鋼の魂 僕僕先生 (新潮文庫)

  • 166人登録
  • 3.59評価
    • (6)
    • (27)
    • (23)
    • (2)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 仁木英之
  • 新潮社 (2014年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101374369

鋼の魂 僕僕先生 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一気に読破。また新しいキャラに続きを読みたい。

  • 僕僕先生シリーズ

    列強の国に囲まれた小さな里
    そこにある湖には、「鋼人」という宝が埋まっていると言い伝えられている

    里のピンチを救うため、「鋼人」を起こしに
    湖底へと向かう僕僕一行
    そこで見たものは・・

    劉欣と蒼芽香が覚醒?
    医師ドルマも旅に加わり、この先どうなっていくのか

  • (^^)

  • 僕僕シリーズ六作目。
    安定した読みやすさはあったが、前作や前々作と比べ、シリーズとしての発展に欠けた。
    これなら、短編や中編でもよかったのではないだろうか、と思う。
    3

  • 今回は新たな胡蝶の男・宋格之が登場。
    話の半分は彼の物語だった。
    残りの半分はもう一人の胡蝶、劉欣かな。

    なので、今回王弁君の活躍は特になく(笑)
    いつも通り、僕僕先生との気の抜けた会話と間抜けな行動が、いやまあ、愉しかったです(爆)

    宋格之が胡蝶から離れたのは、珍しく僕僕先生は関係なくて、その点で今までにない展開だといえる。
    一方、王弁ではなく、劉欣が鋼人を見つけ出す展開は、今回の流れではある意味必然。
    その分、僕僕と王弁のお笑い道中が見れて楽しかった(笑)

    二人の胡蝶がともに組織を離れた本質は、守らなければならない者との出逢いなのだろう。
    そんな存在の子供たちがいい味出している。
    やっぱり、子供には勝てないよね。

    さて、次の目的地はチベット高原のよう。
    ドルマさんの身の上も含め、どんな問題が起こり、僕僕先生がと王弁君がどう関わっていくのか、続きも楽しみ。

    ちなみに嫦娥さんはちゃんと月に帰れたのだろうか?

  • 相変わらず二人の距離は縮まらないなぁ。

  • 蒼芽香が仲間に加わり、王弁くんが吐蕃の医術を学びにいく旅が始まる。

    もう何冊もこのシリーズを読んでいると、その旅は、というかその旅で起こる出来事は、この巻の中で決着がつくと分かってる。
    でも、この巻では、本当にこの一冊で完結するのか?とドキドキしながら読んだ。
    ちょっとラストが詰まりすぎかなあ…。
    宋格之と紫蘭夫婦は、また別の巻に登場したりするのかしら。
    胡蝶がどういう集団かも、この巻でやっと分かった。
    まだまだシリーズは続きそうだなあ…。

  • 少しシリアス

  • 解説にもあったとおり、それぞれのキャラクターの話、その後の話が気になるところではある。

    それにしても、もう少し、地図は詳細にあってもよかったかなー。

  • 僕僕先生シリーズも第6作目になりました。美少女姿の仙人の僕僕先生と不肖の弟子王弁青年のコンビで関係はパターン化していますが、それがほっとする所以です。
    今回は始めに非情なまでの捜宝人、宗格之(そうかくし)が登場。生い立ちに始まって、皇帝から鋼の神を捜せという勅命があり、彼が行動を開始する様子は不穏な雲行きがあります。この宝捜しの行方に絡む旅路は、今回も様々な人物や神さまが登場するので、時にファンタジックであり、馴染みのお供の面々も新たな一面を垣間見せます。
    捜し出した鋼の神さまの真意は‥そして最初に登場した捜宝人、宗格之の変化も見ものでした。

全27件中 1 - 10件を表示

鋼の魂 僕僕先生 (新潮文庫)のその他の作品

仁木英之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鋼の魂 僕僕先生 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鋼の魂 僕僕先生 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鋼の魂 僕僕先生 (新潮文庫)の作品紹介

唐、吐蕃、南詔の三国が支配を狙う国境地帯、雲南。この地を訪れた一行は、孤児を引き取って暮らす男女、宋格之と呉紫蘭に出会う。やがて大国の争いは激化し、子ども達に危機が迫る中、僕僕らは村に伝わる守り神「鋼人」の封印を解くため、湖底へと向かう。迫りくる軍勢。進まぬ国家間の和解。裏で糸を引く「胡蝶」。戦争前夜の狂騒を前に。王弁は何を思う? 緊迫のシリーズ第六弾!

ツイートする