先生の隠しごと 僕僕先生 (新潮文庫)

  • 253人登録
  • 3.63評価
    • (13)
    • (30)
    • (37)
    • (2)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 仁木英之
  • 新潮社 (2013年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101374352

先生の隠しごと 僕僕先生 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 登場人物の気持ちが全く掴めなかった。
    ラクスとは結局なんだったのかイマイチ分からなかった。
    僕僕先生の昔の想い人の生まれ変わり?単に似ているだけ??
    結末も腑に落ちない。
    僕僕に受け入れられなかっただけで何故ラクスは一人で去ったのか、さっぱり。。。
    前作に比べるとやや残念。

  • いくらそっくりでも別の人間なんだよ。
    それを、勝手に過去の誰かに重ねられても困るよ。
    思い込みで人を見てどうしますか。
    その思い込みが、人を捻じ曲げてしまうことだってあるのに。

  • シリーズを読み進めて来て、前作辺りからか?段々とシリアスというか、重めの内容になって来た。
    序盤の設定を描かれた部分を読み進めるのにも、ちょっと疲れるようになってきたかな。
    初刊の緩いノリが影を潜め、登場人物の過去とか核心的な成長とかが描かれるようになって、面白いし先への展開をいろいろと想像させられる...。

  • 僕僕先生の過去が少し触れられる回だけど、いまいち共感できず…。でもやっぱり一気に読めた。

  • 僕僕先生シリーズ

    人間に戻った蚕嬢とわかれ
    次へ向かったのは、蛮族たちのユートピア「クラシア」
    ここは一見自由で縛られない里だった???

    「ボクはクラスの妻になることにしたよ」

    僕僕先生の衝撃のひとこと
    王弁は茫然(笑)

    劉欣がいい感じに人間くさくなってきたなぁ
    今回の僕僕先生は、乙女チックで煮え切らず
    ちょっと好きじゃないかも

  • 僕僕先生シリーズ五作目。
    シリーズものとして展開が固定されてきた一方で、仙人のキャラクターがたゆったり、断片的に過去が明かされたりと、長期連作ならではの楽しみがでてきている。
    今作は特に、為政者の理想と危険性をファンタジーに乗せながらもシンプルに描いているとも思った。読み物としてバランスよくできている。
    3

  • 王弁がうかうかしてるうちに僕僕が他人の妻になりそうに…!

    なんだか闇の深い巻。

  • 久方ぶりに。てか1年くらい出てたの気づいてなかった。。。

    旅路は続くものの、まさかそこにつなげていくとは。なるほど、おかしくはないけれども、ファンタジーだなと。

  • ぎゃー!
    まさかの先生が結婚?!
    先生が先生らしくない。。。
    だけど、間違った道に進もうとする昔の恋人に似た人を
    助けたい気持ち、先生乙女だね〜。

  • 乙女心と拠比の剣

    あらすじに書いているとはいえ「ボクはラクスの妻になることにしたよ」の一言にどきり。さびしい女神の碧水晶の恋で盛り上がってからの,僕僕のこの一言は衝撃でした。

  • シリーズ第5弾。3巻まではどんどん面白くなってきたという印象だったけど、4巻、5巻とその手応えがなくなってきた。

    悪い意味で、週間少年ジャンプのようなのだ。弱い主人公が強い敵と闘い、倒すと仲間になり、メデタシと思ったらもっと強い敵が現れて闘う、の繰り返し。努力、友情、ときどきギャグ。味付けに恋愛。究極的にはセカイのあり方をこのちっぽけでヒーローなんて一番似合わない主人公が握っている...
    そういう物語を否定するわけではない。そういうジャンルもちゃんとあるし私も読んで楽しむことがある。

    だけど、この僕僕先生シリーズに関して言えば、始まりは違った。著者には表現したい何かがあり、それを生かすために選ばれたファンタジーノベルという舞台。主人公たちが次第に著者の枠を打ち破って飛び出したかのような広がり。
    それが、次第にマーケット調査に基づいて作られた敵キャラと舞台と展開に変わってきたように感じる。こういう設定にすると読者ウケがいいようだ。こういう展開にすると売れる。とか。

    別に、すでに面白いとわかっている物語のバリエーションを読みたいとは、思わない。
    仁木さんの物語が読みたいんだ〜。

  • 第1作からすると、スケールアップ。
    ただ、2作目以降、バトル色が強くなって、ちょっとついていきづらいなあ・・・と思ったのも事実。
    今回もそういう側面はあったけれど、でも、大唐帝国の周縁世界が舞台になっていて面白かった。
    歌垣の習俗や、苗族の衣装の描写の鮮やかなこと。
    極限状態で治療にあたる王弁くんの成長ぶり。
    今回は、一つ一つのエピソードに納得しながら読み勧めることができて、満足。

  • ボクはラクスの妻になることにしたよ――。蛮族と蔑まれ、虐げられる人々にとっての理想郷・ラクシア。その国を治める英雄王の突然の求婚に、僕僕が応じてしまった。なぜ。どうして。王弁は混乱するが、劉欣の助力を得て、光の国の謎に迫る。明かされる僕僕とラクスの関係。秘められた過去。先生、俺とあなたの旅は、ここで終わりですか……? 急転直下のシリーズ第五弾!

