終着駅 (新潮文庫)

  • 157人登録
  • 3.53評価
    • (11)
    • (19)
    • (31)
    • (4)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 白川道
  • 新潮社 (2007年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (655ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101422244

終着駅 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • やくざが家業から足を洗う物語

  • 白川氏/竜の道を読了し、あまりのつまらなさに
    この本を読む気がすっかり失せた
    ブックオフにいったん買い取ってもらうしかない

  • 2017.02.13
    きっとハッピーエンドでは終わらないだろうと思ったけれど、やっぱりだった。「かほり」なんてこの著者は切ない小説を書くのだろう•••。

  • ちょっと自己満足っぽいけど、感性を感じる良い話だった。

  • 簡単に言えばやくざの親分と盲目の女性の恋愛小説。

    親分は彼女のために足を洗おうとします。

    そう書いてしまうと薄っぺらくこっけいな感じがしますが、

    実際読むと物語に引き込まれていってそういう印象はうけません。

    むしろ純愛小説なのではないかとおもいます。


    親分の筋の通ったものの考え方好きです。

    ハードボイルドです。

    しかし、最期はそれが仇となって愛する人を幸せにできません。


    やくざ上がりの年もかなり離れた自分と一緒にいることよりも

    彼女が手術を決心して再び光を手に入れ、新しい人生を歩むことのほうが幸せなのじゃないかと

    親分は最期に考えていたのかもしれない。


    そういえば、冬の童話もちょっと似た雰囲気の話ではあったな。

  • ヨカター。こんなに展開が読めても面白い本ってば
    そう無いんじゃないでしょうか。良い面ばかりが…
    ってのもあるけど、黒じゃなくて白川だしね(?)

  • P458を読んで、結末が想像できたけど、そこそこ楽しめました。現実的にはあり得なくはないのだろうけど、ちょっと違和感はありましたね。

  • 50歳をむかえた暴力団の幹部が、事故により視力を失った女性との交流等を通じ、これまでの人生を見つめ直したところ...という長編小説。

    いくら大人のファンタジーとはいえ、主人公とヒロインのキャラクター設定にリアリティが感じられないし、ストーリーも約束通りの展開で意外性が全くなく、読んでて新鮮さが感じられなかった。

    マンネリというのもあるかも知れないが、やはり「天国への階段」や「海は渇いていた」といった名作にはとても及ばない印象。

  • 愛など捨てたはずだった。恋人を事故で失った若き日に。私は虚無を抱え、アウトローとして闇に暮らしてきた。だが、光を失いながらも懸命に生きるかほると出会い、罅割れた心が潤ってゆく。私は娘のような年頃の女性をいつしか全身全霊で愛するようになっていたのだ。男たちの熱き絆。そして不器用な男と女の命を賭けた恋。「天国への階段」を遂に超えた、渾身の長編小説。

  • 過去を背負い、アウトローとして生き続けた中年男と盲目の女性との『運命の恋』。その果てに待ち受けるものは?と大まかに言えばそんな内容なんですが、主人公の純粋さに心を打たれました。

    この本は少し前に読み終えました。読み終えた後にはなんとも癒えない読後感で言葉が出なかったのですが、一言で言うとこの小説はハードボイルドタッチの純愛小説です。簡単にストーリーを書くと、過去に心の傷を負って以来、愛を捨てて稼業にまい進してきた稼業人の主人公が親子ほどの年の離れた26歳の盲目の女性、青野かほるという女性に恋をする。そしてその恋を成就するために自分の稼業も含めたすべてを擲っていくが、彼女から光を奪ったのはほかならぬ自分の組織の人間がやったことで…。という話です。

    僕はこういう風に表現するのは少し迷いましたが、ここに描かれているような、『清潔な恋 全てを捧げつくすような恋』に胸を打たれました。稼業人の主人公がなぜあそこまで純粋な心を持っているのか、というのは読んでいただけければわかります。

    やっぱ仔猫を自分の股間に挟んで西原理恵子女史のブログに掲載されて人生初の「炎上」体験をしても、この人の書く小説は、真正面から自分の心の奥底を強く揺さぶってきます。

  • 連続して感動する本を読めてHAPPYo(*^▽^*)o

    今回も帯の宣伝に、「純愛小説の最高峰!」とあって、衝動買い。

    で、副題が「男がほれる、凄腕のアウトロー。家族と光を失いながらけなげに生きる娘。」
    となっている。実際のストーリーは、50に近いヤクザと盲目の少女の物語。

    純愛小説というから、甘ったるさも予想したのだけど、ハードボイルド的に、現代の闇の世界もしっかりと描かれている。その冷酷な世界と純愛の世界との対比がなんともスリリング。

    最後は・・・・涙・涙・涙(/□≦、)エーン!!

    純愛っていいよねって思える一冊でした^^

  • 表紙、冒頭を見て購入。
    最初から中盤までは、すらすらと読めたが後半は完全なる恋愛小説?
    最後の殺され方が?
    ヤクザと恋愛ちょっと似つかわしくないが、まあこんな作品も良いのではと思う。

  • 白川道は初めて読んだかも。
    人物描写が秀逸。

  • ヤクザとして半ば捨て鉢な生活を送る岡部が、親子ほど年の離れた盲目のかほると出会い・・・
    これぞ、白川節といった感じで大好きだわ。
    でも、やっぱりストイックすぎるよな。

  • すいすい読めました
    丁寧な描写で背景描写も細かく書かれていて
    とてもきれいな内容と思いました

    内容はアウトローですが純粋
    アウトローな世界にもこういう岡部のような方が
    いるんですね
    なにもかもが好意的
    ますます白川ファンになってしまいました

  • 表紙の絵に哀愁を感じて衝動買い。白川道さんの本、お初です。
    ヤクザと盲目の女性、ふたりが出会い、恋が生まれる。
    ハッピーエンドで終わらないのがちょっと切ない。

  • 終着駅は

    己から創って行く

    ものなのかもしれないなぁ

  • 二人には付き合ってもらいたかった・・・。

  • これこそハードボイルドです。
    昭和な男の生き様がここにあります。

  • 生に倦んでいたやくざが盲目の女性と出会い、生き生きと生きることに目覚める物語。
    女性が描いた絵の描写を読み、文字で表現されているのに光の明るさを感じました。
    主人公の昏い人生に光射してゆくさまを実感できました。

    世の中に疲弊してしまったら目通ししたい一冊。
    今は疲れてしまっていても、心のどこかにきれいな過去が宝物のようにしまってあるのを思い出しました。

  • 愛など捨てたはずだった。恋人を事故で失った若き日に。私は虚無を抱え、アウトローとして闇に暮らしてきた。だが、光を失いながらも懸命に生きるかほると出会い、罅割れた心が潤ってゆく。私は、娘のような年頃の女性を、いつしか全身全霊で愛するようになっていたのだ―。男たちの熱き絆。そして不器用な男と女の命を賭けた恋。『天国への階段』を遂に超えた、渾身の長篇小説。

  • やくざ幹部と、視力を失った女性との間の純愛。
    あの結末はやめて欲しかった。

  • とにかくだまされて読めば、切ないラブストーリー。
    ただ、ラストはどうしても納得できない。

  • 「死神」と呼ばれる、やくざの主人公・岡部。死の予感につきまとわれながら(行間に)話は進む。幸福の時と破滅への道が並行的に立ち現れる。意外性はないが、こうなるに違いないという予測を確かめたくて読み進んでしまう。

全31件中 1 - 25件を表示

終着駅 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

終着駅 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

終着駅 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

終着駅 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする