プライド (新潮文庫)

  • 687人登録
  • 3.51評価
    • (32)
    • (95)
    • (122)
    • (20)
    • (1)
  • 83レビュー
著者 : 真山仁
  • 新潮社 (2012年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101390512

プライド (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ハゲタカ」シリーズが代表の真山仁の、主に農業と食をテーマにした短編集。現代日本が抱える問題(解説者はタブーという)に迫り、読後あなたはどうなんだと問いかけられる。『暴言大臣』で大臣に語らせている。「誤解を招くのは承知で言うがね。この国を滅ぼす最大の元凶は、団塊の世代だよ。奴らは、ずっと勘違いしている。自分たちだけが、日本の高度経済成長を支えてきた、日本で唯一市民運動に立ち上がった世代、そして、元気な年寄りとして日本社会を支えていると思い上がっている。私に言わせれば、厚顔無恥もいいところだ」団塊世代の尻尾に属する身としては、耳に痛い。真山氏の本音も少し入っているか。最近の新聞の論調にも、世代論がしばしば掲載され、年金持ち逃げ世代だとか、平成不況は団塊世代が招いた、などなどかまびすしい。しかし、世代論ですべてが語られるほど現在の状況は、簡単ではないと思うが。

  • 事業仕分け問題、医療ミス事件、食品偽装事件など、
    ここ最近の間に紙面をにぎわせた、日本の社会問題を背景に、
    真山仁の独特の視点で切り込んでいった短編集です。

    各短編(全6話)の最後には、
    予想もしていなかった落ちがあり、それがまた面白い。


    「正義」とは何か、そして「プライド」とは何か、
    私は、あらためて考えさせられました。

  • 蜜蜂の話とその後別の作品になったのは連載時に読んで覚えていた。どれもすっきりはしない話だけど面白かった。

  • 人それぞれ

  • 農業に関する短編。
    自分の知識や読解力が追いつかない部分もあったけど。

  • 失礼ながら、ハゲタカ以外も書けるんだと思ったし、
    他の作品も読みたいと思えるいいきっかけになった

    もう1つ以外だったのが、解説も面白かったこと
    たんなるあらすじのなぞりなど、
    新しいトピックが何もない解説のための文章というよりは
    これだけでも1つの章立てになるんじゃないかと思った

    本編も以外なことが多かったけど、
    最後まで意外性が続いていたなぁ


    ・一俵の重みは、もっと続きが読みたくなる話
     日本の農業について、自分が無知だと認識させられ
     考えさせられるが、物語として痛快で面白かった

    ・ミツバチが消えた夏は、同じように農業(?)関連

     突然蜂が消えてしまった状況から、農業の関係者間の
     やりづらい関係性が見えてきたときに
     主人公が当事者としての強い意識で行動する様などが
     応援したくなり、かつ農業の問題も意識させられる

    ・暴言大臣は予想外の展開、最初は戸惑ってしまった

  • 農業にスポットを当てた話が初めて知ることばかりで、かつ素人にでもわかりやすく書いてあって面白かった。
    メディアの報道に対して、常にその報道は正しいのか?という視点を持つことの大切さを、改めて知らしめてくれる一冊。

  • 渋い。
    ひたむきに働く登場人物たちがカッコ良いです。
    たまに入れてくる毒がたまりません。

  • 短編に止めておくにはもったいない。是非続篇を読みたいと切に願います。

  • ミツバチの話が印象的でした。というより、ショックだった。
    よかれと思い選んで買っているものが、生産地の人たちを苦しめているとしたら…。それはもう選べない。選びたくない。
    でも、そんな情報は、なかなか消費者まで伝わってきません。
    いろいろと考えさせられました。

全83件中 1 - 10件を表示

真山仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プライド (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プライド (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プライド (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

プライド (新潮文庫)の作品紹介

確信犯的に期限切れ食材を使った菓子職人の胸中に迫る表題作、変人官僚が事業仕分け人と対決する「一俵の重み」。逆境を支えるのがプライドなら、人を狂わせるのもまたプライド。現代を生き抜くために、絶対に譲れないものは何か。社会問題の深層に潜む、現場の人々の一筋縄ではいかない思いに光を当て、深層心理まで描きこんだ極上フィクション六編と掌編「歴史的瞬間」を収録。

プライド (新潮文庫)の単行本

プライド (新潮文庫)のKindle版

ツイートする