迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)

  • 1805人登録
  • 3.81評価
    • (222)
    • (224)
    • (357)
    • (7)
    • (2)
  • 191レビュー
著者 : 森博嗣
  • 新潮社 (2005年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (586ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101394336

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語を読む、というよりも空気感を掴む作品。ミステリ調のシナリオながら、全体を纏う雰囲気はどこか柔らかい。

  • 【内容(「BOOK」データベースより)
    周囲の森が一夜にして海と化したという伝説を持つ島イル・サン・ジャック。22世紀の旅人ミチルとロイディがこの島で出会った「女王」は、かつて別の地に君臨した美しき人に生き写しだった―。王宮モン・ロゼで発見された首のない僧侶の死体、犯人と疑われたミチル、再び消えた海と出現した砂漠。謎に満ちた島を舞台に、宿命の絆で結ばれた「女王」とミチルの物語の第2章がはじまる。】

    面白かった。
    前作よりも、読んでいてワクワクした。
    ロイディとミチルの会話が楽しい。

    メグツシュカとミチルが会話すると、ドキドキする。

  • 周囲の森が一夜にして海と化したという伝説をもつ島イル・サン・ジャック。22世紀の旅人ミチルとロイディがこの島で出会った「女王」は、かつて別の地に君臨した美しき人に生き写しだった-。王宮モン・ロゼで発見された首のない僧侶の死体、犯人と疑われたミチル、再び消えた海と出現した砂漠。謎に満ちた島を舞台に、宿命の絆で結ばれた「女王」とミチルの物語の第2章が始まる。
    迷宮百年の睡魔 より

    このシリーズは、とても高度な想像力の上に構築されている.
    途中で、
    瞼が重くなり、
    目を閉じて、
    思考の中へ飛び込むと、
    目を開けているときには気がつかなかった
    つながりに気づき、
    そして、
    謎は深まる.

  • 感想を書いてる所でアプリが落ちました。本当にありがとうございます。

    えーっと。まとめから入ろう。四季冬読んでいない人は絶対読んじゃダメ。フリじゃないからね。



    これを読んだ後四季冬を読み返して解決。クジ・アキラは久慈昌山の娘、サエバ・ミチルは四季の子供。クローンっていうのも解決。メグツシュカは四季のクローン。子音も「mgtsk」で真賀田四季と同じだね。ついでに四季冬の犀川は犀川と西之園の子供。本家犀川は社交辞令なんて絶対言わないし。まぁ言われてみればの話なんだけど。デボウ・スホといいメグツシュカといい目の表現が四季と同じで気になってはいたんだよなー。メグツシュカの秘書のパトリシアも四季冬で四季の秘書してるし。そうするとなんでパトリシアはメグツシュカの秘書をしてるかっていう問題が出てくる。

    僕はメグツシュカの身体は四季のクローンだけど脳は四季なんじゃないか、と思う。本作のミチルとの会話からもそんな感じがした。つまり四季はもう精神体になっていて、クローンの身体を通じて外部に発信している、と。しかし、四季冬のラスト「スイッチを切った」とか明らかに本家犀川がいることがやや不可解。訂正。四季の身体はたくさんある。脳は一つ。どうだろうか。

    この百年シリーズ三冊目が全てのまとめになると思うが、GシリーズもXシリーズも完結までまだ数冊ずつ残している。脳だけ残してでも最後まで見届けたい。

    もう少しだけ書く。ウォーカロンって「walk alone」か。…本当に少しだった。

  • 百年シリーズ第2弾。
    前作にも増して、楽しめました。

    森さんの描く
    この世界観が好き。

    今回は孤島が舞台。そこにいる女王は前作の女王の母。
    その島は一日一周回転している。
    島の周辺は一夜にして森から海へ。そして海から砂漠へと変わってしまう。それなのに、そのことに大した興味も持たない街の人々。

    本物の人間とウォーカロンが共存している世界。
    ミチルとロイディの会話と関係が好き。

    人間って何だろう?
    いつも漠然と思っている。
    生きてるって何?死ぬって何?
    心はどこにあるの?脳?体?

    そんなことを考えているのは自分だけではないんだなって思わせてくれる。
    でもやっぱり答えは見つからない。
    それが、それこそが生きるということなのかもしれない。

    第3弾も早く読もう。
    そして関連作品もあるみたいだから、それも読みたい。

  • 記念すべき、今年に入って読んだ100冊めの本はこちら。
    前作より好き。モン・サン・ミシェル行ったことがあるので情景をイメージしやすく、尚更かも。

  • 久しぶりに再読

    Wシリーズを読んでいて少しでも詳細が知りたくて読みなおした

    僕は最近寝たい
    ずっと寝ていたい
    寝ている状態が自然だとしたら、僕はもう怖い何かが無くなってしまったのかもしれない
    現実より夢の世界のほうが楽しい

    ミチルは誰のクローンなんだろう
    四季のクローンなのかな

  • またもや想定外のラストでした。。。

    機械であるロイディの会話が変化しているあたり、それ位の成長はAIとしてあるかも、と思っていたが。。。

    いよいよ人間とは何か、自我、イノセンス、
    自分には到底理解しきれない、というか、整理できない。。

    色々考えるのだけれど、考えていないような行動をとるミチル。

    今回こういった事例を体験して、どんな考え方をするようになるのだろうか。。

    女王の存在も、自分の意思なのか、もっと上の立場の人間に命じられているのか。。

    なんか凄く硬い文章になってしまったが
    本作はとってもふわふわしているのが不思議。。

  • ロイディとの会話がどんどん面白くなってる。
    メグツシュカが真賀田四季でミチルがミチルなのかな。とか今まで読んできたところなんかも想像すると楽しい。こんな設定ありえないけど、引き込まれて一気読み。

  • M&Rシリーズ-2。メグシュツカ。
    存在。

    蔵書、電子書籍

全191件中 1 - 10件を表示

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)の単行本

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)の単行本

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする