日本のたくみ (新潮文庫)

  • 209人登録
  • 3.72評価
    • (18)
    • (20)
    • (35)
    • (2)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 白洲正子
  • 新潮社 (1984年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101379012

日本のたくみ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 著者の夫・白洲次郎をドラマや本(伝記を含む)で知ったのが本書購入の理由。また、日本の職人とその作品がどのようなものか興味を惹かれた。かなり古い本だったようで、著者も、紹介された職人の多くも鬼籍に入っているのだと思う。何せ使われている写真が「時代」を感じさせる。夫と同様に自由奔放に生きた(というイメージの)著者であるが、本書の文面で、恐らく「~されている」という意味で使っているのだろう「~していられる」というのが違和感あり。『押しも押されぬ』などという誤用もあったが、編集部のミスだと思いたい。

  • 日本の伝統工芸とその職人について綴った随筆。伝統工芸というモノに焦点を当ててつつも、それに携わる職人、その人生があって成り立つのだと伝えている。 サイドストーリーではあったが、ある名人が死に際に寝床でひいた糸は、霞のようにそこはかとなく波打っており「糸には命がある」というのがわかる糸だったそう。 時間を掛けることと金に換えるのとを忘れた、その職人の命が掛かっているものは形容しがたいくらいに美しい。いつか出逢ってみたい。

  • モノの良し悪しは、わたしにはわからないけど、説明に影響されることなく、自分の目で見て感じたことを、自信を持って主張できるようになりたい、と思う。

  • 白洲正子が様々な伝統芸術の匠を訪ねる訪問記。志村ふくみさんなど斯界の第一人者から知られざる匠まで、実に面白い。

  • 著者が、扇、染織、陶器、木工、さらには刺青や現代彫刻に至るまで、さまざまな領域で活躍する匠の技を紹介した連載を収録しています。

    手仕事に打ち込む人びとに対する著者の共感を語った文章を通して、現代にまで伝わる日本の伝統工芸に触れることのできる本だと思います。

  • 内容紹介(amazon)
    歴史と伝統に培われ、真に美しいものを目指して打ち込む人々。扇、染織、陶器、木工から、刺青、現代彫刻まで――伝統芸術に深い造詣をもつ著者が、手仕事のすばらしさを静かに守り抜いているさまざまな日本のたくみを訪ねる。その技術や伝統はもちろん、彼らの「つくる喜び」、さらに、つくり出されたものの使い心地や味わいのよさをも紹介する。カラー・モノクロ図版多数収録。

  • 日本ならではのものづくり文化として「たくみ」は英語圏で「TAKUMI」とそのまま英語に訳されるほど認められており、本書で取り上げられているたくみは単に技術が巧いというわけではなく、枕草子や万葉集などの日本の古典と深く結びついていることが特徴として挙げられます。それは日本調というような浅薄なものではなく、日本の古典を知り尽くした上で、近代的な材料と技術を駆使する、まさしくたくみです。

  • 芸術新潮の連載エッセイ。扇、染織、陶器、木工、果ては刺青まで、白洲正子さんが付き合いのあった匠たちを紹介。確かな審美眼に裏付けられた文章は簡潔にして明晰でいいですね。

  • 工芸品に限らず職人がいるものだと感心する。白洲氏の視点を借りて職人の世界を見ていく本。職人が生きていける社会,職人を大切にする社会,職人と呼ばれるほど自分の仕事を高め,矜持を持てるようになりたいものだ。

  • これは、10年以上も前に、一度読んだ本…
    たしか染織についても、紹介されていたな…と思い出し、
    開いてみた…すると…たしかに、あった!
    『花の命を染めるー志村ふくみ』…の一文!

    志村ふくみさんは、人間国宝にもなった、
    染織の重鎮…その方を紹介する一文が、
    厳しく、怜悧な視点で、さらに、そうであるがゆえに、
    とてつもなく深く、暖かい眼差しで語られていたのです!

    白洲正子さんの書くものの、凛としたあたたかさ?を、
    あらためて知るとともに、志村ふくみさんの、
    染織にたずさわる、徹底したこだわりと、愛情を、
    強烈に感じました…それは、ととえば、こんな一節にも!

    ー神様は彼女に稀に見る色彩感覚を与えたが、
     糸の質に関しては、染色ほど鋭敏といえない。
     …素人の私が、なぜこんな生意気なことをいうかと云えば、
     いい糸を用いれば、彼女の色彩はいっそう美しくなるし、
     保存もよくなるからである。
     このことは、実際に着てみてはじめていえるのであって、
     男の方たちは、衣桁にかけて見ているだけでも
     いいではないかという。
     …が、きものである以上、先ず用に立つことが
     先決問題であり、着心地がよくて、きものは完全に
     美しいといえるのだと思う。

    途中、適宜間引きしながら引いたが、白洲正子さんの文章は
    一字一句、無駄なく、ぴちりと書かれている…
    関心のある方は、ぜひ一読をおすすめしたい。そして、
    志村ふくみさんを読みたいと、強く強く感じたのです。

  • 昨年の秋ごろから5~10分の空き時間にちょこちょこ読み進めていて、ようやく読み終えた。

    "日本のたくみ"たちの手仕事についての随筆のまとめであり、初めは一篇一篇が独立したものかと思い読み始めたのだが、読み進めるにつれ「あ、この方は数章前で出てきた方だ!」などと、ものづくりを通してあらゆる匠がつながりあっているのを面白く感じ、「次はどんな人が出てくるのか」とわくわくした。

    匠たちのことばには胸を打つものが多々あり、何度も読み返したいと思える。

    美しい作品の挿図もたくさんあり、とても楽しんで読めた一冊だった。

  • 今となっては志村ふくみさんに「ちゃんとつくれ」なんて言える人誰もいません。

  • 川瀬先生がのってるよ! 背筋がぴんと伸びる匠達。どんどん興味が湧いてわくわくする、ぐんぐん惹かれる、すごい文体だなあ

  • 日本の手仕事のすばらしさ・美しさを今に伝える
    さまざまなたくみを訪ねた随筆集。
    簡単にその素顔をのぞき見ることができない作り手たちの姿が興味深い。

  • 『背筋の伸びた文』


    長野はやっと本格的に雪が降りました。

    見慣れた世界を真っ白に塗り替えていく雪景色のなか、
    久しぶりに満足しながら本を読みました。

    白洲正子が日本中の職人を紹介した一冊。

    ただの紹介本にとどまることなく、読み手を凛とした気分にさせるのは、
    人を語ることでつまり自分を語ることになっているからでしょう。

    白洲正子の背筋の伸びた文を読んで、しばらく会っていない
    女友だちを思い出したのでした。
    きっと元気でやっているんだろうな。

  • 屋久島に向かう道すがら、羽田空港で手にした一冊。
    生命力の凄まじさに圧倒されたあの島の蠢きとこの本に紹介される自然との尊厳ある関係性を生きる「たくみ」の生き様が重なって、ドキドキしながらページをめくった。ゆっくり頁を進めるものだから、なかなか読み終えることができない。こんなに素敵な書物というのに。

  • 2009年5月19日読了。

  • 日本人と話している時間より中国人と話している時間のほうが長いから、自然、「中国人ではない自分」がじわじわと客観的に意識されてゆく。「日本人とは、何か」という問に、この上なく美しい答えを与えてくれたのは白洲正子だった。国際人であるということは、何よりもまず、日本人であることだ。白洲正子に近づくなんてことはおこがましくて考えたことも無いが、せめてマネだけでもしたくて、わたしは印伝屋の財布を使い、箸を拝み、「徒然草」を読む。

  • 飾るだけのモノではなく、日常生活で使われるモノを作り続ける『職人』さん達の気質とその仕事、そして出来上がったモノを紹介していく。興味深い内容であったが、文章が私には読みづらく感じた

全21件中 1 - 21件を表示

日本のたくみ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本のたくみ (新潮文庫)の単行本

ツイートする