女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

  • 3042人登録
  • 3.71評価
    • (374)
    • (372)
    • (709)
    • (40)
    • (5)
  • 325レビュー
著者 : 森博嗣
  • 新潮社 (2004年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (585ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101394329

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ミチルと相棒のロィディが道に迷いたどり着いたのは、女王が統治し百年間閉ざされた楽園のような街ルナティックシティ。この街で死んだ者はいないと住人達は言うが、祝祭の夜に何者かに王子が殺されてしまい…。
    森博嗣の著書は初めて読みました。2113年の近未来が舞台のSFミステリーですが、哲学的・宗教的要素が強く不思議な世界観を創り出しています。
    「目にすれば失い、口にすれば果てる」何も語らないこのひと言が、全てを語っている所がおもしろい。
    森博嗣の他の作品も気になりますが、シリーズの順番が分かりにくく、どれを読めばいいのかさっぱりです。

  • 設定はとても面白かった。空間把握が難しい…

  • 10年以上ぶりに再読。本作は森博嗣の作品で初めて手にとった著作であるが、キャラクターの魅力や世界観に再び引き込まれた。

    ファンタジーというフィクションではあるが、主人公ミチルの生と死の狭間で揺れる葛藤がリアルに描かれる。仕組まれた歯車がかみ合う時、ミチルは過去の恨みと復讐心にどう終止符を打つのか。

  • 森博嗣、2000年発表の小説。SFミステリー。ユートピア小説のようでディストピア小説のようでもあり、ジェンダーやアイデンティティの問題、死生観、宗教観、罪と罰、復讐と赦し・・・等々様々な要素を含んだ寓話のような物語り。

    100年後の世界、日本人青年とパートナーのロボットが中央アジア近辺で道に迷ったあげく不思議な隠れ里にたどり着きます。そこは100年前に作られて以来世界から孤絶したユートピア・・・?
    100年後の世界ですが舞台となるのはその時代から100年前に作られた孤絶した都市・・・つまりは現代社会とたいして変わらない所で、主人公とロボットのペアだけがSF的存在。
    そこで殺人事件が起こるのですが、警察も法律もなく神と女王が支配するその町の人々は事件として扱おうとしません。主人公だけが一見密室のその事件を調べようとするのですが・・・。
    殺人事件を核にして、町そのものの謎にせまるミステリー、とても面白いです。

    寓話的雰囲気が強く、それは冒頭や所々に現れる文学的、象徴的表現が醸し出すものなのかもしれません。悲しい物語りですが、エピローグで明かされる何だか過剰にSF的設定に多少救われるような感がし、読後感は良いです。

  • 偶然たどり着いた街で、復讐したりされたりするお話。
    もっと昔に読んだはずだけど、すっかり忘れてまた一から楽しめました。
    読むのは難しくないけど、理解するのは難しい。
    ロイディが好き。

  • 以前読んだことあるせいか、今回割とすんなり読めた。
    (前回は、まず世界観を理解するのが難しく。。かと言って映像化が出来ないお話なわけで。。。)

    筒井氏の『旅のラゴス』を少し思い出したり。

    ミチルと、機械であるロイディの二人が記者として旅をする話。

    不思議な街で、女王の存在や子供たち、復讐など気になる点は沢山あったのに
    ミチルとロイディの関係に一番驚いた。

    その世界観、設定は想定外でした。。

    攻殻機動隊とはまた違う、人間の定義をどこに置くのか、
    というお堅い問題もあるけれど、ミチルの考え方や物事の捉え方など、未だ捉えきれていない部分が多いので
    また読み返したいな、と思う。

  • 不思議な街の不可思議なお話。 
    百年も未来の物語。 
    人工的に作られた密室の街。 
    そこに紛れ込んだ異邦人。 
    起こった事件。 
    冷凍保存。 
    神。 
    “目にすれば失い、口にすれば果てる”

  •  目にすれば失い、口にすれば果てる。

     再々読くらい。単行本で読んでたけど、また読み返したくなったので文庫を買いました。このあたり読んでからWシリーズに入るべきかなって思ったので。
     デボウ・スホが女王の名前でしたね。娘はクロウ・スホ。なんだろうなぁ、やっぱりこう、空気感がすげー好き。淡々としてるようで熱がある。生と死、生々しい話をしているはずなのに、すごく冷めてる雰囲気がある。
     このころはまだちゃんとミステリィではあったんだよね。文庫本の背表紙のとこのあらすじに「2113年の世界」って書いてあるけど、本文にそんな記述あったっけ? 未来感がおもしろいよなぁ、っていつも思う。
     デボウ・スホには会いたいし話をしてみたいとは思うけど、ルナティック・シティに住みたいとは思わない。つまらなさそうだよね。あと最初読んだときも思ったけど、「ルナティック・シティ」って名前がなんか森っぽくないなぁって。
     抜粋。女王の言葉。


    「ありがとう。言葉は、言葉だけなのに、でも、結局、言葉が嬉しいわ」


     なんとなく最初に読んだときからずっと心に残ってた部分。

  • M&Rシリーズ-1
    ミチルとロイディが導かれた不思議な街。王子の殺人事件。目にすれば失い、口にすれば果てる。デボウスホ。

    蔵書、電子書籍

  • 壁に囲まれ百年もの間、外界から遮蔽された街。
    独自の文化を持ち、独自の女王と神が坐る死のない街。
    ミチルはそこでロイディとの複雑な関係を抱えながら、生を続ける価値を自問する。
    自分の生の中にそれを見出せず
    しかし、
    死のない街に不意に浮かんだ死に
    復讐に
    別れに
    確かに命を見る。

