大江戸食べもの歳時記 (新潮文庫)

  • 35人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 永山久夫
  • 新潮社 (2013年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101389912

大江戸食べもの歳時記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 美味しそうではありません。

  • 江戸の食べもの事情を簡潔に記した一冊。
    非常に分かりやすく、かつ楽しめたのだが、「江戸時代の食べもの=長生き」という図式に偏りすぎていた感がいなめなかった。
    本の性質上、同じ情報の繰り返しが多いので、人によっては「くどい」かもしれないが、個人的には「思い出せて助かった」。

  • 食材の品質も良かっただろうし、江戸の人たちの味覚も今より優れていただろうと思います。
    季節の行事を大事にし、暑さ寒さを乗り切る食べ物や食べ方にも感心、納得。
    今の自分の食生活をあらためて見直したくなりました。

全3件中 1 - 3件を表示

大江戸食べもの歳時記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大江戸食べもの歳時記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

大江戸食べもの歳時記 (新潮文庫)の作品紹介

天ぷら、すし、鰻の蒲焼き──。現代人の大好物はすべて江戸時代にルーツがあり、さらにうまいものを食べていた!? 醤油や酢といった和食の基本を普及させ、上方や外国からの食文化を貪欲に取り入れ、料理本の出版が相次ぐという食への飽くなき探究心。弁当を持って花見に出かけ、水菓子で涼をとるなど、食とともに季節を味わう粋な心。世界から注目を浴びる和食ブームの秘密に迫る。

大江戸食べもの歳時記 (新潮文庫)はこんな本です

大江戸食べもの歳時記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする