

    北村薫作品はこちらが初めてでしたが、こちらの作品はずーっと手元に置いて、何年か後にまた読み返してみたいです。

  • 盤上の敵で落ち込んだため癒しを求めて再読。
    と、思いきやよけいに泣いてしまった。

    お母さんとの、日常の何気ないやりとり。
    本当に何気ない、明日になったら忘れているようなこと。
    でも何年後か、何十年後か、たって懐かしく思い出すのはいつだってそういう記憶たちなのだろう。

    そういうことを思うと、4月から親許を離れることもあり、お母さんが「月の砂漠」を歌う場面では涙が止まらなかった。

    また、聞き間違いは、もっとも身近な「日常の謎」だと思った。
    「さそりの井戸」もいいなあ。

    わたしが初めて読んだ北村薫作品であるが、おすすめの本を尋ねられたら必ずあげている本でもあります。
    本当に素敵な、宝物の本。

全234件中 1 - 10件を表示

北村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)の作品紹介

9歳のさきちゃんと作家のお母さんは二人暮し。毎日を、とても大事に、楽しく積み重ねています。お母さんはふと思います。いつか大きくなった時、今日のことを思い出すかな-。どんな時もあなたの味方、といってくれる眼差しに見守られてすごす幸福。かつて自分が通った道をすこやかに歩いてくる娘と、共に生きる喜び、切なさ。やさしく美しいイラストで贈る、少女とお母さんの12の物語。

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)はこんな本です

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)の単行本

ツイートする