野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)

  • 53人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (6)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野田秀樹
  • 新潮社 (1985年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101415017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 私が中高生の頃いわゆる「小劇場ブーム」があって、京都の片田舎の演劇部員にとって、野田秀樹は憧れの人でした。大阪の近鉄劇場だったかで初めて見た夢の遊民社の公演がこれ。今も野田さんが女装してかぐや姫に扮した表紙のパンフレットを大切に持ってます。

  • 岸田戯曲受賞。
    「大脱走」と2本立て。

    最も分かりにくかった時期の、野田秀樹の作品で、
    とにかく分かりにくい。
    しかも、舞台でしか分からない仕掛けが多く、文章だけで読んでも
    なんだか分からない(バラバラになった鏡が集まるとか。綱渡りなども
    実際、どうやっていたのか不明)

    話は、舞台が、地球と、月に分かれていて、
    お互いが鏡のような存在。
    地球には、月から来た、半分獣のやつが、疫病をばらまき、
    月には、地球から来た、半分人間のやつが、疫病をばらまく
    みたいな話。
    アダムの肋骨を1本抜いて、イブを作った話にたとえて、
    肋骨を一本盗まれた男が、その骨を探す話や
    月から地球を見上げる、清少納言と、紫式部。
    15少年漂流記や、アポロの月面着陸、
    古事記に現れる、骨なしの怪物「ヒルコ」なども
    からめて、話は進むが、とにかくまとまりが無く、意味が分からない。

    しりとりとか、伝説(でんせつ)、節電(せつでん)、漏電(ろうでん)、また
    伝染(でんせん)、電線(でんせん)など
    ダジャレというか、言葉遊びで、強引に話が進んでいくので
    いま、誰が、何をしたくて、何をやっているのかが、
    さっぱりわからない、という感じになる。

    人偏と何かを足すと、とか、しりとりや、言葉遊びなど、現在の野田秀樹にもつながっているモチーフはあり、そこら辺は興味深いのだが
    とにかく分かりにくい。作者自身も、まとめきれていないのではないか。
    芝居で見れば、もう少し分かりやすいかもしれない。

    また、馬鹿は、「タブー」に再登場するし
    ヴォネガットの引用、愛は負けても親切は勝つ、も登場
    後に松尾スズキが、このフレーズをもとに親切伝3部作を作る。

    「大脱走」の方は、「キル」で再登場するチンギス・ハーンが
    出てくる。甲子園の話を絡めたコメディで、こちらの方が分かりやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)はこんな本です

野獣降臨(ノケモノキタリテ) (新潮文庫)の単行本

ツイートする