トリエステの坂道 (新潮文庫)

  • 450人登録
  • 3.97評価
    • (57)
    • (46)
    • (55)
    • (2)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 須賀敦子
  • 新潮社 (1998年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101392219

トリエステの坂道 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 体の深いところに凝縮された思い出が、静謐な名文で綴られていく.これを読むと,文章にこめられている悲しみを受け取ると同時に,よい文章を読む喜びを感じる.解説に収められた湯川豊氏の「ノート」も示唆に富んでいる.湯川氏も指摘しているように「雨のなかを走る男たち」はとりわけ名作だと思う.

  • 須賀敦子の本は初めて読んだ。
    外国語を話す人だからだろうか、普段は読まない年代の作家さんだからだろうか、一語一語なんというか日本語らしい。

    ・「電車道」の「天国語」。
    母国語を忘れるという、日本では有り得ない事象と、そのことについてあっけらかんとした感じの当人達が印象に残った。
    ・「重い山仕事のあとみたいに」の「《つぎの》土地での変容」。

  • この人の本がどうしようもなく好きだ。いつか全著作をそろえようと思う。
    裕福な環境に育ちながら、貧しさのもたらす甘美にもいた悲哀知っている人。
    決して多くは語りすぎず、そして陳腐にもならず、様々な人間の生き方をつづっている。
    人生ってなんなんだろうなぁ。

  • 20170824読了
    1998年発行。過去を振り返れば感傷的になりがちなものだし、ましてやそれが異文化での経験となればなおさら遠い夢のようなもので、情緒的な文章に変換してしまいそうなのにそうじゃないし、それでも読後感としては切なさや郷愁みたいなものも残るというところに凄みがあるというか。若いころからずっと自分でも書きたいという思いを温めつつ、翻訳業に携わりながら年月をかけてご自分のことばを醸成してきたんだろうなと思う。●P171 重い山仕事のあとみたいに ●巻末、湯川豊氏の「須賀さんについてのノート」より、なるほどと感じた部分を要約。回想的エッセイでありながら”小説”を秘めている。かといって私小説からは遠い。文体に論理があるので、感受性が前面に出ているときでも情緒的ではなくどこかしら強靭な感じがする。この文体はヨーロッパの社会や言語を背景にして編み出されたのではないか。

  • 1995年発表の須賀敦子の第4作。
    日本オリベッティ社の広報誌『SPAZIO』に、『別の目のイタリアPART2』という通しの題名で、1990~95年に連載されたエッセイに手を入れたものに、他誌に掲載された『ふるえる手』及び書下ろしを加えた、全12篇が収められている。
    本書では、夫であるペッピーノの家族の肖像が大きなテーマとなっている。
    その中で、『ふるえる手』は、60歳を超えてデビュー作『ミラノ 霧の風景』を発表し、多くの批評家たちが、その文章の高度な完成度に驚いたという著者の、「書くこと」への思いと、その覚悟を後押ししたナタリア・ギンズブルグの作品との出会いが語られる一篇であり、著者は、「日本の文学作品をイタリア語に訳す仕事をはじめてまもないころだったが、まだ自分が母国の言葉でものを書くことを夢見ていた。・・・ちょうどそのころ、書店につとめていた夫がナタリアの小説を持って帰ってくれた。・・・好きな作家の文体を、自分にもっとも近いところに引きよせておいてから、それに守られるようにして自分の文体を練りあげる。・・・そのときの私にとってはこのうえない発見だった。しがみつくようにして私がナタリアの本を読んでいるのを見て、夫は笑った。わかってたよ。彼はいった。・・・これはきみの本だって思った。」、「書くという私にとって息をするのとおなじくらい大切なことを、作品を通して教えてくれたかけがえのない師でもあったナタリア・・・」と記している。
    『ミラノ 霧の風景』の発表から8年で亡くなった著者が、「あの四冊は、書けてよかった」と言ったという、『コルシア書店の仲間たち』、『ヴェネツィアの宿』に続く最後の作品集である。
    (2008年5月了)

