所轄刑事・麻生龍太郎 (新潮文庫)

  • 386人登録
  • 3.60評価
    • (21)
    • (52)
    • (67)
    • (6)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 柴田よしき
  • 新潮社 (2009年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101396255

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

所轄刑事・麻生龍太郎 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 犬絡みの事件が多かったな~。麻生、優秀ですね、若いのに。

  • 25歳、若かりし麻生龍太郎…されど麻生…。あとがきにやはり麻生は「優柔不断」って書かれていたが、私には全くそうは思えない。仕事では正しいものを突き止めるまではてこでも動かない頑固な半面、私生活での人間関係においては「境界線」を決して越えない、動かない、と評せられていたが、それのどこが悪い、と、私は根っからの麻生びいきだ。望む・望まないとに関わらず、仕事でも優柔不断、プライベートでもいい加減な人間も多いと言うのに…仕事ではこうなのに、何故私生活はこうなんだ、と言う言い分はおかしい。仕事とプライベートが全く合致する方が不思議だし、人間的と言えるだろうか。仕事は責任感を持って報酬に値する結果を出してこそだ。私生活くらいは「個人の特徴」を出して何が悪い(笑)。麻生の魅力は、まさにここにあると思う。動かないのは駄目だろうか。動かない、と言うのが麻生の選択であり、動くのが人間的に正しい、と言う理屈は変だ。動かない麻生だからこそ、惹かれて止まない人間が後を絶たないのだ。
    及川との色っぽい雰囲気は、もう他に読めないのかなぁ。純粋に、麻生と及川の大学時代の関係性が読みたいなぁ。

  • BLはあまり好きではないけど。
    『聖なる黒夜』を読んだ流れで、RIKOシリーズを潰してみようかと。

  • 借りてきて読み始めたら依然読んだ本だったので、リストに入れるためにメモとして残す。

  • 麻生龍太郎の新人時代の短編集。
    長い月日が経っても、麻生さんの根本は変わっていない。
    どことなく寂しさが漂う。

  • 麻生は昔から麻生だったんだなー、と。
    当たり前だけど。

    自分の思いや信念の矛盾と葛藤にずっと悩んだり、
    そんな麻生が一番矛盾していたり、
    ここから「あれ」に繋がるのか。

    嗚呼、という感じ。

  • 刑事に成り立ての頃の麻生が桜田門へ異動になるまでの話5編。違和感を感じたらそれを放っておけず、一人で黙々と調べる。そうして必ず結果を出す。しかしプライベートでは及川に対してどこか煮え切ることができない後ろめたさがあり、冷淡な自分がつらい。これまでのシリーズ読んできたから麻生がこれからどうなるか分かってるしいいけどこれ単発で読んだらなんとなくもやもやしそう。

  • なんともいえない寂しさ、孤独、疎外感。
    主人公の麻生龍太郎は出発点から悩み続けていたんですね…

  • 麻生さんの若い頃の短編集です。いつものごとく取っ付くのに時間かかったけどすぐに世界に入り込めて、かつ短編ならではの読みやすさがありがたかった。本編もよかったのですが、高殿さんの解説が秀逸だと思いました。

  • 思っていたより及川と麻生の過去が。事件の合間の麻生の、及川の想いと別れが切なかった(事件はさらり、ここはじっくり読む)。この先、麻生は結婚を選択するのだろう

  • 不審な事情があるにせよ、それでも自殺は自殺ですからと片付けられてしまったんじゃ。

  • 日常の中にあるささやかな非日常。
    そこに潜む犯罪を天才的推理力を持つ新米刑事、麻生龍太郎が暴く。そんな連作短編集です。
    『聖なる黒夜』のような濃厚な人間関係はなく、かなり淡白な感じです。
    推理ものとしても若干もの足りないのでこの作品単体ではあまり楽しめないかなと思います。

  • 所轄時代の初々しい麻生さん。事件ものとして読みやすく面白い。短編集でそれぞれに麻生さんの勘が冴える。及川さんとの関係が生温くて良い感じ。でも熱が無い。ラストの及川さんと飲んでるシーンがなんとも切なくてたまらない。「一部屋増えたから・・・・・・」って及川さんのこの間がね、うわあ、て(笑)。ここも分岐点だったんだなぁ。

  • 聖なる黒夜の麻生さんと及川さんの過去が出てくる話と聞いて読みました。
    予想通りですが、練の影は全くないです。

    話の大筋はミステリーです。それも短編集程度なので、あまり何も考えずにサラサラと読めます。
    聖なる黒夜に比べると重さはあまりありません。
    ただ、麻生さんが優秀な刑事なんだな、ということがわかります。

    及川さんとの関係も、より詳しく、というほどではありませんが少しわかります。
    この話単品でも楽しめますが、聖なる黒夜と合わせて読んだほうが世界観が広がると思います。

  • 著者の他のシリーズにも登場する麻生を主人公としたスピンオフ作品。
    25歳の設定だが、落ち着きっぷりは変わらず。

  • 麻生さんが所轄刑事だったときの短編集。

    及川さんとの関係が煮え切らないときで、麻生さんは刑事生活3年目くらいのまだまだ新米の頃。私立探偵~と比べて、真面目でちょっと熱血っぽいような。すれていないのがいい。
    及川さんは麻生さんを好きだけど、麻生さん自身は自分に恋愛感情を抱いているわけではないと分かっているのが切ない。相手の気持ちを分かっていつつも自分から離れることはできないんだよね……。
    麻生さんの、その関係が表面張力状態だって分かっていつつもその状態から踏み切れない優柔不断なところはこの時からなのかーって思った。

    麻生さんは練といるときや練を好きで悩んでいるときの雰囲気も良いけど、このまだ若いときで及川さんといるときの雰囲気も好きだなー。
    優柔不断でなかなか踏み切れないところは変わってないみたいだけど。この人はこういう人なんだなって理解するしかないかな。

  • 麻生龍太郎の所轄刑事時代の話。なんとなく軽い読後感。もうちょっと龍太郎の深いところを知りたかったかな。

  • RIKOシリーズでも存在感のある麻生刑事の若かりし日の話。短編なので話はそれなりですが、ファンとしては楽しく読めた。

  • 聖黒シリーズ所読でした(RIKOを除く)。
    面白かった! こういうテイストが私は好きです。
    ただちょっと及川が可哀想だったかな…。

  • 新米刑事ながら、独特の感覚を持った龍太郎は、事件の不自然さを見抜いていく。
    自殺と思われる事案など、一見派手さはないものの、その真実を暴いていくところに、渋い魅力がある。
    キャラ設定が、加賀恭一郎みたい。
    他の作品にも登場するシリーズキャラのようなので、読んでみたい。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-e970.html

  • 内容は面白かったが、主人公の刑事がゲイでしかも自分自身が
    そのことに戸惑っている、という設定が私には余計でした。
    でもその設定がなければ、作品自体存在しなかったかも。
    「緑子シリーズ」?のスピンオフなんですよね。
    その「緑子シリーズ」も1作だけちょっと読んだのですが
    好みではなかったので、作風が単純に好みじゃないのかも。

    他の作品でそこそこ面白いと思ったのがあったのですが、
    なんだったか忘れちゃいました…。

  • 麻生が若い頃の話。及川がかわいい。

  • 麻生龍太郎は、二十五歳の新米刑事。下町を管轄する高橋署の刑事課強行犯係に配属され、ささいな傷害や器物損壊事件にも、犯人の心に深い闇が潜み、傷つき泣く人がいることを知ってゆく。そして次々に起きる事件は、恵まれた警官人生を歩みながら、人には明かせぬ秘密を抱えて生きる麻生自身をも変えていった―。のちに辣腕刑事となる男の「それ以前」を描いたミステリー連作短編集。

  • 麻生が、「所轄の星」と呼ばれていた頃のエピソード。
    地味な事件ばかりだけど、麻生がどれだけ真摯に、事件の本質に対峙していたかがわかる一冊。
    これ読んでようやく麻生の良さもわかってきたというか・・・

    随所に出てくる及川の可愛さにもうメロメロっす。
    これって、及川と麻生の、曖昧で残酷な蜜月の頃なんですね。
    合鍵返されちゃう及川、不憫すぎて涙・・・ってこれ感想?

  • ミステリー自体は素朴だが,キャラクターが良い

全43件中 1 - 25件を表示

所轄刑事・麻生龍太郎 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

所轄刑事・麻生龍太郎 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

所轄刑事・麻生龍太郎 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

所轄刑事・麻生龍太郎 (新潮文庫)の単行本

ツイートする