やってられない月曜日 (新潮文庫)

  • 580人登録
  • 3.40評価
    • (26)
    • (63)
    • (118)
    • (16)
    • (4)
  • 66レビュー
著者 : 柴田よしき
  • 新潮社 (2010年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101396262

やってられない月曜日 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「カロリーよ、あたしの心に満ちろ。あたしは、砂糖と乳脂肪の神様に祈る。あたしの心を太らせてください。もっともっと、まんまるに太らせてください。そして今度はきっと、弥々のように、醜いことや正しくないことに、ちゃんと反応して怒って、そして戦える、そんなパワーをください。」

    背は高いけどスタイルが良いわけでもなく、硬い髪がコンプレックス。
    コネで大きな出版社に入社して経理部で淡々と仕事をこなす。高遠寧々。28歳。
    Nゲージ用の小さな建物模型を作る時間以外は生きている死人のような生活。
    そんな寧々はある夜の出来事で、会社の中でもきちんと人間らしく生きている人がいることに気づかされる。

    最後まで社内を隠し撮りするのって大丈夫?とドキドキだったけど。
    寧々の想いにあるあるの連続。
    そうなのよ。彼がいるのが必ずしも幸せじゃないよね。ほっとけ。だわー。
    1年は365日で1日は24時間なのに、読みたい本はいっぱいあるし、ひとりでも楽しいことがあるのに!気を使って窮屈な思いしに出かける時間が惜しいわー。って私も思ってた。
    でもなんでか、今の自分…。不思議。

    通販でうっかり衝動買いした自分にビックリつつ、他部署の編集長の自殺騒ぎに巻き込まれ、パワハラを目の前にしてクヨクヨして。
    でも寧々の視界はだんだんと広くなっていく。
    前向きで素直で可愛い寧々に読後は爽やかな気持ちになる。

  • さくさく読めた。OLの日常での色々な不満とか愚痴とか、そういうことを全部乗り切って「この世界も捨てたもんじゃない。よかったと思えることが結構あるじゃない」とふっと思えるところが良かった。OLが主人公だとどうしても恋愛が主体になりそうなのに、そういうのは薄くて、どちらかというと地味な経理の仕事をしっかりとプライドとやりがいをもって、疎かにせずちゃんと会社員として仕事をしているというところが好感をもった。恋愛ごときで「今日は会社休みます」とかいってんじゃねえよ、みたいな。

  • 前作に引き続き、働いている女性が
    困難に果敢に立ち向かう姿が
    描かれていて、共感できる。

  • カーペンターズの歌に「雨の日と月曜日は」って曲があるけど、月曜日が好きな社会人なんていないんじゃない?

    OLが会社やめたくなったり、日々に喜びを感じたり、ちょっとした事件があったり。

    筋が通ってて、それでいて偽善すぎない主人公寧々も、友だちの弥々もすごくいいなあ。

    何よりさっぱりしていて恋愛恋愛してないのが良かった。

    寧々も言ってるけど、恋愛至上主義って嘘くせぇ!と思うからサ。


    私も普通のOLだったらこんなんだったのかな~。って思いました。

  • もっとOL色が強いお仕事小説なのかなと思っていたけど、お仕事小説というより日常を綴った感じ。それでもおもしろかったー!主人公の寧々はもっと悲壮感漂った人なのかと思いきや、読み進めれば読み進める程いい人!こんな友だちが欲しい。

  • ワーキングガール・ウォーズの姉妹作とはあとがきまで知らずに読んだ。自分のことをコネ入社で、ブスでなんのとりえもない...と評価する割に、読んでいくとすごくしっかりしたいい子に見えてきた...。

  • タイトルに惹かれて思わず買ってしまった一冊。コネで入った大手出版社の経理で働くOL寧々の私小説の形をとったものですが、寧々の趣味、考え方、行動に共感がいまいちできないせいかあまり読み進めることができませんでした。。。でも、壮大な夢(?)を抱きつつ前向きに生きていこうとする寧々の姿は、全国で働くOLたちを勇気づけるはずです。「やってらない月曜日」に始まり、「それでもうれしい金曜日」、「命かけます、週末です。」で終わる小題はとても良いですね。小題を読むだけで自分の中の一週間が広がっていく気がします。

  • 913
    文庫本の棚にあり
    心理学の先生からの寄贈

  • 読み納め。2017.10.4

  • お仕事ガールズ本。実は、前作があるらしい。
    プラモオタクの経理担当の女の子とそれを取り巻く人の話。
    成功ストーリーではない、淡々とした仕事人生でも自分の軸を持って楽しむというのは、今の若い世代にはうけるのではと思う。

全66件中 1 - 10件を表示

柴田よしきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

やってられない月曜日 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やってられない月曜日 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

やってられない月曜日 (新潮文庫)の単行本

ツイートする