  • 哀しいほど、やさしくて、つよい文章。
    うつくしい日本語。

    亡き夫の家族と、イタリアという国と、須賀さんの敬愛している作家についてのエピソード。

    文章の中で、夫や義母などとの日々を過ごす須賀さんと、実際に原稿を書く須賀さんが同一人物におもえなくて、すこし戸惑う。

    どのエッセイも好き。
    バラバラな内容なのに、読み終わったら、まとまりを感じるから不思議。

    とくに好きなのは、最後の「ふるえる手」。
    カラヴァッジョ「マッテオの召出し」に対する考察をいくつかの思い出とからめて書かれている。

    p.224 そのとき、とつぜん、直線のヴィア・ジュリアと曲りくねった中世の道が、それぞれの光につつまれて、記憶のなかでゆらめいた。どちらもが、人間には必要だし、私たちは、たぶん、いつも両方を求めている。白い光をまともに受けた少年と、みにくい手の男との両方を見捨てられないように。

    キリスト教、という宗教が、須賀さんの使命のようになっていたのだとして、わたしにはその部分を理解することはできないんだけど、キリスト教芸術を、その信者として感じることができるのは羨ましいとおもった。

  • 【本の内容】
    あまたの詩人を輩出し、イタリア帰属の夢と引換えに凋落の道を辿った辺境都市、トリエステ。

    その地に吹く北風が、かつてミラノで共に生きた家族たちの賑やかな記憶を燃え立たせる。

    書物を愛し、語り合う楽しみを持つ世の人々に惜しまれて逝った著者が、知の光と歴史の影を愛惜に満ちた文体で綴った作品集。

    未完長編の魁となったエッセイ(単行本未収録)を併録する。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 須賀敦子、初めて読んだ。洞察力の深さと描写力の細かさ、余韻が残る文章、淡々とはしているけれど、何かを抱えて生きていた方な気がした。

  • 夫となったペッピーノや、その家族をめぐるエッセイ。嬉しいことも、どうしようもないことも、感情に任せることなく、淡々と書かれている。会ったこともない人たちの生活が、鮮やかに浮かんできて、須賀さんや登場人物の感覚を追体験できるような気がする。

  • トリエステを訪れたときの情景を描いた3篇、その後に著者が住んでいたミラノでの家族や知人を描いたエッセイです。

    能天気で明るい?イメージとはほど遠いイタリア人の個性があちこちに登場します。

    著者が詩人サバがトリエステで長年すごした書店を、到着早々その場所を調べたら、拍子抜けするほど簡単に判明します。

      ながいこと想い焦がれてきた対象を現実を
      手にいれてしまうのがなにか怖かったのだ。

    ホテルからその書店に向う著者の心情です。
    最短ルートをとらず、遠回りしながら徐々に目的地に近づきます。

    一刻も早く着きたいはずが、著者にそう感じさせる空気がトリエステにあるのか、
    それとも、ミラノでの暮らしの積み重ねで安易な期待をいましめる習いが身についたのか。

    彼女の周の貧しいイタリアの人たちの、あきらめと望みの混じった暮らしは、観光ガイドブックにはないイタリアに読み手を連れて行ってくれます。

全35件中 1 - 10件を表示

須賀敦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
梨木 香歩
ポール オースタ...
須賀 敦子
有効な右矢印 無効な右矢印

トリエステの坂道 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トリエステの坂道 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トリエステの坂道 (新潮文庫)の作品紹介

あまたの詩人を輩出し、イタリア帰属の夢と引換えに凋落の道を辿った辺境都市、トリエステ。その地に吹く北風が、かつてミラノで共に生きた家族たちの賑やかな記憶を燃え立たせる-。書物を愛し、語り合う楽しみを持つ世の人々に惜しまれて逝った著者が、知の光と歴史の影を愛惜に満ちた文体で綴った作品集。未完長編の魁となったエッセイ(単行本未収録)を併録する。

トリエステの坂道 (新潮文庫)の単行本

ツイートする