白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)

  • 157人登録
  • 4.07評価
    • (13)
    • (21)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 庄司薫
  • 新潮社 (2012年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101385327

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「赤頭巾ちゃん気をつけて」に続く薫君シリーズの2作目。今年の3月くらいから新潮文庫でシリーズ4冊が発刊されることになっている。
    この第2作目の単行本の初版は1971年2月というから、今から40年以上も前のことだ。

    【引用】
    ぼくは春が来るとなんとなく嬉しくてそわそわしてしまうのだけれど、そんなところをひとまえでは絶対に見せまい、なんて変なところで頑張って暮らしたりしている。何故って、たとえばそんな具合にうっかりそわそわしているところを見せて、何が嬉しいのか、なんてきかれたらもう最後だと思うわけだ。春が来たから嬉しい、なんて正直に答えたら、相手はカンカンに怒るか大笑いするかに決っているし、それになによりもそんな、何が嬉しいのか、なんてきかれること自体がぼくとしては全くザンギにたえないというか、ふがいないような気がしてしまうのだから。
    【引用終わり】

    上記は、この本の書き出しの部分の引用だ。
    僕が最初にこの本を読んだのは、正確に覚えているわけではないけれども初版の発行からは少し後のことだったと思う。それでも、当時、こんな書き出し、こんな文体の本は読んだことがなく、それだけで、このシリーズに一気に引き込まれてしまった。

    数十年ぶりに読み返すことになったけれども、文体も内容も、全く色褪せている気がしない。またまた夢中になって読み終えた。

  • 生を以て死に立ち向かう話。
    滅びゆく生である死は、
    孤独で、儚くて、美しくて、人々を魅了するけれど
    あくまで生の延長にあるに違いない。
    生と死は曖昧な区別であり、
    死は決して憧れるものではない。
    だからこそ薫くんは必死に怒り憤り、自問自答を繰り返す。
    生を重んずるあまり死を軽んじてもいけない。
    あくまで死はみんなに平等にある。
    生を受け入れた者だけが死を理解できる。
    薫くんはこの6日間の戦いを思い出してきっといつか死に対して耳を傾けることができると思うのも、そのためだと思う。

  • 薫くんシリーズでいちばん好き。

    優しさがエゴだと知っているから薫くんはほんとうに優しい。悲しいくらい
    優しい。それが、彼の強さになるくらい。
    由美ちゃんのファンになって、モクレンの花が好きな花になった。

  • 「赤頭巾ちゃん~」に続いてこちらも薫くんシリーズ。
    『死』に対して敬虔な気持ちになってしまう若者の気持ち、三人三様。
    幼馴染に対して優しすぎるくらいに優しい薫くん、やっぱり好きだ!
    雑踏の中でも女子大の中でも彼女を必ず一目で見つけられると断言できるセリフに胸キュンです。

  • 金曜日の本屋さん読了後、早速読んでみようと図書館に予約した本のひとつ。
    赤ずきんちゃん気をつけて、の続きなのか。道理で主人公が似ているような気がした。
    一瞬しかない今を大切に楽しみたい思いと、いつか消えてしまうのにそれが何になるのだという思い。いくつになっても悩みは消えない。
    青春の只中で真摯(由美ちゃんに対しても誰に対しても、とても真摯だと思う)に生きている主人公はすてきだ。解説に倣って、こんな子そうそういないよ、と思う。

  • どうにも評価が難しい。前作『赤頭巾ちゃん気をつけて』ほどのインパクトはないが、その流れを汲む本作品も当然それに準じる内容があるので、そこまでランク・ダウンするわけではない。でも、やはり前作と比較してしまうと、どこか物足りなさを感じてしまう。もちろん、おもしろさもあるにはあるが、どちらかというと、著者独特の冗長で不思議な感じの文章が、悪い方向に作用しているようにも思う。ただ、前作でさえ、一部を切り取ってしまうとやっぱりなにをいっているかわからない部分も多かったので、そう考えると本作も前作と比べたらなにも変わっていないような気もする。印象的な人物は、小林と小沢さんの祖父。とくに後者は物語中で亡くなってしまうわけであるが、それが主人公とのかかわりが強い人間ではないにしろ、「死」という重いテーマを扱いつつ、物語の雰囲気を悪くさせていない点は、さすがであると思う。この文体だからこそ、こういう表現ができるのかもしれない。そして、祖父の病状や最期にかんする内容は、そのほとんどが小沢さんどころか、それをさらに人づてに聞いたことによって主人公に知らされている。かぎりなく遠い描きかたをしているが、でも主人公になにももたらさないかといえば、けっしてそういうわけでもない。この微妙な距離感など、描写の仕方は巧い。人が死ぬことを書くことじたいはスゴく簡単で、だからこそそれを正確に成立させるのはスゴく困難なはず。そのあたりの違和感がなく読めたのは、著者の成せる業であろう。なんの小説かひとことでは答えづらく、たんに恋愛小説とか青春小説とかありがちなジャンルわけをするのも違う気がするのであるが、とにかく独特の世界が展開していることだけはたしかである。

  • (あんまりおもしろくない)

  • 庄司薫くんシリーズ2弾。薫くんは浪人で迎える春休み。相変わらず幼馴染の由美ちゃんとの攻防が面白い。由美ちゃんって繊細すぎる気がするけど、昔のインテリな女の子はみんなあんなだったのかな。それを言うなら今も薫くんのような男の子はいるのかしら。いたらいいなあ、と思いを馳せつつ再読。

  • 主人公薫くんの幼なじみである由美の物語の印象が強い。確かに彼女が大きな困難(?)に直面し、それを乗り越える話が大きなウエイトを占めるのだけど、実はむしろ、薫くんの成長の方がメインなのだと、再読をして初めて気がついた。もちろん、彼女も大きく成長しているのは確かで、感動的であるのだけれど。

    また、ずいぶん昔読んで以来、あまり印象に残っていなかった薫くんの男友達たちのエピソードもなかなかおもしろかった。こちらの方は、こう言っちゃ何だけど、身に覚えがあるというか、その「トタバタ」ぶりは、とっても懐かしく共感できるのである。こうやって、ほとんど無駄と行ってもいいくらいの堂々巡りを、思い切り真剣にやっていたなって自分や仲間のことを思い出したりする。今だって別の形でやっているんだけどね。

    でもやっぱり印象的なのは、薫くんと由美、それぞれの成長と関係。個人的には「お雑煮」の使われ方が、いかにも男の子のかっこ悪さを気持ちよく象徴していて好きだった。まあ、クライマックス(?)はとても印象的なんだけど、それはもしかしたら、僕自身はああいうかっこつけ方はたぶんできないって思うからかもしれない。今までちょっと余裕を持って眺めていたはずの薫くんが、すっと高いところへ行ってしまったような感じがすると言ったら言い過ぎだろうか。

    魅力的な冗長文体は健在。「赤頭巾ちゃん気をつけて」に比べてやや控えめな気がするのは、物語中で流れる時間が長くて、その分事件が起こりやすく、結果的に思索を書き表すことがメインになる箇所が減るからだろう。小説としては、こっちのほうがずっと読みやすく感じた。

  • 青い。青臭すぎる。でも本当は薫くんみたいな男の子、女子はみんな大好きなんだよね。それは時代が変わったって変わらないと思う。生きること死ぬこと真正面から立ち向かって悩んで大事な女の子を一生懸命守る。もがき苦しまないと見つけられない答えがある。そこから逃げちゃいけないってこと、薫くんから叱咤激励された気分で読了。

  • 彼女がおかしくなった?

  • 当然と思っていた自分の進路が突然切断されてしまった受験生の薫君があれこれ経験しながらいかにあるべきかを考えていきます。赤白青黒4部作一気に読んでみるとよいと思います。さらに作者が本名福田章二で20代前半に書いた「封印は花やかに」(「喪失」所収)と読み較べるとよいでしょう。

    人間科学部 N.K


    越谷OPAC : http://kopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1000914553

  • 庄司薫『白鳥の歌なんか聞えない』本筋とは離れるけど…前作では知性と感性と真っ向から対峙しようと四苦八苦していた小林くんが、どこまで本気かは分からんが便箋100枚ものラブレターとともに駆け落ち騒ぎを起こしちゃうところがすげーよかった。
    ラストのモクレンのくだりも素敵。
    ザッツ青春文学!って感じ。

  • 守るべき人間の心の奥にある優しいところ、優しくてとてもあたたかいところ、その善き側面、それを懸命にえがこうとする姿勢にとても感動したし、このひとは本当に文章を書く意味というものを真剣にとらえていたんだなあということを改めて感じる。前作を読んで、もう少し内容を物語という枠に落として機能させてほしいと思っていたけれども、もうこれはこれでいいのかなあと思った。こういう正直でまっすぐで、だから多くの人に読まれて受け入れられて評価されてっていうのも悪くはないのかなあ、それが文学というくくりになるとまた話は別だけれども、本として小説としての影響力という意味では、いいことなのかなあ。

  • 2012.10.27読了。

    全ての男の子が通る道である。あの人も、この人も、人生のどこかに「薫くん」的1ページは挟まっているのだと思う。

  • タイトル買い。
    読み終わるのに物凄く時間がかかりました。多分、遠回しな言葉の全てを追おうとしてしまったからだと思います。個人的にはそれらの言い回しがくどく感じられて、読んでいると弱冠疲れました。「あれ、これは何について語っているんだったかな?」という感じになってくるんです。話がつまらないとか、趣旨が分からないとかそういう事ではなくて、単純に読むのに疲れるという点で★3つです。

    薫君の、一見草食系のインテリ男子っぽいのに中身は割りと荒っぽい!みたいなところが好きです。シリーズものみたいなのでできればもう一冊くらい読んでみたいな。

  • 「死」という圧倒的な物に対して、”ゆっくり考えていくべきもの”というスタンスをとり続けてふんばっているカオルくんが、素敵だなあと思いました。
    カオルくんの友達も、自分の頭を使って色々と考えて、それを実際の自分と照らし合わせてさらに考えて、立派です。駆け落ちをしたり、京都へ旅に出たり、衝動的な行動も多いけれど、そこに若者らしいきらきらとした魅力を感じ、その自分の行動を無かったことにしないで正面から受け止め、頭を使ってそのことに向き合うというスタンス、その流されないところが気に入りました。

全18件中 1 - 18件を表示

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)に関連する談話室の質問

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)の作品紹介

淡い春の闇の中で、由美が突然ぼくに頬を寄せてきた。あの生意気で近寄りがたい女友達が、一体どうしたんだろう。まるで「白鳥の歌」に耳をすますように息をひそめ、滅びゆく生に魅了されていく由美。そして本来の彼女を取り戻そうとする薫の戦いは、限りないやさしさを求める「男の子」の、希有な恋物語を作っていく。切ないほど静かで、不思議に激しい、現代青春文学の金字塔。

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)はこんな本です

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)の単行本

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)の文庫

ツイートする