    揺れる僕僕先生の心、王弁の成長と僕僕との絆、劉欣の活躍そして王弁に見せる優しさ、・・・と今回もドキドキしながら読むことができました。過去と決別した僕僕先生と王弁たちの前にどんな冒険が待ち受けているか、楽しみです。今回は全体的に切ない感じだったので、次は賑やかな展開になるといいな、と思いつつ。

  •  劉欣さんと薄妃さんが良いコンビだよなと思うようになった昨今。キャラクターや各人の設定がどんどん増えて、そろそろ分からなくなってきたな……(汗)

  • 超越した仙人と思っていた僕僕先生も、見えない事や分からないことがあるのね。少しホッとしました。王弁クン、まだ希望はあるよ、何の希望か分からんけどね。

  • 今回は結構深い話。
    僕僕先生が王弁をからかうシーンとかは、全然ありません しかも、僕僕先生「ぼくはラクスの妻になることにしたよ」とか…大ショックの王弁ですが、かわいそうな人たちの為に薬師としてがんばりますよ。かっこいい王弁が見られます。(^^)

  • 僕僕先生シリーズの5作目ですが、今回はこれまでの様相と少し異なります。いつもは旅を続ける可憐な乙女姿の僕僕先生(実は仙人)と怠け者で意気地なしの王弁青年との辛辣かつほのぼのとした道中でのやりとりがミソのお話なのですが、今回の僕僕先生はこれまでとは人が(仙人が!?)違ったような言動の数々で、王弁青年は心中穏やかではありません。そのため、却って王弁青年の先生に頼れないという覚悟した行動が目覚ましいものになりました。
    今回のお話の舞台理想の国家(ラクシア)は光のまぶゆい部分だけで成り立つ国でしたが、この国の王、ラクスのことばや人々の様子に胡散臭いものを感じた王弁です。ところが、あろうことか僕僕先生はラクスに魅入られたように彼の求婚を受け入れてしまうのでした・・・僕僕先生は仙人ですから先生の記憶の奥底にある、遠い昔にあったできごとを呼び覚ますものがラクスにはあったのです。すっきりしない僕僕先生の言動に、王弁とともにイライラ感が募った今回の成り行きですが、最後にラクスのその後の行状が明かされ納得しました。「キミは危険すぎる」と僕僕先生が言ったとおりの人物になっていたのでした。

  • このシリーズ大好きです。いつも面白いですが、何か今回は特によかったです。
    登場人物がみんな生き生きしていて、物語に引き込まれます。
    今回は先生にみんなが振り回された感じが面白かったです。
    王弁が成長していくところとか、みんながそれぞれ思いやってる感じとか読んでいて、うれしくなってくるような。。
    劉欣がいいですね~。ハラハラする場面もありましたが。
    次作も楽しみです。

  • 今回は、王弁の成長物語。
    今までは、かわいいなぁと思って見ていた先生と王弁のじゃれ合いが、物語の最後では、しみじみとよかったねぇと思ってしまった。
    瀏斤の拗ね方もかわいかった。
    薄妃はみんなのお姉さんになってきたね。
    次が楽しみ。

  • シリーズ五作目。今回も少しシリアスな内容。そして、意外にも心が揺れ動く先生の様子も見られます。
    それにしても、王弁は話が進むごとに成長していくな〜。

  • この巻の先生はきらいだ。でも、王弁に関しては、医師になるということが、本当はどういうことなのかってことが分かって、一回り大きくなったので、☆一つおまけしました。
    綺麗事ばかり言う奴は、ろくでもないと昔から決まってます。ラクスを最初っから胡散臭いと思った王弁や劉欣は、かなーりいいところついてたよ、と褒めてやりたい。王弁は、人を見る目が育ってきたのかもしれないね。
    彼は、最初から他者に感情移入しやすい性格してたけど、そういうところ私もあるから、今回の苦しみは、すごく辛かった。
    自分にできることって、本当に本当に少ないね。それが情けないね。でも、そういうのを情けないとすら思わない人種もいるんだよ。そういう人が多分本当のニートなんだよ。
    王弁は、出来ること全部全部やって、今までは結構失敗もしたけど、今度こそ納得いくまでやって、もう全然昔の自分とは変わったんだなぁ。
    いつもいつも、他人任せで、先生がなんとかしてくれる、なんて言って、それが結構しょーもない奴と思ってたりしたんだけど(酷い)、今回は見直したよ。
    それから、劉欣!!あんたツンデレじゃん!でも、毒矢吹いちゃダメだって!!たとえ、薄妃が死ななくてもあかんて!!爆
    いつの間にか、王弁も大事になってたんだね。ご両親が育ててきた心が、どんどん花開いてくのが見えるようで、彼の成長を見守るのも、とても楽しいです。

  • 理想の社会とは何か?人は理想の社会を気づけるのか?

    理想のために前回は神々と、今回は自分と戦った僕僕

    僕僕が初めて自分の弱さを王弁に見せる。
    これは、僕僕が王弁を対等な立場に引き上げようとする策略か?

    がんばれ王弁、みんなが応援している。

全33件中 1 - 25件を表示

先生の隠しごと 僕僕先生 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

先生の隠しごと 僕僕先生 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

先生の隠しごと 僕僕先生 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

先生の隠しごと 僕僕先生 (新潮文庫)の作品紹介

ボクはラクスの妻になることにしたよ――。蛮族と蔑まれ、虐げられる人々にとっての理想郷・ラクシア。その国を治める英雄王の突然の求婚に、僕僕が応じてしまった。なぜ。どうして。王弁は混乱するが、劉欣の助力を得て、光の国の謎に迫る。明かされる僕僕とラクスの関係。秘められた過去。先生、俺とあなたの旅は、ここで終わりですか……? 急転直下のシリーズ第五弾!

先生の隠しごと 僕僕先生 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする