傷―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)

  • 179人登録
  • 3.48評価
    • (8)
    • (26)
    • (36)
    • (4)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 北原亞以子
  • 新潮社 (2001年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101414140

傷―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文章、ストーリーも秀逸。行き場のない感情を持つ人物が多く登場。はじめに載った「その夜の雪」は、同じ新潮文庫の「その夜の雪」掲載のものとかぶる。人気が出たのでシリーズが始まったのか。2015.12.12

  • 下町に生きる人々のドラマを短編でつづっている。
    一つ一つの物語は、やや切ないものや、人情味あふれるもので面白い。
    ドラマ化されるのも頷ける。

    しかし、やや読みづらい感じがしたのはなぜだろう?
    私の頭では、場面の切り替えが難しかしく、書かれている内容の映像が浮かびにくかった。
    さらに、文中のセリフは誰が言っているものか、やや分かりにくい感じがした。

    それでも、読み続けるうちに慣れてきたので、最後の「饅頭の皮」ですっきりと読み終えることができた。
    慶次郎縁側日記 続編を読んでみます。

  • 20130516 感情移入してしまい、もどかしく感じてしまう。物語が上手いからだと思う。

  • 一味違う時代もの

  • 再読了。

  • 面白いよと教えて頂いたので読んでみた。派手さはないけれど、しっとり面白い。慶次郎、おっさんなのにかわいい。佐七がなんだかんだいって慶次郎好き好きなのがまたかわいい。なにこのじいさまたち。

  • 同心の隠居慶次郎の話。

    いきなり一話で娘が犯されて自殺してしまうところから始まって驚く。隠居して娘の許婚を婿養子とし、自殺した娘の気持ちを思うと新しい嫁とも同居できずに、根岸の寮番となる。

    寮番をしながら日々色々な出来事に首を突っ込む。事件といっても殺人事件ではなく日常の不思議なことの解決なので、読んでいて無理が無く楽しい。

  • 1 慶次郎縁側日記
    スタートから厳しい。この手の話はどの時代にもあるねぇ。「その夜の雪」よみごたえあり。でも、その続きはあれ?隠居しちゃった?!ほぼ出てこない話もあるし。 慶次郎のキャラ勝ちか。

  • 慶次郎縁側日記です
    完全にスッキリする終わり方が少ない
    佐藤雅美先生の居眠りシリーズのような
    それでいて、それなりに慶次郎が評価を
    されていて、意外と実力がある・・・
    なんだか不思議な世界です

    でも、この家の縁側で時折遭遇する事件
    を眺めてみたい

  • 以前宮部みゆき選のアンソロジーにあった作品はこの中に入っていた。
    解説にあるように、慶次郎のキャラクターは
    決してスーパーヒーローでも 名奉行的な役回りでもない。
    いじけたり 女の色香によろりとしたり
    それでも尚人の情を大切にする 市井の当たり前の男。
    だからこの作品は素敵なんだなぁ~
    そう、慶次郎だけじゃなくて
    他の男達も風采が上がらなくて良かった。
    あんまり格好いい男 小説の中に出てきちゃ鼻白むもの。

全23件中 1 - 10件を表示

北原亞以子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

傷―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

傷―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

傷―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

傷―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする