黙示 (新潮文庫)

  • 223人登録
  • 3.56評価
    • (9)
    • (33)
    • (25)
    • (7)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 真山仁
  • 新潮社 (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (524ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101390529

黙示 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真山さんにしては浅い。難しいテーマだけに踏み込み切れなかったのか。主人公の不倫の意味が全く不明で、作者の苦しみなのか、潜在的な願望なのか疑ってしまうくらいストーリーに影響のないイベント。全てが中途半端で残念な作品に。

  • 農薬問題からの遺伝子組み換え作物を題材にすることで日本の農業、ひいては世界中での食糧争奪戦を人ごとではないと警鐘を鳴らす話。
    農薬メーカーの研究者、農薬の被害を受ける立場の養蜂家、農水省の役人とそれぞれの立場でそれぞれの問題日本の直面する。
    知らないことなどがたくさんあり、とても興味深かった。この話では農水省は前向きな大きなプロジェクトを実行しつつあるが、現実はどうなのか、知りたくなった。

  • 農薬・遺伝子組換・農政の観点から日本の食のあり方をテーマにした作品。
    ストーリーとしては好きだが、最近の真山仁の作品は締め方が消化不良な感じが多い気がする。

  • 著者の調査力がヒシヒシと伝わってくる。とても勉強になった。小説というより専門書

  • 骨太で面白い。登場人物もそれぞれ個性が立っている。食糧問題、奥が深い。

  • 養蜂家で農薬がミツバチに影響敷いていると警鐘を鳴らす元戦場カメラマンと農薬の開発者であり責任者である農薬会社の研究員と農水省のキャリア官僚の3人の視点で進められていく話。内容が重く苦しくなると別視点に切り替わるためリフレッシュされて読みやすい。農業の問題について考える機会が与えられ読んでよかった

  • 日本人でいることが不安になる。
    いや、どこの国でも将来の食料安定供給の保証は無いか…。農薬、遺伝子組み換えなどを受け入れつつ、安心・安全とのバランスをいつまで保っていけるのだろう。

    自分が手塩にかけて開発してきた米を実験材料に選ぶ米野さんは、本当に研究者だなぁ。がんばれ、太郎と花子!

  • 農薬・食糧危機・遺伝子組換え…これからの日本の農業政策について、食の安全についての問題提起。真山仁の取材力に感服。そういうところはアーサー・ヘイリーに似てる。

  • ・ 対立からは何も生まれない。異論がある時こそ、相手を納得させるように話すのが大事だよ
    ・ 物事を二極化して、対立構図で考えるのは愚行だよ。そもそも反対や否定から何にもうまれないだろ

  • 日本で作る作物には、まだまだ農薬が必要である。一部無農薬で育てている畑などがあるが、農薬を使うことで、コストを抑える事が出来るからだ。なので、農薬が悪だ!と唱えることはできない。また、日本における食糧自給率は、カロリーベースで39%。生産額ベースで64%となっており、今後益々の食糧輸入が見込まれる。そんな中でGMOが入ってくるが、ちゃんと目を光らせて、良いものと悪いものを選別できる力を持つ事が必要である。そんな事を考えさせられる一冊である。

全26件中 1 - 10件を表示

真山仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黙示 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黙示 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黙示 (新潮文庫)の作品紹介

農薬散布中のラジコンヘリが小学生の集団に墜落する事故が発生。重い中毒症状に苦しむ子どもたちを目の当たりにした世論は、農薬の是非のはざまで揺れることに。その間隙を縫い、農薬を必要としない遺伝子組み換え食品を推進するアメリカの巨大企業と、日本の食品の買い占めを目論む中国……。私たちは何を選び、何を捨てるのか。日本の食のあり方を厳しく問う本格メガ・エンタメ!

黙示 (新潮文庫)はこんな本です

黙示 (新潮文庫)の単行本

黙示 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする