覇道の鷲 毛利元就 (新潮文庫)

  • 52人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (4)
    • (14)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 古川薫
  • 新潮社 (1993年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101417059

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

覇道の鷲 毛利元就 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【読書前】元就の幼少から晩年までか、もしくは輝元ぐらいまでの話を探してて、偶然発見。弘元死後から元就の死までの話なので、読んでみることにしました。

  • 元就の生涯を描いた作品。
    有田城合戦から最期までを通して、
    謀略を用いてしっかりと地盤を築いてゆく元就の姿が描かれる。

    歴史を細かくなぞっているのだと思いますが、
    小説としての面白さはしっかりとありました。
    隆元、元春、隆景、輝元、福原貞俊、桂元澄、世鬼政時などは、
    登場回数が多く、人物像やエピソードも盛り込まれています。

  • 4101417059 313p 1993・8・25 ?

  • 「敵を打ち倒すために大事なことは、武略・計略・調略。それ以外のなにものも不要じゃ」―。元就の卓越した知将としての策略は忍びの者を遣った情報戦、敵の裏をかく合戦陣形、謀略を駆使した政治にあらわれた。下剋上の戦国期に小豪族から身を興し、宿敵陶氏、大友氏、尼子氏らとの激闘の彼方に西国平定の野望を見据えた稀代の猛将毛利元就を描いて、その意外な素顔に迫った長編小説。

     1997年3月26日再読

全4件中 1 - 4件を表示

覇道の鷲 毛利元就 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

覇道の鷲 毛利元就 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

覇道の鷲 毛利元就 (新潮文庫)はこんな本です

覇道の鷲 毛利元就 (新潮文庫)の単行本

ツイートする