そういうふうにできている (新潮文庫)

  • 2446人登録
  • 3.50評価
    • (205)
    • (251)
    • (727)
    • (29)
    • (8)
  • 261レビュー
  • 新潮社 (1999年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101388212

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
さくら ももこ
さくら ももこ
さくら ももこ
さくら ももこ
さくら ももこ
綿矢 りさ
中野 独人
矢沢 あい
梨木 香歩
さくら ももこ
有効な右矢印 無効な右矢印

そういうふうにできている (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • さくらももこさんの独自な捉え方が面白くて面白くて。
    幽体離脱してみたいな。
    子どもに対して、自分とは別の人格を持つ人としてのスタンスをとっているところがいいなと思った。
    私ももし子どもが生まれたらそういうふうに接したい(笑)

  • さくらももこさんの妊娠期のことを書いたエッセイなので、小学生の私には少し難しく想像するには知識が足りなかったけど、妊婦になってからもう一度読み返すとやっといろいろ理解できておもしろかった。

  • 妊娠中の
    体のツラさ
    心のツラさ
    ものすごくセキララに書かれていて
    おもしろかった。
    そして、
    俯瞰という視点。
    そして、
    「子供は子供で私ではなく、別の個性と個体を持ち、違う人生を歩んでゆくのだという距離」
    を大切にすること。
    読んでよかったと思う。
    170922

  • これもベストセラーの要因を知りたくて手に取った1冊。
    ちびまるこちゃんといえば、子供向けギャグ漫画の代表格のような存在だが、さくらももこの文体はその事実に反して、硬い。まるで新聞の社説やコラムを展開するような文体で筆は進められている。

    ただし、中身はといえば、日常生活に関すること。
    本エッセイのテーマは妊娠~出産後だが、そのことが面白おかしく語られている。

    万人に受ける文体であることが、ベストセラーの必要条件かもしれない。

  • 妊娠中なので読んでみた。
    やっぱりさくらももこのエッセイは面白いな♬
    クスッと笑ってしまう。

  • 妊娠の色々な話、ためになった。
    魂と心と脳の話はとても面白かった。
    意識(魂)が脳を使用している状態。が心。
    うむ。なるほど。
    私は心とは感情であり何か目の前にした時の思いが心だと思う。
    意識が脳を使用している状態が心だとしたら、はたまた魂が脳で処理されたものを表出されたものが言葉だと私は思うので、言葉は心になるということになる。
    魂はむしろ無意識なもので、心はむしろ意識があるものな気がする、とすると意識は脳が生み出しているのか。
    考えれば考えるほどぐるぐるしてきますね。
    だかしかし面白い。
    魂と心と脳は確実に別にある。
    それだけはいえますが。

  • ◆きっかけ
    妊娠中の友人への贈り物に、おまけで本を一冊付けようと思って。候補の一冊として。
    ◆感想
    図書館 閉架。文庫版じゃないほうで。ざっと読み。自分の体験に重ねてジーンとこみ上げることがあったり、共感したり、思い出したり、好みではないかな?という表現もあったり。第二子妊娠したら、ビートたけしとの対談も気になるので文庫版を読みたい。友人へはこの本を贈ろう。2017/5/18
    ◆引用
    p134…私は〝親だから〟という理由でこの小さな生命に対して特権的な圧力をかけたり不用意な言葉で傷つけたりするような事は決してしたくない。
    →私も親からそうされた時、反発したし、嫌だと感じた。肝に命じよう。
    p171…子供の寝顔を見ては〝可愛いっ〟という想いがあふれ体内を駆け巡り、奥歯をギュッと噛みしめるというような事が1日に何度も繰り返される。
    →大共感。

  • 5年ほど前に買った本を久々に再読、さくらももこさんの独特な世界でそれなりに楽しめましたが、やはり本は読むべきタイミングが重要なのだと感じました。妊娠、出産に関心あるときや子育て真っ最中に読むのと今では本に引き込まれる力が違いました。気持ちのダイヤルが合いそうならオススメします。テンポの良さと笑いのセンスは光っていて読みやすく爽快です。

  • 妊娠が発覚した時に母が買ってきてくれた本。
    同じような体験が書いてあったので不安なことも気楽に考えられてありがたかった!

  • さくらさんの妊娠出産エッセイ。

    妊娠判明からつわり、あたしも現在悩まされている便秘のこと。

    帝王切開から、命名まで。

    妊婦が抱える悩みや日常がおもしろおかしい、まるちゃんの視点で描かれています。

    気に病まなくても、なるようになるし
    まさしく、"そういうふうにできている"んだなーと思う。

    いろいろ不安もあるけど、残りの妊婦生活も楽しもう!と思える本。

    なにかを押しつけたりすることもなく、ほんと日記のような感じで書かれているので気楽に読めます♪

  • どういったふうにできているかわからない自らの身体に起きる初めての妊娠という現象。
    それに伴う、心、身体の想像だにしない変動。

    そのイニシエーションの中で変化した自分と対話する自分。
    それに順ずる周りの人々。

    そういった生活の中で疑問や言葉にならないような憤りや不安といったものとうまくいかないという葛藤の末、

    それらを一度飲み込み、
    生命や人体、心や精神のなすがままに身を委ねてみる。
    すると、なぜかしらうまくいく。

    「そういうふうにできている」
    いいキャッチだと思う。

    生命、人体の神秘、宇宙の理、人間情緒をユーモアありで楽しめるのはいいなぁー。

  • サクサクっと読めるさくらももこさんのエッセイ。
    妊娠9ヶ月のときに読んだ。、
    特に何かが参考になるというわけではないけれど、出産という体験の冷静な描写が新鮮だった。

  • 妊娠4ー5ヶ月目に読んだ本。
    自分と重ねて、そうそうそう、と思ったり、
    「え?そうなの?」となったり。

    夜中眠れなくて読んでたら胎動の章で「おならかと思った」と書いてあり、
    ふふ、とおもいつつ、
    あれ?そういや?
    とお腹にてを当てたら初めて胎動を感じて、感動した。

    夜中の雨がしとしと降る日だった。

  • 高校生の頃に一度読んで、自分に子供ができたらまた読むんだ!と、確か20代半ばくらいまで本棚に置いていたのに、いざその時には結局手元になかったので、図書館で借りて読んだ。

    妊娠って何が起こるか、何を感じるか、みんな違って全く同じ人は誰1人いないんだなと思った。

  • 心と魂と脳のくだりは、なるほどな、と一つの整理として納得できる気がした。
    自分が自分であるという意識、エネルギーの動きが自分自身、それが地球に降りてきて活動するために脳というシステムを使う。心は意識が脳を使用している状態。肉体を離れても意識は宇宙に漂っている気がする。

    自分は、自分の仲間が地球に降りる時の通路、地球に降りるのを手助けするだけ。子供と自分は別の個体。

  • 何か参考になることはないかと読んでみた。小学生・中学生の頃は、桃のかんづめとか読んで楽しんでいたけれど、いつの間にかさくらももこが余好きじゃなくなっていることに気付いた。コジコジとか富士山は別格で今でもたまに読みたくなるけど。

  • ちびまる子さんの妊娠エッセイかと思うくらい面倒くさがり感がすごい。

  • おもしろかった!!!!!

  •  妊娠~出産までのドタバタを面白おかしく描いたエッセイ。初読時が小学生だったのでその時は面白いだけだったけど、実際に妊娠することがあったらもう一度読みたいと思う。

  • さくらももこの妊娠から出産までのエッセイです。

    私はそんなに知識がなかったので妊娠の辛さや苦しみ、帝王切開について当事者本人の経験や感想を知ることができたので良かったです。

    読んでいてつくづく思ったのは出産ってこんなに大変なんだなということです。私も親も同じような大変さを経験していると思うと頭が上がりません。

  • 文句なしに面白かった!もし妊娠したらまた読みたい♪

  • 2015.09.18
    さくらももこさんの妊娠~出産のあたりの話。
    哲学的な事とかも書かれていたりしますが、サラッと読めちゃうのが良い所だと思います。
    この方の漫画やエッセイなんかは何も考えなくても読みやすいと思います。
    あと最後にビートたけしさんとの対談もありました。

  • 妊娠中の出来事としてはそういうものかなとも思います。手術中の麻酔による体験はすごいですが、、。
    描写が具体的なので、女性より男性が妊娠出産をイメージするのに読みやすくてよいかもしれません。
    追記。
    体は器で宇宙から魂が入ってきてこの世に生まれてくるという著者の考えは、「おなかの中から始める子育て」に書かれていることにも通じていて、二冊読んだことで、なんだかすーっと入ってきました。
    魂や器の部分が一番読んで良かった点かもしれません。

全261件中 1 - 25件を表示

そういうふうにできている (新潮文庫)に関連するまとめ

そういうふうにできている (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

そういうふうにできている (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そういうふうにできている (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そういうふうにできている (新潮文庫)の作品紹介

この腹の中に、何かがいるのである。大便以外の何かがいる…!テスターによるショーゲキの妊娠発覚、どん底でバカバカしいギャグを考えてた悪阻期、悪魔の封印石のような強情な便との壮絶な戦い、と、期待にたがわぬスッタモンダの十月十日。そして、とうとう生まれたよ。あたしゃ、おかあさんになっちゃったよ。そう、まる子も人間、人間も宇宙の生命体、そういうふうにできている、のです。

そういうふうにできている (新潮文庫)の単行本

ツイートする