祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)

  • 18人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 北原亞以子
  • 新潮社 (2015年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101414300

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇江佐 真理
有効な右矢印 無効な右矢印

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人情の機微満載の1冊。慶次郎シリーズも終盤、途中でやめられなくなった。2017.1.3

  • 憧れの江戸で働く機会を手に入れた表具師見習いの亮太。
    喜び勇んで江戸にやってきたものの、財布を擦られ、頼るはずだった表具師も急な仕事で留守と、不運が重なり、行き場を失ってしまう。
    姿を消した亮太を心配する人物から相談を受けた慶次郎が亮太を探すことになるが......。

    2015年10月30日読了。
    慶次郎やその仲間たちが出会う人々との物語。
    久々に相変わらずの彼らと再会出来たのが嬉しいのと同時に、作者の北原亞以子さんが亡くなられたことを思い出してしみじみ。
    これが最後の新刊になってしまうのでしょうか。

全2件中 1 - 2件を表示

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)の作品紹介

江戸の華やぎは悪への入り口か。表具師の親方に付いて仕事を学び、孤児の身の上から腕を磨いて、ついに憧れの江戸で働く機会を手にした亮太。目も眩む華やかな町の賑わいに心踊ったのもつかの間、大切な紹介状と財布のあり金が亮太から消えた。夢を食い物にする者らから若者を守るため、僅かな手がかりを追って元同心・慶次郎は起つ。江戸の哀歓を伝える珠玉のシリーズ最新刊!

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)はこんな本です

祭りの日: 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする