君の波が聞こえる (新潮文庫)

  • 156人登録
  • 3.78評価
    • (12)
    • (19)
    • (18)
    • (1)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 乾ルカ
  • 新潮社 (2014年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101392318

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

君の波が聞こえる (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 閉じ込められた城の中で、大切な友達を見つけた主人公の出会いと成長、そして別れの物語。
    王道な青春小説。関を含めた三人の関係も良い感じ。
    ただ、城の謎が全然解かれていないため、物語に深みが無くて、せっかく作り上げた世界観がもったいない印象。

  • 謎めいた雰囲気漂う四龍海城を舞台に、様々な思いを抱えた少年たちの友情を描いた本作。自分のすぎてしまった思春期の多感な時代を思い起こし、切なくなる一冊であった。本書最大の謎である「出城料」については、読み進めるうち半ば頃で気づくが、気づいたことで、少年たちの選択がなおのこと心に響く。「出城料」を支払い、大切なものを忘れたことさえ忘れて生きていくか、大切なものを胸に抱いて城に残るか、どちらが正しいかはわからない。読了後、自分にとっての「出城料」がなんなのか、思いを巡らせた。

  • とあるサイトの感想を読んで惹かれました。
    よかった。悲しくも切なくもあり。
    いい本に出会えました。

  • 一気読了。心の震えが止まりません。
    北海道の日本領海外に聳え立つ塔、四龍海城。干潮時に迷い込んだ者、拉致された者が城を出るには「出城料」が必要。
    手を伸ばせば届きそうな日常と限りなく隔たっている…個人的に理想的な異界モノ。
    原題『四龍海城』も魅力的ですが、改題『君の波が聞こえる』は秀逸、読了後グッときます。
    磯の匂い、自然の豊かな色彩、肌の温もり。吃音の悩み、調子外れの歌やラジオ、そしてトランペット…波=音色として、聴覚メインに五感を揺さぶられます。
    夏休みに再読必至。
    BGMは「フライデー・ナイト・ファンタジー」。

  • タイトルの意味が読み終わってわかりました!

    関さんの267ページの言葉にはグッときました(u_u)
    確かに、そうなのかもなって納得しちゃいましたね!
    残念だったのは、後半が予想できてしまったこと。
    誰でも予想できそうな結末で、ちょっとだけ拍子抜けです。
    でも、ミステリーじゃないので問題ないんですけどね。
    個人の好みです!

    それ以外は、結構好きな一冊です!

  • 乾ルカさん とゆう 人を知った
    初めの本です。たまたま 立ち寄った 本屋さん
    で たまたま手に取った 本です。
    我を忘れて 時間を忘れて 読み終えました。
    悲しくて 切なくて でも どこか
    希望のある お話でした。

    心にささる 何か 鋭いものが
    3日ぐらい 抜けませんでしたょょ。

  • 金曜ロードショーの曲、どんなだったかすっかり忘れちゃってたから、検索して聴き直して、とても懐かしい気持ちになりました。あの曲を言葉で表現すると、こうなるんだなぁってしみじみと感じました。

    全体的に先に読者に気付かせようとして書いてあるようなので、大きな驚きはありませんでしたが…ラストの貴希の選択が悲しかった。

  • なんで…なんで…となんとも言えない最後。

  •  3.11以後多くの作家が「かけなくなった」という。本書の作者は、逆に未曾有の脅威に「書いて」抗ったひとりのようだ。
     四龍海城がなんなのかは最後まで明かされないが、なんとなく海や波の擬人化を思わせて心騒ぐ。
    *********
     吃音のある健太郎は、迷い込んだ四龍海城で、貴希と出会った。城に閉じ込められ、出るには出城料が要る。一体出城料とは?という話。

