わたしがいなかった街で (新潮文庫)

  • 186人登録
  • 3.43評価
    • (11)
    • (14)
    • (22)
    • (6)
    • (3)
  • 23レビュー
著者 : 柴崎友香
  • 新潮社 (2014年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101376424

わたしがいなかった街で (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分が今存在していて、過去には存在していなかったこと。自分以外の人になれないこと。時間は遡れないこと。当たり前に聞こえるが、それらを意識することで、日常は少し違って見えると思う。

  • 二度と会わない人と毎日出会っている

    1年前に離婚した砂羽は、物流会社で契約社員として働きながら、家では戦争のドキュメンタリーを見たり、戦中戦後に残された日記を読んだりしている。何のために、何を求めて見ているのかもわからないまま、毎夜見続けていた。
    大きな事件も出来事も一切なく進む展開だが、主人公の砂羽のことがわかってくるにつれて、どことなく自分と重ねていってしまう。今、ココで生きるということを、過ぎ去る日々の中で、一瞬考えさせられた一冊。

  • 私にも「違う人生」が待っていたかもしれない。

  • どうも今の私には合わなかったようです。文字がなかなか頭に入ってこない。でも時々ハッとしたりグサッときたりする表現があったので、何年か寝かせて再チャレンジしたい。

  • 途中でさらっとビアンカップルが出てくるんだけど、それが通り過ぎるようで、街中でそんなカップルとすれ違ったような嬉しさを感じた。

  • 現実の自分と、自分が存在していなかった過去の出来事との間に、何とも言えない違和感を感じているような女性の日常を淡々と描いた作品。なのかなぁ。
    愛嬌ある脇役たちの魅力と、1人になった時の主人公の屈折度合いにギャップを感じながらも、柴崎さんらしい繊細な描写に惹かれます。
    解説に書いてあるような複雑な分析は自分には無縁でした。

  • 2015 8/20

  • この間柴崎友香先生と女流作家の方の対談を聞きました。柴崎先生の文章はカメラでシャッターを押したような情景描写、と言われていると聞いて、情景を丁寧に書けない私は勉強の為に読み始めました。途中で出てくる瀬戸内海の夕焼けの書き方が美しく、まるで映像を見ているような心地になりました。
    あらすじは説明しづらいです。別れた夫のことをもっと考えるのかなと思えばそうでもなく、彼女は絶望もせずに受け入れて誰に泣きつくことなく様々なことを考えているのです。砂羽さんのことは年齢も近いので意外とよく分かりました。頭で考えすぎて、いざ言葉にした時に誤解を生むタイプなのです。そして、このタイプは実社会でとても生活しにくくて。夏ちゃんと砂羽さんが早く出逢わないかな、と読んでて思いました。きっと、言葉を通わさなくても理解し合える気がするんです。相手を見てこの二人はようやく自己肯定を少しだけできる気がする。

  • これは純文学。でもとても読みやすいし、登場人物達が魅力的で感情移入しやすいと思う。
    時間の経過を強く意識しながら、人と人との間に起こる争いが、女性らしい細やかな視点で表現されていると思う。大きな戦争を主人公は意識しているけれど、その底にある、争いのもとになっている自身の感情を意識しているようないないような、何とも味わいのある表現が秀逸だと思う。

  • 主人公を途中で一人加えたことにより、小説の構成に厚みを持たせ、主人公の存在価値を高めている。
    実験的といえば実験的なのだが、不思議な読書体験ができた。
    また、今年は戦後70年という節目の年にあたり、戦争体験のない世代にはピッタリと符号できる小説なのではないかと思った。
    そして、辻原登氏の解説も秀逸でした。

全23件中 1 - 10件を表示

柴崎友香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
柴崎 友香
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしがいなかった街で (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

わたしがいなかった街で (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたしがいなかった街で (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わたしがいなかった街で (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

わたしがいなかった街で (新潮文庫)の作品紹介

離婚して1年、夫と暮らしていたマンションから引っ越した36歳の砂羽。昼は契約社員として働く砂羽は、夜毎、戦争や紛争のドキュメンタリーを見続ける。凄惨な映像の中で、怯え、逃げ惑う人々。何故そこにいるのが、わたしではなくて彼らなのか。サラエヴォで、大阪、広島、東京で、わたしは誰かが生きた場所を生きている――。生の確かさと不可思議さを描き、世界の希望に到達する傑作。

わたしがいなかった街で (新潮文庫)はこんな本です

わたしがいなかった街で (新潮文庫)の単行本

わたしがいなかった街で (新潮文庫)のKindle版

ツイートする