飲めば都 (新潮文庫)

  • 515人登録
  • 3.61評価
    • (23)
    • (64)
    • (58)
    • (12)
    • (1)
  • 72レビュー
著者 : 北村薫
  • 新潮社 (2013年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101373331

飲めば都 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 酒は飲んでも飲まれるな。

    お酒を絡めた失敗談を基軸にした、OLさんの成長?記。ちょっと変わった切り口です。
    個々のエピソードの間に結構な年月の開きがあって、1冊トータルだと結構長い時間が経過しています。題材は全然違うけど、加納朋子「七人の敵がいる」をちょっと思い出しました。

    前後不覚になるまで酔いつぶれた経験がないので、正直酔っ払い談には感情移入できる要素がないのですが、人間模様の軽妙さに助けられてサクサク読み進めることができます。

    …なーんて軽い気持ちでいたところに指輪エピソードだもんなあ。ガツンとやられました。そして月形君のまさかの顛末。やがて巡ってくる、都さんのターン。

    北村薫氏が覆面作家だった頃、多くの人が女性だと思っていたという逸話は有名ですが、本作を読んでも、やっぱり氏が男性だとは信じられない。見返しの著者近影、何かの間違いではないのだろうか。

    女と男の機微を、女性目線から細やかに、そしてリアルに描き出してしまう。ライトな作品だけど、北村薫ってやっぱり恐ろしい作家です。

  • 性別は違うけど、他人とは思えない飲みっぷりと記憶の無くしぶりに、不思議な親近感がわいてきます(自分も酒大好き&酔うと記憶を無くす系なので)。

    そうした酒飲みあるある的な、けれどほっこりするゆる〜い感じのエピソードの数々にとても癒されました。

  • 北村薫の飲めば都を読みました。

    ヒロインの小酒井都は30歳でこぼこの雑誌の編集者、独身です。
    ところが、都は酒好きで、酒を飲むとちょっと性格が過激になるという性癖があるため、酒にまつわる失敗談は数知れず。
    でも、都はかわいい性格なので、失敗も何のその明るく仕事をしていくのでした。

    都は気になる男性小此木さんと飲みに行くのですが、その後記憶がなくなります。
    自分のマンションまで来てもらったぼんやりとした記憶があり、何かを押しつけた記憶もあるのですが、それが何か思い出せません。
    そして、なくなってはいけないものが、いくら探しても見つかりません。
    「探し物は何ですか」事件は抱腹絶倒でした。
    そして、下には下がいる、小此木さんは都の嘘の説明を信じてしまうのでした。

    都の職場は文庫や雑誌を編集しているところなので、言葉に関する蘊蓄もあって、おもしろく読みました。
    あられもない、とはどういう意味なのか、ということに別々の嘘の解説が出来てしまうところなどは、さすが北村薫です。
    また、漱石の「夢十夜」のパロディ「嫁十夜」も面白いけど怖かったのでした。

    こんな飲んべえの女性はよく見かけるような気もして、親近感がわいてしまいます。

  • 酒にまつわる話で下品にならないところは、さすが北村センセイ。編集者の仕事ぶりも読んでいておもしろかった。

  • 北村薫は初。
    前から、ベッキーさんシリーズを読みたいなーって思ってたんだけど、それより先にこちらを読んじゃいました。
    書店でタイトル買い。主人公が編集者ってところにも惹かれました。
    ……が、前半は「コレジャナイ」感があって。
    「指輪物語」は良かったけど。

    オコジョさんとの恋が始まってからは面白かった!
    勘違いでパニックになっちゃう「王妃の髪飾り」とかね。
    後半は一気読みでした♪

  • 北村さんの本は初でした。なんか、最初のページでガッツリ捕まっちゃったみたい。楽しいお酒が飲みたくてしょうがない…って気分にさせられちゃいました。どのキャラ達も個性的で、なのにアクが強すぎるって事もなく、お酒のお供にぴったりでした。

  • 呑み助(女性に助は失礼か)の都さんの呑み談話。呑む人なら経験した、もしくはしそうになった事が結構載っており、笑いながら読むことができました。また、お酒の名前もちょいちょい出てきて、「知ってる!知ってる!」と思いまた飲みたくなったりするんですよね。個人的には口説き上手の下り好きでした

  • 2017/8/15(火曜日)

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    人生の大切なことは、本とお酒に教わった―日々読み、日々飲み、本創りのために、好奇心を力に突き進む女性文芸編集者・小酒井都。新入社員時代の仕事の失敗、先輩編集者たちとの微妙なおつきあい、小説と作家への深い愛情…。本を創って酒を飲む、タガを外して人と会う、そんな都の恋の行く先は?本好き、酒好き女子必読、酔っぱらい体験もリアルな、ワーキングガール小説。

    酒に飲まれてぐだぐだになる女の人ってどうなのかな?と思いつつ読んでいると一緒に飲みに行きたいかもと思ってしまった。酒と編集の話しばかりですが、淡々と進んでいく日常を描いたような連作は好きなので楽しんで読めました。その反面ちょっと染み込みは弱いので直ぐどんな本だったか忘れてしまいますですね。

  • 永遠の直木賞候補と呼ばれた北村薫の、酒飲み女性編集者を主人公とした連作短編。
    面白いんだけど、なかなか直木賞にならないのがよく分かる。いまいち詰めが甘いんだよな。そこが魅力なんだろうけど。

全72件中 1 - 10件を表示

北村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

飲めば都 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

飲めば都 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

飲めば都 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

飲めば都 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

飲めば都 (新潮文庫)の作品紹介

人生の大切なことは、本とお酒に教わった――日々読み、日々飲み、本創りのために、好奇心を力に突き進む女性文芸編集者・小酒井都。新入社員時代の仕事の失敗、先輩編集者たちとの微妙なおつきあい、小説と作家への深い愛情……。本を創って酒を飲む、タガを外して人と会う、そんな都の恋の行く先は? 本好き、酒好き女子必読、酔っぱらい体験もリアルな、ワーキングガール小説。

ツイートする