     前半の鬱屈とした雰囲気漂う中で、健太郎と貴希が友情を育むやりとりは、うぶで不器用で、かわいらしく、思わずにやけてしまった。
     後半から参戦した関も興味深く、ふたりがめざめ成長するのに一役買っているにくいキャラ。嵐が吹くように物語を進めるだけ進めて行ってしまった。
     また天野の心変わりも女の心情としてリアリティがあり、このファンタジーでありながら、リアルと隣り合う異界のちぐはぐな気持ち悪さこそ、この作者のダークな部分に拍車をかけていると思う。

     結末に関しては帯のネタバレのお陰で、心の準備ができていたが、やるせない。例えば、互いを忘れてしまっても再び出会うチャンスに賭けられないものかと考えずにはいられなかった。ただ、貴希には母がなく、父には虐待を受けいる。陸を切望する健太郎のポジティブさとは真逆の心境である。
     彼は、二度と戻らない時間のとりこだった。失うということは、その場限りの痛みではなく、時間をかけて大きくなる空虚感を抱え、その痛みを何度も反芻する辛さまでが含まれる。
     彼は失くす痛みを知るが故に、歳よりも聡く、脆かった。
     痛みに恐怖して、あるいはすきまを埋めてくれる健太郎という存在を奪われまいとして、ああいう決断をしてしまったのは致し方ないのかな、と思った。

    *******
     この本を買った書店では、12色の文庫カバーが選べる。いつもは寒色ばかりだが、今回はなんとなく目の覚める黄色を選んだ。そういえば昔、高いファの音が出せずに毎日毎日特訓した楽器はこんな色だったかもしれないと思い、読了した。

  • <ネタバレ有り>


                           
    ++++++++++++++++++++++++++++++++



    吃音の少年、健太郎の成長物語であり、健太郎と貴希の友情物語でもあり、一度入ったら出られないという四龍海城で徐々に人々が城人化していくというホラーでもあり、そこから出るための出場料を探るミステリでもあり…いろいろな要素が詰め込まれた一冊でした。
    四龍海城の最上階から眺める朝日や夕日の描写が美しい。健太郎が貴希に出会って、生まれて初めて心を開ける友達を得、成長していく姿が清々しい。2人を見守る関のキャラもすごくいい。そんなキラキラした描写の陰に、どことなく不穏な空気が漂っていて、どうなるんだろうどうなるんだろうとどきどきしながら読んでいたら、ラストでズドンと撃ち抜かれた。
    貴希の選択はあまりにも切ないものだった。お互いのことを忘れてしまってもまた元の世界に戻った後友達になれるとは思わなかったのだろうか。ラストの一文が突き刺さって仕方ない。
    こういう希望の手前に落とし穴が掘ってあって暗転ラストみたいな終わりは後味悪いけど、その分すごく心に残る。結局四龍海城の存在は謎のままだったけど、そんなのすっとぶインパクトだった。多分2人が一緒に城から出ましたというラストだったら、あーよかったよかったで終わってしまっただろうけど、あのラストだからこそ、ずっと忘れられない本になりそうな気がする。

    フライデーナイトファンタジーってもしかして…と思って検索かけたらやっぱりあの曲!未だに金曜ロードショーといえばあの曲です。
    あのメロディーを乗せたラストシーンを想像するとさらに切なさ倍増でした…

  • 二人の少年の友情物語。勝手に誘い出して、入ってしまったら勝手には出られない四龍海白。理不尽極まりない城で。吃音に悩む健太郎も、父親とうまくいっていない貴希も頑なで、痛々しくて、狭い世界にあきらめてしまっていて、気持ちわからなくもないが、もっとじたばたすれよ!と、カツをいれたくなる。だから、関のちょっかいかける気持ちは大変よくわかるのだが、関も関でちょっとイタい大人だな。と。貴希と健太郎の選んだ結果を受けいれなくて、しばらく呆然としたのはここだけの話。

  • いつも行く本屋さんの新刊コーナーで、
    きれいな表紙に惹かれてつい手に取った本。
    「切なすぎるラストシーンに涙、涙、涙…」
    という帯からしてもう途中で
    結末は想像できてしまうのですが、
    最後の一行を読むと本当に悲しくなります。

  • 私が苦手とするファンタジーものなので、期待値も評価も低いです。
    吃音のため、他人との会話が苦手な中学生が、四龍海城という異次元に迷いこむ。しかし、そこでの出会いと経験が、少年を変えていくというストーリー。
    全体の印象として、色がないという気がする。海の色、空の色、そして少年の心の色。それらが淡い色合いにしか感じることができなかった。

  • 一学期の終わりの日.ひとりぼっちの健太郎は沖に浮かぶ謎の城に迷い込む.そこには同じように囚われた人々がいた.徐々に生気を失い「城人」と呼ばれる傀儡になってしまう前に元の世界に戻る方法をもうひとりの少年,貴希と共に探す.二人で脱出することを誓って.ちょっと「千と千尋の神隠し」に似ているかな.ラストは青春小説っぽく,ちょっと切ないかも.

  • ファンタジー要素の強い作品ながら少しスケールは小さめ。展開は読みやすい。結末のまとめ方はあまり嘘くさくなくてよかったが、もっと綺麗な雰囲気の作品なのかと思っていたので予想外ではあった。可もなく不可もなくといったところ。

  • 中の物資の調達はどこから?出城料はどうなるのか?

  • 帯でわかってたけどホントに切なすぎる。2人で脱出して欲しかったけど、貴希は絶対そうしなかったと思う。未だに最後数ページ、ラストの一行見ると泣きそう。続編が出て欲しい。健太郎は関に会って、貴希救出エンドがあること願ってます。

  • 途中でオチは分かってしまうんですけど、ほんとうにせつない

  • 帯ですでに「切なすぎるラストシーンに涙、涙、涙…」とある意味ネタバレされていたので、覚悟をして読んだけれど、そして何となく想像通りではあったけれど、あまりの切なさに涙がとまらなかった。
    2人ともお互いを忘れてまた日常に戻るのか、それとも貴希が残ることを決意するのか、ギリギリまでドキドキした。
    そうならないとわかっても、2人で出城して、土曜日に落ち合って完璧になったトランペットをふく貴希とそれを聴く健太郎を見たかった。
    悲しいラストであっても2人の友情、出城料の謎を解いて行く過程やこの読後感はとても好きだ。

  • 初めての乾ルカ。

    ファンタジックな青春小説。
    ある日、海を眺めていた健太郎が、近付いてはいけないと言われる「四龍海城」に入ってしまう所から話は始まる。

    彼は、吃音にコンプレックスを感じていた。
    「四龍海城」の中で出会った貴希だけはそれを嗤わないという理由から、二人は少しずつ距離を縮めていく。

    健太郎も貴希も、小さな影を抱えていて。
    でも、それが「小さな」ものだと分かった時、このストーリーをぐいっと牽引していくような大きな力に変えてみせるのが、良い。

    四龍海城の持つ、閉鎖的で無感動な濁った世界を描くのが上手いなぁと思って、最初は読んでいた。
    しかし、それ以上に登場人物たちの変化や役所に魅力があって、好きになれる。

    ラストシーンへの疑問はあるが、話としてはしっかり書かれた作品だと感じた。
    続編が出るといいんだけどな。

全21件中 1 - 21件を表示

君の波が聞こえる (新潮文庫)に関連する談話室の質問

君の波が聞こえる (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君の波が聞こえる (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君の波が聞こえる (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

君の波が聞こえる (新潮文庫)の作品紹介

一学期の終わりの日、ひとりぼっちで海を見ていた健太郎は、沖に浮かぶ謎の城に迷い込む。そこには同じように囚われた人々がいた。元の世界に戻るには「出城料」が必要だという。それはお金ではない何からしい。健太郎はもう一人の少年と次第に心を通わせ、誓いを立てる。二人でここを出るんだ、初めて見つけた友達だから――。思春期の友情が胸に響く幻想小説。『四龍海城』改題。

君の波が聞こえる (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする