晴天の迷いクジラ (新潮文庫)

  • 992人登録
  • 3.87評価
    • (85)
    • (106)
    • (83)
    • (14)
    • (4)
  • 97レビュー
著者 : 窪美澄
  • 新潮社 (2014年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101391427

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本って、本当に良いものだなと思った。

    本を読んでいると、この主人公のような体験をしてみたいと思うことがある。

    遊園地や水族館、花火大会、旅行、スカイダイビング・・・。

    本の中の世界に、良い意味で影響されることで、世界が広がってゆく。

    でも、時には、あまり体験したくない出来事が書かれていることもある。

    人は、簡単に壊れてしまう。死んでしまう。
    この本を読んで、改めて教えてもらった。

    大切な人の全てを受け入れて、何かを求めるんじゃなくて、ただ、自分の傍にいてくれる。それだけの事が、とてつもなく幸せなことなんだと。

    悲しい思いをするために生まれてくる人なんて一人もいない。みんな、幸せになって良いんだよと言っているような気がした、心が暖かくなる小説でした。

  • 自ら死のうとしていた性別も年齢もバラバラの男女三人が出逢い、ひょんなことからある島の入り江に迷い込んだクジラを見に向かうという物語。
    三人はそれぞれ、いわゆる“毒親”の元に育ち、その影響もあって間違いを犯したり失敗したりして傷つき、ぼろぼろの状態で死のうとしていた。
    一人ずつのエピソード、そして三人が出逢った最終章。
    絶望から始まった物語に、光は見えるのか。
    それぞれのエピソードの章は胸が痛かったし、解る、と思うところがいくつかあった。
    きっとどんな人が読んでもそう思う瞬間があるのではないかと思う。

    窪さんの小説は、とても温かい。
    駄目でも、いろんなことがうまくいかない人生でも、「それでいいんだよ、あなたは悪くない」と言われてるような気持ちになる。
    そうして自分自身も、大切な人が苦しんでいるときに、理屈じゃなく「ただ生きていて欲しい」と言える強さを持ちたいと願う。

    けっこう何でも読むわりに「好きな作家は?」と訊かれると言葉に窮するかも、と最近なんとなく感じていて、でも今もし同じ質問をされたら窪美澄さんって答えると思う。他の既刊の小説をもっと読みたい。

  • 生きる中で人は、心も体も呼吸をしている。
    心の呼吸が出来なくなったら……
    教え諭すのではなく、呼吸するための空気穴をひとつ、作ってもらえる作品。

  • 2013年本屋大賞6位

    「死にたい」と思った3人が出会い、湾に迷い込んだクジラを見に行く話。

    本の4分の3が三者三様の「死にたい」と思うまでの生い立ち。
    かといって取り立てて感情移入するほどでもなく、逆に腹立たしく、憂鬱になってくる。
    でも、そんな「負」の状態が、3人が出会ってからの最後の4分の1は…

    マイナス×マイナスはプラス?
    それとも
    毒を以て毒を制す、ってこと?

    いつの間にか泣いてもーたぁ。

  • 今年22冊目。「言わなくちゃ。死んでしまったら、何も話せないから。」
    帯に惹かれて読むことにしたのだけど、まさかの一気読みでした。
    誰もが、誰にも言えない絶望を抱えて生きていて、それでも、みんな何もないかのようにしてて。
    ふとしたきっかけでその絶望が溢れ出すのかもしれない。
    絶望の向こうに、光り輝く希望なんか、なかなか見つけられないけど。
    迷って苦しんで、それでも生きなくちゃ、言わなくちゃ、自分の人生を精一杯生きなくちゃ、と思いました。
    重いけど、素敵な小説でした。
    母の愛の在り方にも、いろんなかたちがあるなあ、というのも感想のひとつ。

  • 2017.11.19(日)¥670(税込¥724)
    2017.11.23(木)。

  • 窪さん初読み。正子の最後の決断には、うんそれでいい、と頷いてしまった。死と生と。ばぁちゃん、いいねぇ。きっと辛い思いとたくさんの生死を見つめてきたから、慈しむ心が人に届くんだろうな。くじらもぐっじょぶ。どこでもいいからみんな笑顔でいられる場所にいて欲しい。曇天の雲の切れ間から暖かい光が溢れだすようなお話

  • くじら。

  • 正子の話が、微妙にホラー。
    いい出会いがあってよかったね。

  • いつかまた、人生に迷った時この本を読みたい。その答えがここにあるんじゃないか、そう思わせてくれる一冊でした。

全97件中 1 - 10件を表示

窪美澄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)の作品紹介

デザイン会社に勤める由人は、失恋と激務でうつを発症した。社長の野乃花は、潰れゆく会社とともに人生を終わらせる決意をした。死を選ぶ前にと、湾に迷い込んだクジラを見に南の半島へ向かった二人は、道中、女子高生の正子を拾う。母との関係で心を壊した彼女もまた、生きることを止めようとしていた――。苛烈な生と、その果ての希望を鮮やかに描き出す長編。山田風太郎賞受賞作。

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)のKindle版

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)の単行本

ツイートする