ツナグ (新潮文庫)

  • 10166人登録
  • 3.91評価
    • (954)
    • (1786)
    • (946)
    • (145)
    • (19)
  • 1299レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2012年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101388816

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ツナグ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 使者(つなぐ)とは―
    それはたった一度だけ―、死んだ人と会わせてくれる案内人。
    生きている人が会いたいと望む、
    すでに死んでしまった人との再会を仲介する”使者”を表す言葉。
    映画「ツナグ」公式サイト より

    自分にとって大切な人、誰かにとって大切な人
    たった一度だけ、死んでしまった人に会えるとしたら誰に会いたいだろう.

    言いたいことを生きている間に言える割合てどのくらいなのだろう.
    死んでしまつていなくなってから気がつくことがどのくらい多いのだろう.
    生きている間に悔いのないように、そうは言っても本のように相手が思っていることが分かるわけではない.たとえ必要なことをすべて話したとしても伝わりきれない部分は残るわけで.でも、伝わるように努力をするべきなんだろうな.人間、すべてのことを見通すことができるわけではない.だからことばを使うのだけど、ことばがあるがゆえに捻じ曲がって伝わることもある.
    ツナグ、からは死者と生者のやり取りを通して、その間の溝を埋めているような印象を受けた.

    失ってからの時間、生きている人間は自分の頭の中にある死者とやりとりをする.こんなことを思っていたのでは?本当はこうだったのでは?ツナグ、はそれを確かめる機会があるものという設定.そんな機会があったなら、自分なら誰とどんな話をするだろう.

  • 死者と生者をつなぐ使者「ツナグ」
    生きている人間が望み、死者が受け入れれば、一晩だけ会って普通に話すことができるという。
    死んだ人と一生に一度、一人だけと会うことができるとしたら‥?

    「アイドルの心得」
    38歳で急死したタレント・サヲリに会いたいと願う女性・平瀬。
    酔って過呼吸に陥っていたところを助けられ、以来ファンになっていた。
    「世の中はみんなに平等に不公平なんだよ」と去って行ったアイドル。
    一ファンに過ぎない自分に会ってもらえるとは思わなかったのだが‥
    死んだときには大騒動になったが、4ヶ月たっても会いたいといってくる人は他にいなかったと話す彼女。
    生きる望みを失っていた平瀬に、サヲリは一言告げたかったのだ‥

    地味すぎて華やかな家族からも疎まれ、気力を失っていた平瀬。
    会社でも浮いていて、同僚に「いつも暗くて怖い本を読んでいる、そんなの読んでると呪われるんじゃない」と言われるのが可笑しい。どんなんや~?
    ミステリかホラー??

    「長男の心得」
    店を継いだ長男・畠田靖彦は口が悪く、周りとちょっとした衝突を起こしてばかりいる中年男。
    ツナグの存在を教えてくれた亡き母に聞きたいことがあるとやってきたのだが‥
    不器用な困ったおじさんの内心抱えていた後悔は‥?

    「親友の心得」
    事故死した親友・御園を死なせたのは自分だと苦しむ嵐美砂。
    高校の演技部で、いつも自分を立ててくれていた優しい御園に裏切られたと感じ、嫉妬を抑えきれなくなって‥
    女子高校生の微妙な張り合いが緊迫して、痛いほど。
    すれ違いが起きた原因、結局ちゃんと話せなかったいきさつとは。

    「待ち人の心得」
    突然失踪した恋人を待って7年になる土屋。
    知り合ったのも偶然で、何も知らないことに後から気づいた。
    日向キラリと名乗った彼女だが、偽名だったのだろうと思う。
    騙されたんだよと言われるが‥
    (土屋の抱えるものすごい肩凝りに思わず共感~パソコンが普及してから増えた症状だそう。結局、それなのかなあ‥いやこの時期に強くなったのはストレスってことですか)

    「使者の心得」
    ツナグという存在が高校生の男の子の姿をしている‥
    という最初は印象でしたが、家系に伝わる仕事で、それを託されたばかりだったとは。
    思いがけない役割と、意外に個人的な関わりに戸惑う歩美。
    そして‥

    よくまとまっている印象でした。
    暗いものを突きつけてくる部分もありますが、人の関わり方や優しいまなざしに励まされる部分もあり、最後はあたたかなものが胸に残ります。
    所々にさりげなくあるいい言葉を、多くの人に読んでもらいたいなという気持ちになりました。

    単行本化は2010年10月。
    映画化のキャスティングも合っていたらしいですね。

  • 死んでしまった人に、生きているうちにたった1人だけ会えるとしたら。。。

    その仲介をしてくれる使者(ツナグ)連絡することが出来たなら。。。

    私は誰かに会うんだろうか。


    会いたい人はそれぞれだけど、物語の中で死者に会った4人のエピソード、共感できるものでした。

    止まったままの時間がまた動きだすような安心感。
    本当に死を受け入れなくてはならない喪失感。

    どちらだとしても、今を生きている人は、そっと背中を押されることになるのだと思いました。


    もし、この世に本当にツナグが存在し、電話番号を探し当てたとしたら、私は誰かと繋がる事が出来ると思うそれだけで、頑張っていける気がしました。。。

  • 直木賞受賞の短編集は今ひとつだったけど、本作は傑作

    死者は生者のためにある
    伝えたいものがしっかりとあって、それを物語にしたときの小説としての外形もものすごく上手くて面白い
    傑作としか言いようがない

    連作短編として読めば4作目が頂点でぐっときて、最後は締め、これでも十分面白い小説に仕上がったと思う
    しかし締めの最終章がとんでもない
    ミステリーじゃないのにミステリの種明かし的なドンデン返しが巧妙に仕掛けられていてページをめくる手が止められない
    しかし、ある意味きれいに収束していてミステリならすっきり終われるのに、本作はすっきりできない
    重たいテーマが読後もずっしりと読み手にのしかかるから

    映画化されてるようだけど見たいような見たくないような
    繰り返し書くけど傑作です

  • 普通ならば、絶対的に会えないであろう死者、しかもたった一人、自分が最も会いたい「死者との再会」を生前の姿で可能にすることで、良心の呵責に耐えないを魂を救済するという一面を訴えかけた物語かと思いました。「○○の心得」という5つのエピソードから成り立っていますが、最後のエピソード、「使者(=ツナグ)の心得」があったことで生者と死者をつなぐ人も生身の人間であり、こちらサイドの人であったことがわかり、そこが良かったと思います。
    自分だったら、一度きりのチャンス、あの世の誰に会いたいだろうか、はたまた誰が会う依頼をしてくれるだろうか??と考えてしまう時点でこのお話は空言話ではないのでしょうね。誰にでも共感し得て、作者の意図も伝わる、読みやすい作品だと思いました。

  • 「死んだ人間と生きた人間を会わせる窓口。僕が使者です。」

    映画を見てから原作を読んだ。この映画は本当に原作に忠実に作られていた。
    製作者の原作への愛をヒシヒシと感じる。
    色んな「会いたい」という気持ちでツナガル人達。
    特に『親友の心得』の「会いたい」はすごい。ダークだ。その部分の描写がまた旨い。
    歩美の「会いたい」という気持ちの結論に涙。

    後書きの本多さんの『今、この物語を読み終えたほとんどの人が考えているのではないか』
    『自分ならば、誰と会うことを願うか。』

  • 2013.9.7読了。
    生きているうちに一度だけ、亡くなった人と会える。
    自分だったら誰に会いたいかなぁ。と思いながら読んだ人は多いと思う。
    でも亡くなった人も、一度しか生きてる人に会えないときた。
    使者と書いてツナグと読む。
    暖かったり、辛かったり、切なかったり。
    これは涙なしでは読めないと思うなぁ。
    失踪した彼女を想う男性の話の時は、私がツナグを必要とするほど大切なひとはまだ、みんな元気でいることに感謝した。
    祖母に逢いたいけど、祖母はきっと断るだろうな 笑。私じゃないだろうなー。
    なんか感想がチグハグだけど、読んでよかった。まわりのひとを大切に感じた。
    心に届く一冊でした。

  • 本多孝好さんの「WILL」「MOMENT」シリーズと似てる!
    この類のストーリーはかなり好き。
    ・・・とか考えてたらなんと本多さんが解説書いてた(驚)

    死者と1人だけ会える。ならば誰と会うか?
    簡単な問いではないでしょう。それに今の答えと将来の
    答えは必ずしも一緒とは限らない。というかむしろ
    変わってる可能性の方が高い。
    考えさせられますね。。。

    辻村深月さんって女性だったんですね。
    初めて知りました。あと、ちょこっと調べてみたら
    幼少期はミステリ読み漁ったり、綾辻行人の「十角館の殺人」にはまったりとのこと。

    びっくりするくらい昔の自分とかぶっててこれまたびっくり。
    なんか嬉しいもんですね。

  • 祝文庫化
    私も、一人逢いたい人がいます。。。(また現実逃避してます)

    映画化されるんですね
    http://www.tsunagu-movie.net/

    新潮社のPR
    「一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員……ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。 」

  • さらさらと流れてしまったが、それでも自分の大切にしている人について考えてしまった。
    本著のなかでは『親友の心得』が一番好きだ。あとはきれいすぎて印象が軽い。消えない悔いを負った嵐はどう生きていくのだろう。スイートピーが告げる門出が余韻を生む。

    死者は生者のためにいる、は傲慢かもしれないけれど生者を生に留め前を向かせる存在であってほしいなと思う。

  • 「死者との再会」というテーマに当初は新鮮味を感じないなぁ…と思っていた。
    が、読んでみて、登場人物らの生々しい感情の描写が予想以上にリアルで、死者と生者の仲介となる「ツナグ」という役割が実際に存在するんじゃないかと錯覚するほどだった。
    一度だけの死者との再会を巡る、本書で描かれる依頼者4人それぞれの思い。会うことで気持ちが軽くなることもあれば、苦しみを深くさせることもある。中でも女子高生の友情を描いた章は印象深かった。ねじれた愛憎、この年齢特有の残酷さ。自分にも多少覚えがあるからこそ…若さが持て余す負の感情がじわりと怖く、そして悲しかった。
    最終章、「ツナグ」を務める男子高生・歩美がメインとなり、それまでのストーリーで小出しにされてきた彼の過去の謎が少しずつ明らかになる。その鮮やかな二転三転には何度も驚かされた。
    読み終えて、しばらく茫然自失となった。本多孝好氏が解説で述べたように、「自分ならだれと会うことを願うか」と考えてしまった。
    確かに…本多氏の言う通り、その時点で辻村さんは読者にとって「使者」(ツナグ)になっているんだろうな。それが実感でき、今を生きるということの意味が、これまでよりも重く深く感じられたように思う。
    初めて読む辻村作品長編がこの本でよかった。

  • じんわり胸が温かくなって、涙がにじんでくる物語。
    「アイドルの心得」「長男の心得」ときて、「親友の心得」。
    思春期特有の劣等感?勝っていたいという気持ちが絶妙に描かれていた。
    このラストが衝撃的、かつ辻村深月らしい。

    「待ち人の心得」。
    これ泣けたー!

    そして最後の「使者の心得」に繋がる。
    使者は、「人ならざる者」だと思ってたけど、普通(ではない?)の人だったのが驚き。
    ただほっこりするだけじゃなく、歩美の両親の死の真相とかそういうのも絡めてくるのが辻村深月だなぁと。

  • えげつない、グロいというものがまったくなく、久しぶりに安心してなお且つ展開が楽しみに読める小説だった。人に薦めたい。映画もどんな具合に仕上がっているのか是非とも観てみたい。

  • 私が死んだら誰かが会いに来てくれるのかな。子供たちかな。ダンナさんかな。それとも・・・。
    辻村深月さんの作品を読んだのはこれで2作目ですが、人物描写が素晴らしく、人と人との繋がりがとても大切だと思わせてくれる作家さんだと感じています。読後感もとても爽やかでした。映画を見に行きたくなりました。

  • 映画化されるのをきっかけに知った「ツナグ」。
    あり得ない再会の話であっても、読み手それぞれに会いたい人を想像させてくれるパワーを感じた。
    特に、がんで母親を亡くした息子のお話は、まるで自分のことのように気持ちが重なってしまった。
    読了後、もしも私が会いたい人に会えたなら、きっとこれまでどおりに変わりなくさりげなく会えるだろうと言う気持ちにさせてくれた。
    喪失感を強めると思われるとは、私自身が思わなかったのでふとしたきっかけで今のタイミングで本書に出会えて、本当に良い巡り会いになれたと思ってる。

  • 一生に一度だけ死者との再会を叶えてくれるという使者<ツナグ>
    満月が出る一晩だけ会うことができる。
    4組の生者と死者との再会を描きながら 祖母から使者<ツナグ>を受け継ぐ高校生・歩美の過去に迫ってゆく。
    非現実的なファンタジーだと軽く考えて読み始めたけど
    序盤は淡々と感情を殺したように振舞っていた歩美の心が
    徐々に動き出し、優しく芯の強い歩美が姿を現すという描写。
    辻村さん、巧いなあと思った。
    後半は歩美の両親の死の謎に迫るというミステリ色もあり、
    なるほど!そうだったのか!的なカラーも出ていて良かった。
    私なら誰に会わせてもらうかな。
    いろいろ思いをはせた物語だったと思う。

  • 安心して読める一冊。優しい気持ちになれる。大切な人は誰にでもいるのなんて当たり前なのに、忘れちゃうときあるから、気をつけて周りの人を大切にしたいな。
    会う条件がとても良い。リアルだけどファンタジー?

  • 死者との間をツナグ物語。
    全編が緩やかに結びついていて、少しずつ仮面が剥がれていくような話。

    『親友の心得』の章が、取り返しのつかない若気の至りという意味でとても悲しい。

  • 辻村さんの作品は二作目です☆前回読んだロードムービーとは違って、大切な人のことを考えました。一瞬一瞬が後悔のないように生きられたらいいのだが、なかなか上手くいかない。人はいろいろな後悔や反省をしながら、大人になっていく。それでも癒されない過去の傷はあるだろう。それを癒してくれるツナグの存在。現実あった欲しいような、ないほうがいいよな…人によって感想は違うと思いますが。

    私は大切やと、大事やと、思った人との時間は、全力で過ごしたい。

    そう思えました。

    生きることについて、考えられた作品です。

    解説にもあったのですが、

    今読んだ感想と何年かあとに読んだ感想変わってくる作品やと思えました。

    また節目の年に読み返したい。

  • 泣きそうになってしまった。辻村さんの文章からは、劣等感や焦燥感がひしひしと伝わってくる。読んでいてつらいこともあるけれど…胸がぎゅっと締め付けられるような、この感覚がとても好き。

  • 私だったら、誰に会うために1回を使うのだろう。
    会いたいと思ったその人は、私のためにその1回を使ってくれるのだろうか。

  • 伊坂幸太郎の死神の精度に似たテイスト。そこからユーモアを引き算して、温もりを足し算した感じ。死者と生者の仲介人。発想は至って平凡。でも、そこに纏わる人間模様がすごく繊細で生き生きとしてる。感謝も未練も恨みも、全部ひっくるめて前に進むってこと。前を向くって必ずしも肯定的じゃないこと。それでも生きるってこと。辻村深月らしい作品だったな。

  • 辻村深月さん、初読みです。
    今回は妹からのリクエストで(笑)

    辻村さんも人気の作家さんで沢山作品があるので、一度は読んでみたいと思っていたのですが、どこから手をつけて良いのやらで、延び延びになっていたので、良い機会と思って読んでみました。

    すごく抽象的ですが「やさしいなぁ」というのが読了後の一言感想です。

    内容もそうですが、言葉の紬ぎ方もとっても優しかったです。とても読みやすかった。

    都市伝説として広がる、一人の死者と一度だけ再会させてくれるという「ツナグ」。
    その使者(ツナグ)にたどり着いた人々の心の葛藤や、死者への思いとその後の人生。
    そして、使者本人もまた・・・。

    読了後、自分なら、誰と会いたいかな?と誰もが考えると思います。

    心を穏やかにしてくれる一冊かもしれません。

  • 連作短編集。
    「使者の心得」感想
    使者は生者と死者をつなぐ者。
    普段は隠されている秘密や、もしかしたら本人さえも気づいていない一面が表に顔を出す一生に一度だけの対面。
    特別な力を引き継いで生まれてきた歩美だけれど、使者となることを強制されたわけではない。
    自分で使者となることを選んだのだ。
    そして使者としての経験から察した両親の死の真相。
    哀しいけれど人によっては救いになる<つなぐ>という行為。
    でも、死んでしまったらすべてが無になって何もなくなってしまう。そんなふうに考えるよりもずっといい。
    実際に会うことが重要ではなくて、いつでも会おうと思えば会える・・・ということが大切なんだろう。
    たった一度だけ許される奇跡。
    もしも自分だったら・・・いったい誰に会いたいのか。
    今はまだわからない。自分にとって大切な人は、会おうと思えばいつでも会える手の届くところに生きているから。

  • ずいぶん前に読み終わった本。
    使者のイメージは三浦春馬だった。
    幸せなことに、わたしはまだ身近の人を亡くしていない。もし一度だけ会えるとしたら、今は決められない。
    それがある意味、幸せを感じ、きょうふでもある。

全1299件中 1 - 25件を表示

ツナグ (新潮文庫)に関連するまとめ

ツナグ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツナグ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツナグ (新潮文庫)の作品紹介

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員…ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

ツナグ (新潮文庫)のKindle版

ツナグ (新潮文庫)の単行本

ツイートする