イラハイ (新潮文庫)

  • 162人登録
  • 3.31評価
    • (8)
    • (19)
    • (30)
    • (6)
    • (4)
  • 28レビュー
著者 : 佐藤哲也
  • 新潮社 (1996年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101403212

イラハイ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 聖書に似ている。と言うと語弊があるけれど、夢の話みたいに荒唐無稽で適当な話を真面目に書き上げた冗談みたいな本。

    伊坂さんがオススメしていなかったら手に取っていなかったと思う。ドン・キホーテとか好きなら好きなのかも。

  • 日本ファンタジーノベル大賞、第五回の大賞受賞作品。同賞の他の受賞作同様、ファンタジーとしてというより、エンターテイメント文芸小説として非常に非常に非常に面白い。ただしこの面白さは、読み手によっては腹立たしいだけということもありえ、作品に対する評価も賛否両論分かれると思う。
    最近読んだ同賞受賞者の森見登美彦氏と比較すると、佐藤哲也氏のこの作品は、森見氏の文体を更に硬質かつ回りくどくし、森見氏の作品世界を更にくだらなく無意味にしたような感じ。読み手にかなりの集中力を要求しておきながら、読み応えたっぷりの文章を読んだ先に広がる物語世界の展開は脱力せざるを得ないほど徹底的に無意味で、その、解説の福田和也氏言うところの「豊穣」な無意味さが、私個人の好みとしては、ものすごくツボに入った。他の作品もこれほど強く個性が発露されているのか、ぜひ読んでみたい。

  • 非常に回りくどくて、途中でほぼ読むことを放棄してしまった。
    一応最後まで目を通してみたものの、全く頭には入っていない。

    シニカルな神話というべきか。

  • イラハイという架空の国の建国から滅亡までのお話・・・なのだけど、設定だけはやけに細かいものの一般的にイメージされるファンタジー世界とは全く別物。やたらと教訓めいた言い回しや、ことごとく詭弁としか思えない会話、珍妙な生き物や、珍妙な王様たち、流されるだけで何もしない主人公(あまり出番なし)、など、とにかくシニカル。一種のブラックユーモアなのだろうけど、惜しいかな、いま一歩のところで笑えない。なんだろう、北杜夫あたりがこういうジャンルのものを書いてた気がするけど、もっと普通にニヤッとできたし、わかりやすかったと思う。

    佐藤哲也は随分前に「ぬかるんでから」という短編集を読んだことがあるのだけど、そちらもなんかこうヌルヌルした感じの気持ち悪い生き物や昆虫が多く登場して、ストーリーよりもその生き物のインパクトが大きかったのだけど、本作も、人間を男女問わず攫って水中にぶちこみ精子をぶっかける気持ち悪いカエルや、寄生する巻貝を隙あらば人間の耳に入れてやろうとする邪悪なイルカなど、奇妙な生き物のインパクトが強烈だった。

    人間は悉く愚かで、そうでない人間は主人公ウーサンのように毒にも薬にもならない凡人。むしろ突然モヒカンにして秘密結社作っちゃうアホ王子のほうが面白かった。一応ハッピーエンドといえるのかもしれないけど、教訓めいた導入部のわりに、ラストのオチになんの教訓もなかったのがちょっとモヤモヤ。

  • 皮肉に笑った。
    最後の双子の兄弟の比喩は何だったか分からなかった。
    カストルとポルックス?

  • 屁理屈と狂王とカエルの物語。区切りのない長文に消耗したけれど、面白いと感じる場合もあるだろうというのはわかった。各エピソードの終わらせ方が「八つ裂き」とか「袋叩き」とか、わりと子どもの残酷さに満ちていて、シンプルに「しょうもないなあ」と笑って楽しむ本なんだろうと思う。しかし真顔でおかしみを狙う文章のストライクゾーンが自分は狭いらしく、どうもぴんと来なかった。イルカの邪悪さは結構気に入ったけれども。

  • こんな小説を書けるのは、佐藤氏だけです。
    素直に尊敬!!

  • 崖の上と下に位置する二つの国の興亡に、婚礼の日にさらわれた花嫁を追う青年の冒険をからめて物語り、「笑い転げ、驚嘆した」と選考委員を絶賛させた斬新な天地創造譚。

    婚礼の日にさらわれた花嫁を追って、波瀾をのりこえて駆ける青年の冒険の物語…。「贅沢な遊び、これこそがファンタジー」と絶賛された新古典。第五回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

  • なんだか子供の頃頭に思い描いていたような情景が小説の中で繰り広げられている。
    もとい、ファンタジーなどではなく、残虐さや醜さをすべて併せ持ったような想像の世界。
    でも、必死になって読み進めてしまう…

  • 独特の語り口調に入り込めず、読むのが苦痛だった。
    読み終えた後にも、「面白かったような気がする」というあいまいな感覚が残る。

全28件中 1 - 10件を表示

佐藤哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
冲方 丁
和田 竜
伊坂 幸太郎
佐藤 亜紀
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

イラハイ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

イラハイ (新潮文庫)に関連するまとめ

イラハイ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イラハイ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イラハイ (新潮文庫)のKindle版

イラハイ (新潮文庫)の単行本

ツイートする