よろず一夜のミステリー: 枝の表象 (新潮文庫)

  • 45人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 篠原美季
  • 新潮社 (2014年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101386652

よろず一夜のミステリー: 枝の表象 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

全7件中 1 - 7件を表示

よろず一夜のミステリー: 枝の表象 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

よろず一夜のミステリー: 枝の表象 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

よろず一夜のミステリー: 枝の表象 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

よろず一夜のミステリー: 枝の表象 (新潮文庫)の作品紹介

「よろいち」の編集アルバイト学生恵(けい)もいよいよ就活の季節。そんななか、編集部に寄せられる情報は“幽霊“ネタばかり。臆病者の恵が渋々調査に出掛けた廃屋で目撃したものは怨霊なのか。一方、兄の稔(じん)は行方不明の父を捜し続けていた。しかし、その消息を知る男が死亡。現場に残るアカシアの小枝の意味は──メンバーとの別れ、就職、父との再会。恵の今後や如何に。シリーズ完結編。

よろず一夜のミステリー: 枝の表象 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする