月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)

  • 48人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (5)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 北原亞以子
  • 新潮社 (2011年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101414263

月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長編。父子愛、兄弟愛がじわっと覆ってくる。2016.11.25

  • 20130824 江戸時代の月九恋物語。展開が早過ぎて着いていけないところがあるがドラマとしては飽きさせないで良いのかも。

  • L 慶次郎縁側日記11

    長編。いろんな話が繋がって解き明かされる間にいろんな想いも絡み合う。慶次郎の活躍はあんまりないけれど、クッションになってるな。

  • 慶次郎シリーズとしては13冊目にして、初の長編。

    長く続いてきたシリーズの中で構築されてきた、人間関係や空気感などを踏まえた上で、
    ようやく今回、改めて初篇である「その夜の雪」に立ち返るような物語でした。

    幼少時に目の前で父を殺された息子・弥吉が江戸に戻ってきた事をきっかけに、
    一時は止まったはずの歯車が噛み合わないままぎしぎしと回り出し、再び悲しい連鎖を呼び起こしていく。
    特別、誰が悪い訳じゃない。
    この物語に心底からの悪人は誰ひとりとしておらず、
    ただ巡り合わせが悪く、時折ふと魔が差した事がそれぞれにあっただけだ。

    もう少し我慢が利いたなら、
    もう少し勇気があったなら、
    もう少し人の気持ちまで考えられたなら…

    それらは、ほんの小さな迷いや欲。
    普段なら何の事もないはずなのに、運悪く重なって転がって、
    気が付いた時には手が付けられなくなっていた。

    …時代小説として江戸を舞台に描かれているが、
    この物語の持つテーマそのものは、現代にもひしひしと訴えかけるものがある。

    "みんな一生月明かりの中にいて、夜目遠目でごまかされていりゃ幸せなんだよ。"

    それでも人は夜の中、ひとりではいられない。
    誰かの姿が見えたなら、駆け寄って近くで見て触れたいと願う。
    たとえ裏切られ落胆し、傷ついたとしても、人はまた手を伸ばさずにはいられない。
    だから、いつまでも幸せを探し続けている…


    久しぶりの慶次郎シリーズでしたが、
    胸の奥にじわじわと染み込んでいく筆致は相変わらず素晴らしいものでした。
    激しさがなく淡々としている分、読後の反芻がいつまでも続きます。
    人であることの切なさに満ちた一冊です。

  • 再読了。

    ↓ 初読時の感想 (11'10.14) ↓

    ◇ みんな一生月明かりの中にいて、
        夜目遠目でごまかせていりゃ幸せなんだよ ◇

    四十数年間生きてみると、とても身に沁みる言葉です。
    有耶無耶ということが許されない・・、否、生理的に受け入れられなかった若き頃。
    白日の下で全てを見、ありもしやしない判断力、未熟で手前本位の正義感、
    そんなもので、物事を人を判断していた若き自分が恥ずかしい。

    それでも未だ、そんな青臭い俺自身を完全に捨てきることもできずに・・。

    ◇ みんな一生月明かりの中にいて、
        夜目遠目でごまかせていりゃ幸せなんだよ ◇

    五十を過ぎた頃、万感の思いでこの言葉に頷ける爺さんになっていたいと、強く願ってみたりしたいものです。

全5件中 1 - 5件を表示

月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)はこんな本です

月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)のKindle版

月明かり―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする