その街の今は (新潮文庫)

  • 461人登録
  • 3.44評価
    • (31)
    • (52)
    • (73)
    • (23)
    • (5)
  • 77レビュー
著者 : 柴崎友香
  • 新潮社 (2009年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101376417

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柴崎 友香
村上 春樹
村上 春樹
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

その街の今は (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 至極退屈でドラマがなく、かすかに起承転結がある感じ。いいねー。
    合コン、クラブ、といった若者の普通の日常が描かれていて、森見登美彦みたいな非モテ芸・自虐芸しか引き出しがなくて笑えない感じになってきているような作品群よりも全然リアルな青春。そりゃレコード集めたり写真集めたりするわいな、普通の人間は。くっつき別れたり。
    そして、一々屈託にフォーカスせずに淡々と進行する人間関係もいい。眉間にしわ寄せて苦悩するばかりがおブンガク様ではない。
    何より、登場人物が別に善人でないのか素晴らしいね。その点、原田マハより全然好きだなー。
    保坂和志に近いかも、と思った。女子で、大阪で、若干リア充=人並みに努力してる人たち、な保坂和志。

  • なにか事件があるわけでもなく、心踊るようなこともないのだけれど大好きな大阪の町の丁寧な描写や関西弁に癒される。淡々と進む毎日が心地よい。

  • うまれ育った街・大阪の古い写真を集めることが好きな、28歳の歌ちゃん(女性)の、どうにもうまくいかずに過ぎ行く日常と、今昔の大阪の街が、淡いタッチで緩やかに優しく描かれた小説です。

    劇的な展開があるわけでもなく、抱える問題も何一つ解決せぬままに日々にたゆたう歌ちゃんの等身大の姿と、歌ちゃんがこよなく愛する大阪の今昔の街の姿が静かに描写されていくだけのシンプルな作りですが、自分が住む街や周囲の人たちを愛おしみながら日々を過ごしている歌ちゃんは、とっても素敵です。でも、小説の主人公には似つかわしくないくらい、歌ちゃんは平凡生身で、ものすごく感情移入してしまう部分が多々ありました。

    「…わたしがまだいない時間の、この街の風景。知っている建物だけが、そことわたしを繋ぐ。…」

  • 結構レビューでは良い評価だけれど、私はあまり何も感じなかった。ミナミの様子を思い浮かべながら読めたのは面白かった。

  • 写真の表象の不在性と小説の境界横断性を巡る感

  • 人間の等身大に近い平凡な日常の話。
    何かありそうで何もないホッとできる気がする。
    続きが知りたいような気もするけど、続かなくてもいいと思えるのは柴崎さんのうまさなのかな。

  • 流れていく日々の中で、世の中にはたくさんの人がいて、それぞれにそれぞれの生活がある。そんな当たり前のことを改めて感じる。この小説はそういった生活の一部がすこし切り取られて描かれている。そんな本。

  • 街の描写が溢れる。大阪の人が読んだら更に良い作品なんだろう。

  • 内容というより、作中の雰囲気が凄い好きです。

  • 読んでいると物事を何でもあるがままに捉えられるようなリラックスした気持ちになる。

    人物たちがものすごく自然。存在もセリフも心情も周囲を見る目も全てが自然で、物語的でない。そこが安心感を与えてくれるのかもしれない。特に人物が見ているものの描写、視点の描写が特徴的だと思った。小説的じゃないというか、物語を構成するための意図的な取捨選択が少なくて、その人物の見ている景色が本当にそのまま描写されているような感じがする。そのおかげか、小説の中の人物たちが私たちと同じ世界に実在しているように感じられ、親近感が湧く。小説の世界に没頭しているのに別世界感が全くなくて不思議な感覚だ。

    この小説から感じる温かさや安心感の正体はなんだろうと思っていたら、解説に書いてあった。
    『この世界のあやうい偶然と均衡の美しさ。』
    まさにそれだ。強い主張や面白い展開はないが、偶然に満ちた日常の美しさを再認識させてくれる素晴らしい小説だと思った。

  • 普通の日々を切り取って描かれる物語って簡単そうで実は難しい。日常ってものすごい盛り上がりがあるわけではないから。
    それを丁寧に描いていることが、この作品の魅力になっている。
    主人公たちの日々の出来事を通して、大阪という街を浮き彫りにしている作品。

  • もうまったくといっていいぐらい普通の文章、普通の展開で普通ではない何ものかを語ろうとする小説です。好みではないので断念。

  • 大阪がよくわかる人にはもっともっと楽しめると思います。

  • すごくすごく大切な作品。

    スペシャルドラマの方も好き。

  • 2015年によかった本10位以内に入れた本。もう一回読みたくなって。「おまえ……、おまえはぁ、一人でも大丈夫やけど、おれは、あいつのことはほっとかれへんねん、って言うねんやん」「ほんまにそんなこと言うんや」「あほや」。そう!それ!あほやって言ってたいのよ。あほや言うてても、いろいろよく見てたり大事に思えたり、よかったって思ったりするのよ。昨日読んでた本は、時間は命っていうのはいいなって思ったけどあとはきれいなことばっかりで疲れた。

  • 第27話(12月10日放送)に登場。夫・健吾の仕事の都合で大阪行きを決意した彼女が、この作品を読んでいたのは偶然ではないでしょう。過ぎ去った時間を優しく包みこむ大阪の街を舞台に、そこに暮らす若者の日常を温かく描く物語を通して、大阪を好きになろうと努力しているのかもしれません。

  • 実は何度か挫折。ようやく読了です。

    大阪を舞台に28歳の歌ちゃんを主人公に、恋人になりかけの青年・良太郎と、昔からの女友達たち、そしてバイト先のカフェのマスターと馴染みの客たち。
    そしてもう一つの主人公が大阪の街。土地鑑が無いので付いて行けない所もあるのですが、過去と現在がじっくりと描かれます。
    大きな展開や特徴的なテーマが描かれるわけでもなく、静かにゆったりとした歌ちゃんの日常を丹念に描いた作品です。
    純文学、芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞受賞作品です。

  • 実は芥川賞受賞までは知らなかった作家さん。
    馴染みのある大阪の街について書いてあるようだったので、読んでみた。
    自分も生活していたあたりがよく出てきて、想像しながら読めたのでおもしろかった。あのあたりを主人公は歩いている、自転車に乗っている、など。大阪の街を知らない人でも、その豊かな表現力で楽しめるし、純粋に登場人物がおもしろい。おもしろいというか、そのへんにいそうな人たち。
    当たり前の日常を丁寧に、少しだけ深く切り取ったような小説。感度をあげたくなる小説。

  • 大阪愛のある方はいいかも。
    さらりと読める本です。
    わたしはあまり好きではない。

  • 大阪に詳しくないから、つまらなかった。

    その街に詳しくなくても、楽しめる作品は多い。
    よいうことで☆1つ。ごめんなさい。
    なんか、薄いのだ。

    しかし、タイトルにあるような
    述べたいことは述べられていると思うので
    好みの問題だろう。

  • 純文学はお断り!

     —— 映画「きょうのできごと」の原作者とのことで、著者の作品を初めて読む。読みたいものとは違ったなあ。詳述される状況描写、通りすがりの人間もくわしく形容されるなど、純文学特有の無用のくどさ。タイトルの由来になる、古い大阪の絵はがきや道ばたの工場の進捗が鍵になるようだがどうにもこうにも…。大阪を丁寧に描かれても思い入れないし…。飛ばし読みで10分で読んだ。評価はあくまで僕個人の印象なので御免!!

  • 自分の住んでいる街の昔の写真を探して。

  • 歌ちゃん28歳。大阪市在住。
    会社が倒産して、昼ごはんに通っていたカフェでバイトすることに。

    待つだけじゃだめだと合コンに参加するも、サイテーの相手たち。どうも、運気が悪そうです。
    大阪の古い写真を集める歌ちゃんは、自分と似た波長をもつ年下の良太郎と出逢います。

    物語そのものは、語り手の歌ちゃんのもつゆったりリズムです。とりたてて大きな出来事が起きるわけでもなく、28歳の、けっしてうまくいっているとはいえない女性の等身大の毎日です。

    大阪の古い写真を集めて、それを眺める歌ちゃんは、
    自分の暮らす町の今に、昔に、かぎとることができる匂いを楽しんでいるようです。

  • 大阪に住む三十歳女性の日常。
    「主題歌」を読んだときにも感じたが、色んな偶然が重なって日常の一瞬一瞬ができていて、友達と飲んでいたり仕事をしていたりする、その日常を切り取るだけでも十分小説になるんだなと。すっかり柴崎作品にはまってしまった。

全77件中 1 - 25件を表示

その街の今は (新潮文庫)に関連する談話室の質問

その街の今は (新潮文庫)に関連するまとめ

その街の今は (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その街の今は (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その街の今は (新潮文庫)の単行本

その街の今は (新潮文庫)のKindle版

ツイートする