おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)

  • 20人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 江国滋
  • 新潮社 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (499ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101378046

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • すごい本読んじゃったよ、と読み終わってから思った。
    辞世の句と、最期の筆談でぞわぞわする。

    20111004、購入。うれしい。

  • 食道がん。随筆家として俳人として闘病の様子を強い意志を持って書き続けたもの。病院で交わされる言葉の問題、不安の中にある患者が医療従事者の言葉にいかに影響を受けるものかが伝わってきます。一ヶ月の医療費請求が百万円を超えている明細が綴られているのをみると経済的な問題という視点も考えさせられます。食事が出来ない中で食べ物を扱ったテレビ番組ばかりみてしまうというのは意外な気がしました。

全3件中 1 - 3件を表示

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)の作品紹介

俳句ブームの火付け役であり、挨拶句の名手であり、辛口ながらユーモアあふれる随筆家として人気絶頂だった著者を、病魔が襲う。「高見順です」という医師の告知が始まりだった。以来、食道癌と向き合い、克明な日記を付け、療養句を詠み続ける日々。度重なる手術、骨への移転など、過酷な病状にも執念の執筆は続くが、ついに辞世の句を遺して永眠。激しく見事な人生がここにある。

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)はこんな本です

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒―江国滋闘病日記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする