ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)

  • 254人登録
  • 3.33評価
    • (15)
    • (20)
    • (83)
    • (7)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (1999年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425191

ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人はいつからでも、何歳からでも、やり直すことが出来る。
    それはきっと真実なのだろう。
    でも、変わろうとする意思がなければ人は変われない。
    誰に強制されても、本当に変わりたいと願わなければ変わることなんて出来ない。
    結局のところ、自分自身が一歩を踏み出すしかないのだろう。
    川又は驚くほど忍耐強く子どもたちに接している。
    他人だから持てる忍耐と許容のような気がした。
    親なればこそ子どもに期待もする。夢もみる。
    子なればこそ親に甘えもある。理解してほしいと屈折した表現もする。
    互いに「どうしてわかってくれないの!」という思いがあるのかもしれない。
    わかってほしいなら言葉にしなくちゃ伝わらない。
    親なら言わなくても察してよ!わかってよ!どうして私をちゃんと見てくれないの!
    そんな思いを持ってしまう気持ちはよくわかる。
    でも…もしかしたら、親も同じような思いを抱いているのだろうか?
    似たような題材をテーマにした「明日の光をつかめ」というドラマがあった。
    ノンフィクションとドラマの違いはあっても、すべてが解決できるわけではない。
    むしろ、失敗を重ね、悔いを残したまま送り出さなければならないことのほうが多いかもしれない。
    それでも、前を向いて進んでいこうとする川又さんには頭が下がる。
    自分を大切にする。
    自分以外の人間を大切に思う。
    そして、生きていることの意味を知る。
    道に迷ったときこそ、そのことを思い出さなくてはならないと思う。
    でも、人ってそれほど強くないんだろうなとも思うけれど。

  • 無邪気な子どもって時に恐ろしい。

  • 20160910

  • 非行や引きこもりなど様々な問題を抱える子供たちを預かる施設のお話。フィクションではあるけど実話に基づいているらしい。主催者の川又夫妻の子供たちに接する態度には頭が下がるというか、見習いたいものがある。子供たちも色々で親も色々で根気よくつきあい寄り添い、難しいな。もしも自分の子どもが心を閉ざしてしまったら、私はどうだろうな。自分の人間性が試されるよね。考えさせられる内容でした。
    ただ、登場人物の子どもたちが多く、メインの子以外は誰が誰でどうなったのかがわかりにくかった。

  • 小説と思って読み始めたら、ドキュメンタリー作品でした。

    富山市郊外にある『ピースフルハウス・はぐれ雲』で、心に問題を抱えた子供(成人も)を預かり、共同生活を通じて立ち直らせるために奮闘する川又夫妻。
    子供たちが悩み迷い惑う様子が、読んでいて胸に響く。

    わが子が、同じような迷い道に入り込む可能性も、そしてこの作品中の母親のように私が自分を不幸だと思い込む可能性も、十分あり得ることだと想像しながら読み、苦しくなった。
    このような施設を運営していくのは本当に大変で、でも無くてはならない大切なものだと痛切に感じた。

  • 小さい頃からこういう仕事いつかやってみたいと思ってるから、良い知識?教え?になりました。

  • 図書館で借りた。

    あとがきを読んだら
    実話を小説風にしたお話らしかった。

  • こんな本も書くんだなあという印象。児童福祉に関心があるのでしょうか?

  • 富山市の郊外で、非行、不登校、引きこもりなどの問題を抱えた子どもたちを育てる「ピースフルハウス・はぐれ雲」を経営する川又直(かわまた・なおし)、佳子夫妻と、「はぐれ雲」にやってくる子どもたちの心の交流を描いたノン・フィクション作品。

    この作品の中心になるのは中井恵という少女。いったんは非行から立ちなおり、誰もが無理だと思っていた高校に合格を果たした彼女だったが、周囲に流されやすい自分を変えなければならないと思い詰めて4か月に渡ってはぐれ雲から姿をくらましてしまう。そんな彼女を川又たちは温かく迎え入れ、やがて恵は川又と同じように誰かのために寄り添う仕事をしたいと考えるまでに成長する。

    「はぐれ雲」で恵の一番の友達になった一つ年上の少女・藤原友美も、恵がやってきたことをきっかけに成長する。恵が高校に合格したことに激しいライヴァル心を燃え上がらせた友美は、熱心の勉強に取り組み、やがて「はぐれ雲」から巣立ってゆく。

    とはいえ、川又は神様ではない。「はぐれ雲」には、なかなか社会復帰を果たせない鈴木るりのような少女もいる。彼女はそんな自分自身を受け入れることができず、彼女の母親も娘を受け止めることができないでいる。そんな難しい子どもたちに、24時間365日、誠心誠意向き合っている川又夫妻には、心から敬意を覚える。

  • よかった。
    富山にある、引きこもりや非行少年・少女を更生させる施設のドキュメンタリーらしいけど、施設そのものの人々も、その人達を観察している目も、暖かくてよかった。

全33件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)のKindle版

ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)の単行本

ツイートする