殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)

  • 706人登録
  • 3.07評価
    • (29)
    • (43)
    • (219)
    • (53)
    • (12)
  • 77レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 新潮社 (1997年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101386133

殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • う~ん。スプラッタ描写が苦手って訳ではなく、純粋に物語そのものに対する感想として、う~ん。あとがきを見る限り、第3弾が待ってそうな雰囲気だったけど、20年を経て、今だ刊行されておらず。時代のニーズも変われば、作者の書きたいものも変わってきた、ってことでしょうか。自分的には、是非とも続きが読みたい!って訳でもないんで、ここで終了でも良いと思いますが。

  • 再読。 何度読んでもこのグロさはきついんやけど、癖になります。(^_^;) 「殺人鬼3」早く出版して欲しいと思う今日この頃。

  • 前作『殺人鬼』の続編。そう…奴は生きていたのだ…というお約束の展開から始まる。先回は山中での殺戮だったが今回は奴が街に降りて来たからさぁ大変。序盤早々何気に登場したと思いきやラストまで問答無用の殺戮の連続!お腹一杯の残虐シーンは前作よりパワーアップしてるかも。人の感情など微塵も無い傍若無人な行為に読み手は胃酸が込み上げる。トリック(オチ)はいまいちしっくりこなかったが、血の海の地獄絵図で満腹なのでもういいのだ。グロ耐性無い人は読むべからず。

  • あまりにもむごくて途中でやめる。

  • 綾辻行人の作品は,ガチガチの本格だけでなく,スプラッタ風のホラーもある。殺人鬼Ⅱは,スプラッタ風ホラーの代表作である殺人鬼の続編。読んでいて気持ち悪くなるほどのスプラッタな表現が盛りだくさんの作品である。綾辻行人らしい叙述トリックも仕掛けられている。冒頭で報道されている逃亡犯・曾根崎荘介が殺人鬼…と見せかけて植物人間状態だった白河誠二郎だったというオチ。しかし,あまりにスプラッタの部分が気持ち悪すぎて,叙述トリックが楽しめなかった。ここまでのスプラッタは苦手だ…。★1で。

  • 前作よりさらに残虐になって帰ってきた。ミステリよりもスプラッタ要素が色濃く出され、勢いのある凄惨なシーンが印象的。

  • 描写がキツすぎて途中で読むのを断念してしまった作品。
    部屋に置いておくのも怖くて処分してしまうほど。

  • やっぱりヤツは生きていた。皆の期待に応えて麓まで降りて来ちゃいました(オイ。
    ってなわけで、『殺人鬼』の続編。今回は超能力少年が登場します。殺人鬼vs超能力少年という構図で、パッと「13日の金曜日」の7作目(6だったかな?)を思い浮かべる人は多いかと。やっぱりオマージュなのかなと思います、自分も。

    描き方は前回と同じく徹底的。塩酸使ったり消化器使ったりするぶん、前回よりもクルかも?(笑)
    安心して、グログロ、グッチャグチャの殺人描写をお楽しみあれ。

  • 前回よりはハラハラする展開はなかったのですが、それでもやっぱりグロい描写は止まらない。オチはちょっと気に入らないなぁ…。

  • 続きを読んで見たい。

全77件中 1 - 10件を表示

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綾辻 行人
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)の新書

ツイートする