北村薫のミステリー館 (新潮文庫)

  • 92人登録
  • 3.39評価
    • (3)
    • (11)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : 北村 薫 
  • 新潮社 (2005年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (515ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101373294

北村薫のミステリー館 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 本を読んでいる人が選ぶ特選集。これは興味深い。正直、これはよく分からん、って作品もあったけど、概ね面白かった。個人的には、「わたしの本」の優しくて温かい感じが好きだった。しかし、何よりも奥泉光の「滝」がダントツ。初めて読む作家さんだったが、この人の本、絶対読もうと思えた。この作品を読めただけで、この本を買った価値がある。ずば抜けた語彙力を、卓越したセンスと直喩で操り、独特だが共感できる表現で、身近を遠くに表現するって言うのかな?対比が絶妙。対比しつつも、暗雲立ち込める物語のグラデーションも見事。美醜や明暗、陰陽が、緩やかに深みへ沈んでいく思考の不健康な感じがナイスです。こんな登山は嫌だ。

  • いろんな作家のミステリーが面白い。

  • この人のセレクトは信用できます。
    読みたい本が一気に増えてしまった。

  • 色々な話が読めて楽しかった。
    フレイザー夫人の消失はかなり昔に読んだことがあるのだけど、何に収録されていたのかわからない。
    少量法律助言者は声を出して笑った。

  • うっすらと読んだような記憶があるけれど。

  • 北村薫 編

    『ミステリー館』の愉しみ 宮部みゆき・北村薫

  • ミステリー館って名前だけど
    いろいろなジャンルのお話がつまってます。
    中でも奥泉光の「滝」は秀逸。
    宗教の政治的意思とか限界状態の少年たちとか。
    あと日本語を自動英訳機にかけてまた和訳機にかけた
    「少量法律助言者」が面白い。
    擬態語は名詞として扱われちゃうのね。
    アンソロジーは新しい出会いが多くて好き。

  • 先日読んだ、北村薫の『自分だけの一冊、北村薫のアンソロジー教室』(新潮新書、2010年1月)に出ていたおすすめの文庫本。好きな作家が、「面白い本だよ!」などと言うものだから、ついつい読んでしまう。ほんのさわりだけのつもりが、どっぷりとはまって、結局完読。文庫版なのだが、あとがき代わりについている、宮部みゆきさんとこの本の編者・北村薫さんの対談が良い。

  • 読書の面白さ、ミステリの奥深さを再確認させてくれる、そんなアンソロジーです。ミステリと言っても事件が起こり探偵役がそれを解決するというものばかりでなく、編者である北村薫がどこにミステリ的魅力を感じたのかを考えながら読むのも楽しいかも。

  • もう何度も言っているけど、わたしは翻訳物の文章が読みにくくてニガテ。
    「虎紳士」とか「息子」みたいな、「何言いたいんだ?」ってお話がダメ。
    途中で投げ出しそうになったけど、でも「告げ口」以降はシンプルな分かりやすい話が続くし、後半は日本の作家だったからなんとか最後まで読めた。
    一番のお気に入りは高橋克彦さんの「盗作の裏側」。
    松本清張さんっぽい。
    あと面白いのは、一寸法師を翻訳ソフトで英語にして、その英語をさらに翻訳ソフトで日本語にしたもの。
    全く意味不明。ちんぷんかんぷん。
    でもこの試みって、面白い。
    っていうか、誰しも一度はやったことがあるのでは。(わたしだけ?)
    最後に入っている北村薫さんと宮部みゆきさんとの対談「ミステリー館の愉しみ」を読むと、お二人がほんとにミステリー好きなのが分かる。
    わたしは新本格の世代なんだなぁ。
    確かにこの本に載ってる作品は面白かったけど、ちょっと物足りない。

  • 北村薫が選りすぐった、他人の短編集。

  • 全18編のアンソロジー。本格ミステリーものの短編や高橋克彦、ヘンリー・スレッサー、

    ハイスミスといった推理作家の作品もあるがそれ以上に純文学、絵本、怪談等バラエティに

    富んだジャンルの短編が収録されている。これまで読む気のなかった、あるいは知らない

    作家の作品が大半で北村薫の読書範囲の広さにまず驚く。どれもが語りのテクニック、

    描写のトリックが凝らされ一編ごとに違う世界が展開し、たいへんに読み応えがあった。

    巻末には北村薫と宮部みゆきによる各作品の面白さについての対談を収録。これが読後感を

    倍増する内容の濃さ、お二人と一緒に読んではしゃいでるような気分になる。一編一編を

    読み終わっていくのがこれほど楽しいアンソロジーというのも久しぶり。特にお気に入りは

    岸本佐知子のごく短い二つの短編「夜枕合戦」「枕の中の行軍」。今年の「本の雑誌」

    11月号の書評家座談会で大森望、豊崎由美と共に参加していたのが岸本佐知子だった。

    掲載された書評の文章が自虐的な冷たい怒りのこもった文章で面白いし、変わった発想を

    する人だと思っていたら書く短編もシュールで不思議な味わい。文章も癖になるものが

    あってこの人のエッセイ集や作品集が刊行されたらぜひ手にしたいです。

  • ミステリーに疎い私でも、ひきつけられる話が多かった。一つ一つの話の並べ方がいい。

全17件中 1 - 17件を表示

北村薫のミステリー館 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

北村薫のミステリー館 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北村薫のミステリー館 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする