ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (新潮文庫)

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤健
  • 新潮社 (2014年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101383613

ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妻がホスピスに入って50日間、先月、そこで最後を看取っただけに、残された時間が短いからこそ自分らしく人間らしく生きる場所と言う考え方には大いに共感するところ。医療と言えば辛くても苦しくても延命して、いずれは元の健康な体に戻るという発想ですが、元には戻れない病気の場合、辛く苦しい延命だけのための時間よりも、家族との大切な時間を共有することの大切さを実感しました。亡くなって読むのではなく、先に読めばよかったかもしれません。緩和ケアに入る患者さんの苦しい気持ちを理解した上で過ごせたらなおいいですから。

  • 臨床研修プログラム責任者講習会で著者の先生から頂いた。

  • この本を読むまでは、ホスピスに対して悲しい場所というイメージしかなかった。しかし、本書を読むと、ホスピスで人生を終えることも幸せの選択の一つかも、と思えるようになった。誰でも迎える人生の終末期に、苦しみをできるだけ緩和しながら、その人の人権を尊重したまま、穏やかに旅立つ準備ができる優しい場所なのかもしれない。現代医療の進歩とともに、緩和ケアサポートも大変充実してきているが、最後までその人らしく輝いて生きることができる場所が、自宅以外にもあれば、安心だなあと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (新潮文庫)の作品紹介

「がん」は痛みに耐え苦しむ、怖い病気ではありません。ホスピス医である著者は、大事なのは我慢しないこと、ほとんどの痛みは取ることができるのだから、と断言します。人生の最終章を輝かしいものにするためには、どのようなサポートが必要なのか。感動的なエピソードを交え、緩和ケアを分かりやすく説く。最後まで生き抜くためのガイドブック。『緩和ケアでがんと共に生きる』改題。

ツイートする