  • ミチルとロイディコンビの百年シリーズ。

    新作のWシリーズと繋がってるようなので読んだ。

  • 初読以来です。
    後半大体忘れているのでやはり面白い。トリックは忘れられる都合のよい頭だ。

  • 本格ミステリ的なS&Mシリーズからエッセイ的小説水柿助教授シリーズを経て、このSFというかファンタジィというかな小説に至った訳ですが、全く雰囲気の違う小説でありながら、完全に森博嗣ワールドを出しちゃうところが凄い。
    物語のバックボーンが太くしっかりしてるから、凄く奇をてらってる様だけど無理に感じないというか…。
    途中まではちょっと進みにくかったけど、最後は怒涛のようにパパパッと読み終わってしまった。

  • ちょいちょい、彼女のシリーズとリンク(彼女のシリーズがリンクしている、の方が正しいけれど)していて面白かった。

  • 近未来が舞台で、ハイテクなゴーグル型端末やアンドロイドが登場するSF作品ですが、特にそのようなデバイスが謎解きに用いられるわけではなく純粋にミステリーとして楽しめました。著者の作品はたくさんのシリーズが刊行されていますが、なんとなくスカイクロラシリーズに似た雰囲気だと感じました。
    次巻も早速購入したいと思います。

  • 百年シリーズ、第一作。四季シリーズとの繋がりをメインに読み進めました。所々にこれは!という描写があり、ワクワクしました^^ 今後どのようにして他シリーズとの繋がりが明示されるか(・・まあ暗示だとは思いますが... ^^;)楽しみで仕方ありません。

  • ロイディがいなかったら、きっとつまらない、と思ったはず。
    ドライなパートナ。あまり役にたっていなさそうなのにすごく良いパートナ。
    密室は森博嗣によく似合う、と思った。

  • 未来のことで完全に想像であるようで、現実にこれから起こることであるように感じさせる。SFであってファンタジーでもあって、ミステリーでもある。
    全てを理解出来たとは思えないし、わからなくて頭をひねったり悩んだり苦悩したりしながら読むのが森博嗣作品だと思う。
    とにかく洗練されていて格好つけた文章なのに全然いやじゃなくて、翻弄される自分が情けないのに好きになる。全然わからない、ばかだなぁなんて思いながらもまた森博嗣を読んでしまう。

  • およそ100年後の世界.
    最後には大きなどんでん返しが.
    そういうことだったのかと思うところ多数.
    そして,出てくる登場人物の名前.
    これは,何かあるぞと思わせられる,森作品には無くてはならない存在.だからこそ,じっくり全部読み取る必要がありそう.

    世界観に引っ張られて,スゴイスピードで読みたい反面,読み落としてはいけないとブレーキをかける気持ちとが相まって,気持ちが高まってしまう.

    落ち着いて,じっくりと味わって堪能することで,何とも言えない読後感.

  • 11月1日読了。
    四季シリーズとFしか読んでない自分には概念的な表現が多くて一瞬戸惑ったけど、読み進めていくと四季シリーズの秋だったかそのあたりの四季さんと犀川先生が会話するところと似た空気感を感じた。
    閉鎖世界の神や常識がまったく別の現実を創り出すようなトリックは面白かった。

  • 解説をサイエンスライターの森山和道さんが書かれている。とても面白い解説だったので,強く印象に残っている。本編の方は,SFというには突飛な印象だし,ミステリというにも不明瞭で,『寓話』という表現がいちばんしっくりくる。森博嗣作品を読むのは4作目くらいなのだが,いかにも森ワールド全開だったので,な,なんだか一見さんは来ちゃいけない雰囲気の作品だぞ……と終始ソワソワしながら読み終えた。
    なんだか肩すかしに感じた面も多かったが,例の真相を知った上で冒頭から読み返すと,ミチルのあの長ったらしいモノローグの数々が妙に心に響いてくる。彼の存在の危うさがとてもおそろしく,けれどなぜか強く惹かれる。不思議な作品。

  • まさに、SF!!!といった印象。
    非現実な世界観だが、案外入り込みやすく3時間ほどでいっきに読めた。

  • サエバミチルは四季とつながった世界にいる人物ではないのでしょうか?
    1作品として読むならしっくりくるのだけど、森ワールドの1つと思うとわけがわからなくなります。
    すっかり忘れているシリーズ2作目も読まなくては…。

  • 高い壁に囲まれたルナティック・シティ、訪問者サエバ・ミチルと“ウォーカロン”、百年閉じられた街、“死”なない街、若く見える王女、マノ・キョーヤ、王子の永い眠り、光る仮面をつけた人、“目にすれば失い、口にすれば果てる”、楽園、神の神器、真相…続編あり。

全325件中 1 - 25件を表示

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)の作品紹介

2113年の世界。小型飛行機で見知らぬ土地に不時着したミチルと、同行していたロイディは、森の中で孤絶した城砦都市に辿り着く。それは女王デボウ・スホに統治された、楽園のような小世界だった。しかし、祝祭の夜に起きた殺人事件をきっかけに、完璧なはずの都市に隠された秘密とミチルの過去は呼応しあい、やがて-。神の意志と人間の尊厳の相克を描く、森ミステリィの新境地。

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)の新書

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)のKindle版

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)の文庫

ツイートする